導入編

光風暦465年11月20日:国王ジョーの回想

 いまだに、あの日のことを思い出す。

 ボルティスザーン。

 この国ゼプタンツにあった町の名。今はもうない町の名。

 一瞬とも言えるほどの短い刹那に、その町は滅ぼされた。

 あの日、やけに夕日が綺麗だったことを覚えている。

 でも、それを綺麗だと話せる相手もなく。

 ただ冷たい風だけが吹いていた。

 町が襲撃されているという話が城に届いて、俺は剣を手に急いだ。

 だけど、たどり着いた時には、もう全てが遅かった。

 そこで俺が見たものは、完膚無きまでに破壊し尽くされた町並みと、屍の山。

 ほんの少し前までは元気に生きていたはずの、同じ国の仲間達。

 心が痛んだなどというものじゃなかった。みんな、俺と同じ国に生きた者。俺にとってかけがえのない仲間達だったのだから。

 目の前が真っ暗になりそうな、そんな酸鼻を極める光景の中で、俺は一人の男に出会った。

 無造作に長剣を腰に吊った、銀色の髪の男。隻眼なのだろうか、右目を閉じながら、俺をじっと見つめていた。

 怒りに我を忘れて剣を抜いて斬りかかろうとした俺に、奴は身じろぎもせずに言葉をかけた。

 その一言は、今もはっきりと思い出せる。

「ここの者達は外国と手を結んで、密かに奴隷を売買していた。非道の限りを尽くして。お前はそれを知っていたか」

 その後のことは、よく覚えていない。

 真っ白になった頭がかろうじて記憶しているのは、メイナード・シレスタという奴の名。

 そして、いくばくかの俺自身の思考。それだけだった。

 いったい、何が正しいことなんだろう。正しいのは誰なんだろう。

 やり場のない怒りを吐き出すこともできずに、俺は考えた。

 俺はいったい、どうあるべきだったんだろうか。

 奴隷売買をしていた国民を、あらゆる手を尽くして守るべきだったのか。

 それとも奴隷売買をしていたことを早くに見抜いて、それをやめさせるように導くべきだったのか。

 でもそのどちらも、俺にはできなかった。

 強くなりたいと思った。

 もう二度とこんなことを起こさないように、強くなりたいと。

 だけど。

 強さとは、いったい何だろうか。

 偉そうに腕組みなんかして、呆れるほど考えてみたけど、結局今日も答えは出なかった。

 まあいいさ。そのうちきっと、その答えは掴めるだろう。

 掴んでみせるさ、絶対に。

光風暦471年1月15日:王者の会談

 フォルテンガイム連合王国の首都、フェルバラード。

 七つの王国が造る、世界有数の強国の首都だ。

 その地の中心に座する白く壮大な王城の一室で、七王国の王が二人、顔を合わせていた。

 一人は漆黒の長髪に茶色い目の男。齢は二十代の半ば。

 均整のとれた、引き締まった筋肉質の体躯の持ち主だ。上背も高く、このまま彫像にしたとしても見栄えすることだろう。その双眸に曇りはなく、眼前の相手に対して害意がないことは一目で分かる。

「久しぶりだな、ジョー。心配はしていなかったが、元気にしていたか?」

 彼の名はバートラム・アイトス。七王国のひとつ、このフェルバラードを擁するフェルバラード王国の王であり、フォルテンガイム連合王国自体の王でもある。

 数々の称号を持つ英雄王で、かつて「運命の戦士達(フェイタル・ウォーリアーズ)」と称される多くの仲間とともに世界の危機を救った戦士でもある。

 もう一人は、金色の短い髪に青い目の男。年はバートラムよりわずかに下だろうか。

 バートラムをさらに上回る長身、そして、こちらも見る者の目を奪うほどの精悍な顔立ちだ。

「まあな。お前こそ、相も変わらず元気そうで、何よりだぜ」

 彼の名はジョー。セイリーズ・ジョージフ・ドルトン。七王国の一つ、ゼプタンツ王国の王だ。バートラムとともに世界を救った英雄の一人でもある。

 王達が発した挨拶は互いにずいぶんな代物だったが、双方ともまるで意に介していない。二人の関係を表すのに最適な言葉は、盟友や親友といった美しいものではなく、どうやら悪友であるようだ。

 二人はしばし近況などを語り合い、やがて本題へと入る。

「ところでジョー。用というのは、いったい何だ?」

「ああ。実は、しばらく旅に出ようと思ってな」

「旅に?」

 バートラムは目を丸くする。

 王たる者が国を空けることがどれほど難しいかは、想像に難くない。

 しかしバートラムは、ジョーが世迷い言を並べたと思っているようではなかった。

 結果、彼の口から出た返答はこうだった。

「そうか。では、私は何をすればいい?」

 ジョーは、苦笑混じりに、ふっと相好を崩す。

「相変わらず話が早いというか。まあ、助かるけどな」

「伊達に腐れ縁を続けているわけではないからな」

 ジョーには何か、国を空けてまで果たしたい大切な用があるのだろう。

 かつ、国を省みない無責任な旅にしたくないから、こうして相談に来たのだ。

 バートラムはそれを悟っているからこそ、詮索も諫めもせずに問いかけた。

 言葉にせずとも、互いに心が伝わる。

 口は悪いが、二人の王は心から信用し合い、信頼し合っているようだ。

「ハハハ。だからこそお前を訪ねて来たんだけどな。悪く思うなよ」

「まったく、とことん相変わらずだな。それで、話をもとに戻すとだ」

「ああ。少しばかり、教えてほしいことがある。

まずは、旅に出るために使っておきたい技を。

それから、使うことはないと思うし使う気もないけど、お前の『あの』剣技を」

 それから数か月を経て、ジョーは旅へと出発した。