世界と黒天王6・第11回

光風暦471年10月1日:光の戦士

 ジョーの発言に、その場の全員が驚いた。

「ジョー。過去のそなたに聞いた『光の戦士』とは……」

 クローディアが思わず、そう発言した。

 過去のジョーは、『光の戦士』はダリス山脈に眠っていると言っていた。ここにいるのはその戦士ではなく、間違いなくジョーだ。いったいどういうことなのか、彼女には理解できなかった。

 すぐさま、テュエールもジョーを揶揄する。

「神ならぬ者で神を滅ぼせるのは、神の守護戦士だけだ。『光の戦士』なんて、単なる伝説上の存在だ。君の武具が発する光だって、まやかしに決まってる」

 そして。

「こけおどしだ!」

 と叫びながら彼は、今までとまるで違う速さでジョーに斬り込んだ。しかしジョーも、難なく剣を合わせる。

 あまりの衝撃に、雷かと思うほどの火花が飛び散る。

 ジョーは、二柱の神に対して答えた。

「この際だから大公開しておく。『光の戦士』は4人いる」

 再び一同に衝撃が走る。

「一人は俺。そして二人が、この国の別の戦場で、他の異世界神を次々と封じている。そのうちの一人が、さっきのバートラムだ。

そしてもう一人、俺に『時空剣』を教えてくれた戦士がいる。もっともこの戦士は、未来の真打ちに備えて眠ったままだけどな」

「何だ、その未来の真打ちって! 目前の僕をなめるな!」

 テュエールが素早く飛びすさり、すぐさま次の攻撃を仕掛ける。飛び込みざまに、音速をはるかに超える突きを繰り出す。

 しかしこれも、ジョーが倍以上の速さで剣を絡め、その攻撃を逸らして無効化した。それぞれの所作が爆音を伴った衝撃波を生むが、これはジョーが『光の戦士』の力で制御して、仲間に累が及ばないように抑えている。それはすなわち、ジョーの持つ余裕をも表していた。

「そいつは、後で追々に教えてやる。俺達『運命の戦士』が見ている真の敵を。そして、その戦いの先に目指しているものを」

 それに対して、こう言う者があった。

「ジョー様。そしてかつての主、テュエール神よ。私にはそれが分かる気がします。敗北からこれまでの間に、それを学べた気がするのです。

テュエール神、あなたにもこれからの戦いの中で、それを知っていただけるよう願っています」

 それは、テュエールの一撃で倒れたはずのフォーラだった。なぜか彼は、もとから負傷などなかったかのように、平然と立っている。

「フォーラ殿、いったいなぜ?」

 ヴァルターが、喜びつつも不可解そうに尋ねた。これには、エリシアが答えた。

「『光の戦士』の力です。光の戦士は、身につけた武具の力を極限まで引き出し、『光の武具』とすることができます。

そして、その武具が発する光を浴びた味方は、死からも復帰を果たせます。逆に敵は、次第に生命を吸い取られ、死に至ります」

 とてつもない話であったが、信じるほかはなかった。なぜなら、ヴァルター自身の疲労や負傷も、周囲の戦士達のそれらも、いつの間にか完全に癒されていたからだ。


「嫌だ! この戦いは僕が勝つんだ! そんなもの、知りたくもない!」

 テュエールは大声でまくしたてながら、袈裟懸けの一撃を放つ。

 しかしジョーは、易々と盾で弾く。

「これが、私達の追い求めた男の真の実力か。まったくもう……」

 ユーノが、照れくさそうに笑いながら言った。ジョーの雄姿を見て、内心で我が事のように喜びながら。

 テュエールはさらに斬り下ろす。しかしジョーに正面から剣を合わされ、弾かれる。

「まったく、とんでもない方に出会ってしまったものです」

 そう言うソーンの表情も輝いていた。

 テュエールが再び突くが、ジョーは盾で打ち払い、体をひねって初めての斬撃を見舞った。

 『光の剣』と化した『勝者の剣』は、テュエールの厚い盾を苦もなく切り裂き、宙に舞わせた。

「ジョーさん。あなたは、どのような強大な邪悪を前にしても、それに屈さず打ち払うのですね。あなたの生き様、この目にしかと」

 リリベルが、戦いの全てを目に焼き付けようと目を凝らしながら、ジョーに敬礼した。

 ジョーはさらに、光の帯を残しながら、超速の一撃でテュエールの右肩の鎧を飛ばす。

「今なら分かる。武闘大会で俺を助けてくれた『勝者の剣』の動きは、剣自身が覚えたあんたの剣技だったんだな。悪のザコ、いや、『光の戦士』ジョー」

 ヒューイが、興奮気味につぶやく。

 その時、テュエールが瞬間移動でジョーと距離をとり、異世界神の魔術体系である『真正魔術』の発動にとりかかる。

「これならどうだ! この場の全員の命を吸い取って、君への攻撃に換えてやる!」

 その時、ジョーがぼそっと一言唱えた。

「Whole Force」

 するとそれきり、何も起きなかった。テュエールに魔力は集まらず、周囲の人々の生命力も吸われない。

 ジョーが言う。

「無駄だ。『光の戦士』はこの世のことわりに直接干渉できる。お前さんの魔術は抑え込んだ」

 ユリが感極まって言う。

「私に再び生きる道をくれたジョーさん。あなたの雄姿、私は一生忘れません」

 ジョーはテュエールに一言告げる。

「お返しだ。この世界の魔術を受けてみろ」

 そして呪文の詠唱なしで、テュエールに攻撃魔法を叩き込んだ。しかも、同時に8発。地・水・火・風の4系統の精霊魔術の攻撃魔法を、それぞれ2つずつ。

 べらぼうな攻撃だった。

 神殿のすべてを吹き飛ばさんばかりの大爆発が、テュエールを襲った。

「馬鹿な……僕の魔法無効化能力が効かない……」

「それも抑え込んだからな」

 深手を負って、大量に出血しながらよろめくテュエール。

「ジョーさん……私の憧れの戦士。あなたの強さを見られて、私は幸せです」

 感涙を浮かべながらそう言ったのは、女王マリアニータだった。彼女の姿を認めて、彼女を守るために駆けつけていたイングリットが、マリアニータに言った。

「陛下の命を受けて追っていた戦士が、本物の戦士であればいいと、私はずっと願っておりました。

そして、その願いが叶いました。私もこれほどの幸せを感じることができて、とても嬉しく思います」

 その話し方は、いつもの彼女のものではなく、とても落ち着いた、知的なものだった。

「それでも、これほどの強さを目にしても、いつか手合わせ願いたいと思うのは、私の戦士としての性なのでしょうね」

 ジョーはさらに、神聖魔術、精神魔術をも8発ずつ叩き込んでいく。それらは確実にテュエールの生命力を削っていった。

 もはや、テュエールは立つのがやっとの状態になっていた。

 そんな彼に向かって、ジョーは言う。

「剣を合わせて確信した。やはりお前さんの力は、本当にすごい。

戦士として、手合わせできたことに感謝する」

 そしてジョーは、再び剣を構える。

 彼の姿を見ながら、ランスが、そしてエリシアが言った。

「ジョー、君と一緒に旅ができて、本当によかった」

「ジョー様。あなたはやはり、私が尊敬する素晴らしい戦士です」

 そして、続けてエブリットが、そしてクローディアが。

「あなたに出会えたことを感謝します、戦士セイリーズ・ジョージフ・ドルトン。私が初めて敬意を抱いた男」

「ジョー。大好きなジョー。この世で一番大切なジョー。私はもう迷わない。今も、そしてこの先もずっと、そなたを信じる」

 ジョーは、最後の一撃をテュエールに下すため、とびきりの魔力を剣に込めた。

 大地が一度きり、大きく強く揺れた。『光の剣』の発する光が、ひときわ強さを増す。

「俺達とお前さんの未来のために、お前さんを倒して封印を実行する。この剣技で」

 ジョーは緩やかに剣を引く。幻想的な光の紋様が、剣の通った空間に刻まれていく。

「霽月流、擘裂・貫心雷光弾(はくれつ・かんしんらいこうだん)」

 ただ一度の、渾身の力を込めた最速の突き。雷光の矢となった刀身が、テュエールの体の真央を貫く。テュエールは朝日の色の光に包まれ、その中で形を崩していく。

 そしてその体が跡形もなく崩れ去ると、ジョーは剣を掲げて、テュエールの立っていた場所に向けて敬礼した。

「時障壁展開、封印完了」