世界と黒天王6・第10回

光風暦471年10月1日:ジョー、正体を語る

 テュエールが乾いた笑い声をあげる。その顔には、かすかに恐怖の色が見て取れる。

「は……ははは。何を言い出すのかと思えば、僕を殴るだって?

忘れてないかい、君には過去に使った『時空剣』の反動があるってことを。

かつて、少年だった君は、未来の君の力を前借りして僕に勝った。でもその反動で、いまや『霽月剣・最霽』とやらでも、僕に傷を負わせることができなかった」

 テュエールはそのまま、畳みかけるように話し続ける。そうして、自らの不安を払いのけようとしているのだろうか。

「分かったか、君は無力なんだ。さっさと僕に倒されるべきなんだ。そして次には、僕がこの人間達をじわじわとなぶり殺しに」

「ぐだぐだうるせえ!」

 いつまでも喋り続けるテュエールの腹に、ジョーが拳を叩き込んだ。

 その場の一同は、一様に目を疑った。

 なんと速く、そして重い一撃か。テュエールの先の一撃が、児戯にすら思えてくる。

 これまでジョーが繰り出していた、とぼけた様子の攻撃とは、まるで違っていた。

 その拳がテュエールに直撃した瞬間、周囲を揺るがす振動とともに、景色が歪んだ。

 そして、ただの殴打が大爆発を引き起こした。まるで、隕石が地上に落ちたかのようだ。

 テュエールは、長広舌を振るおうとしたまま、血の一滴まで粉砕された自らの体を散らしながら、無様に吹き飛んだ。

 攻城兵器が岩石を飛ばすかのように、テュエールはどこまでも軽々と飛んでいく。そして、はるか遠くの広間の壁面に激突し、それを派手に崩しながら埋もれていった。

「すごい……なんてすごいんだ」

 ダンがつぶやいた。傍らのナイも、目を丸くしてつぶやく。

「神の超絶的な力に、まったく格負けしていない。それどころか、圧倒的に凌いでいる……私達が試合を挑んだジョーさんは、ここまで……」

 それが耳に届いたらしく、ジョーは楽しそうに言った。

「まだまだ、こんなもんじゃないぜ。あいつも、そして俺もな」

 その言葉を合図にしたかのように、崩れた神殿の壁が轟音をたて、中からテュエールが立ち上がってきた。

 その腹は半分近くも吹き飛ばされ、大穴が空いている。おびただしい血を吹き出しながら、テュエールは口元を歪める。

「なぜだ。なぜ僕にこれほどのダメージを負わせることができる。この僕に!」

「『時空剣』の反動なんか、一回負けたら終わりだっての。昔一回勝って、この前は代わりに一回負けた。普通に考えて、それでチャラだろうがよ」

 涼しい顔をして、ジョーは笑っている。

「ふざけるな……ふざけるなよ、人間。お前なんか、この僕が本気を出せば……」

 そして、見る見るうちに自らの傷跡を塞いだ。驚くべき再生能力だ。これもまた、神の力なのか。

 テュエールはさらに、白銀に輝く防具と長剣を呼び出し、その身にまとった。彼の幼い体には不相応なほどの重厚さだ。

 しかし、彼にそれを十分に使いこなす能力があることは、疑いようもなかった。

 テュエールの様子を見ながら、ジョーはエブリットに言った。 

「エブリット。剣を返してほしい」

 一も二もなく、エブリットは素直にうなずく。ジョーはそれを見届けてから、エブリットの傍らに落ちていた剣を拾い上げる。

 エブリットはその時に、ただ一言、ジョーに尋ねた。

「勝てますか?」

 ジョーは、いつもの無邪気な笑顔をエブリットに向けて、答えた。

「もちろんだ。お前さん達に、この世界に生きる人間でよかったと思わせてみせるぜ」


 ジョーは聖剣『勝者の剣』を、皆の前で初めて構えた。黒い鞘が、ひとりでに霧消して消え、銀の刀身が姿を現す。

 そして同時に、自らの防具である黒い『勝者の防具』を召還し、その身にまとった。

 屹立する戦士の雄姿に、レイザンテの長グリニスが、感慨の混じった言葉を発し、深々と一礼した。

「『運命の戦士』セイリーズ・ジョージフ・ドルトン陛下。レイザンテで私達を救ってくれた戦士の正体。またお会いできたこと、心から嬉しく思います」

 イルバランの神殿の子供達が、ひそひそと囁き合う。

「あれが、悪のザコなの……?」

「嘘だろ、かっこいいじゃんか」

「でも黒いから、やっぱり悪かな」

「でもでも、悪だけど、僕達の友達だよ。だから、また一緒に遊んでやるんだ」

「うん。そうだね」

 この短い間に、ジョーは見事なまでに人々の不安を払拭していた。

 反面、窮地に陥れられたテュエールからは、余裕が剥奪されていた。

「僕の本気を見せてやるよ。君だけは絶対に殺す」

 そして、両手を固く握り締めてのけぞり、獣のような叫び声をあげた。

「く……こ、これがテュエールの真の力なのか……!」

 エドワードが、直視することすらできずにうめく。テュエールの全身から、黒い霧のようなものが吹き出した。彼の目が赤く光る。

 そして見た目の変化と同時に、彼の発する殺気が数段跳ね上がった。なんという恐怖の顕現か。のしかかり、押し潰してくるかのような重苦しい殺気。この場にいるだけで発狂しそうだ。

「『質量』を司る神、イヴァクス・テュエール。勝負だ、人間」

 だが、それでもジョーは動じない。むしろ、ますます楽しそうに見えた。

「奢りを捨てたな。男前だぜ。

俺も全力で戦うぞ。いざ尋常に勝負だ」

 その刹那、ジョーが光った。朝日の色に。彼の剣と防具が、明るく柔らかな光を発しているのだ。

 そして、彼もテュエールと同様、新たな闘気をその身にまとった。

 それはとても強いが、威圧的なものではない。逆に周囲を奮い立たせる、ある種の頼もしさをそなえていた。

「清き思いを助けるために。抗し難い運命の壁を打ち砕いて、未来を拓くために。『運命の戦士』は常に、そのためにある。

人の持つ強さ、人の究極の姿を、心して見るがいい」

 そしてジョーも、決然と名乗りをあげた。

「『光の戦士』セイリーズ・ジョージフ・ドルトン、まいる」