世界と黒天王6・第9回

光風暦471年10月1日:巡る時を越えて

『それじゃまた会おう、この後すぐにね。僕が言うのも何だけど、頑張ってね』


「ジョー!」

 クローディアとエブリットが、真っ先に叫んだ。

 ディクセン達、ジョーを追って来た戦士達も、続けて口々に彼の名を呼んだ。

「ジョー……ついに見つけたぜ。まったく、気をもませやがってよ」

 思わず顔を紅潮させるディクセン。他の多くの者も、同じ事を言いたげだ。

 ジョーは、そんな彼らを見て、ばつが悪そうに笑った。

「へへ。旅に出ている間に、『俺』はずいぶんたくさんの仲間と知り合えたみたいだな」

 意味が分からない発言である。

「どうされたのです、『運命の戦士』殿。まるで他人のことのようにおっしゃいますが。

よもや、復帰の際に記憶を失われたのですか?」

 自らの安堵の心に冷や水を浴びせられたような心境になりながら、ソーンが問う。

「いや、そうじゃない。俺は、みんなと出会った『ジョー』の分身なんだ。

このバートラムに分身を作る術を教わって、本体の『俺』がレグナサウトに旅立った。そしてこの俺は、ゼプタンツに残って国政を続けていた」

 話の内容に取り残されそうになりながら、ヒューイがこう尋ねた。自らの頭の整理を兼ねながら。

「じゃあ、悪のザコ、いやジョー。あんたは、異世界神に倒されたわけじゃないんだな。

いや、正確には、本体は異世界神に倒されたけど、分身は無事に残っていたというわけなのか?」

 ジョーは、一瞬返答に迷ったが、こう言った。

「まあ、大体そんなとこかな」

 今度はユリが質問した。

「でも、なぜそんなことをしたんです? もしかして、テュエールに倒されることを予測していたんですか?」

 ジョーは、笑顔で首を横に振る。

「いや、そうじゃない。王ってのは存外忙しいもんでさ、私用で国を空けることは、まかりならないんだ。

それでバートラムに相談して、こいつの知ってる分身の術を教わったんだ」

 レイザンテの長グリニスが、さらに尋ねる。

「ではなぜ、そこまでして国の外に出たかったのですか」

 ジョーは、不敵に宣言した。

「そいつは、そのテュエールを倒したら分かるはずだ。どうも、そうしなきゃ俺の旅の目的も果たせないらしい」

 これに対してテュエールは立腹した。ジョーを指さしながら、早口に言った。

「いきなり出てきて、ずいぶん生意気な口をきくんだね。

この僕を倒すだって? 君が?

いま調べさせてもらったけど、君はたかが83レベルのエクスパートじゃないか。笑っちゃうよ」

 そのレベルは、他の仲間からすれば十分に高水準ではあったが、レベル182の『ジョー』本体でもテュエールに勝てなかった以上、まったくの無力であることは間違いなかった。

「仕方ないだろ。

本体に戦闘能力は全部残って、分身はレベル1からスタートするんだからよ。これでも、結構頑張って鍛えたんだぜ」

 ジョーは、気楽な笑顔で愚痴をこぼした。

 しかしそれは、テュエールの冷笑を誘うのみだった。

「そんなに頑張ったって言うなら、褒美をあげるよ。

その君の雄姿を、もっとたくさんの人間達に見てもらおうじゃないか。

君の本体がこの旅で出会った人間達を、全部この場に呼び寄せてあげるよ。

そして仲間達の前で、恥を晒しながら死んでいくといい。この僕の手によってね。君だけは楽には死なせない」

 テュエールが左手を空に向けて掲げると、広間の縁に多くの人々が一斉に現れた。

 それはテュエールの言葉に相違なく、ジョーがレグナサウトで出会った人々だった。

 レイザンテの人々。イルバランの神殿の子供達。女王マリアニータ。その他、とても多くの人々が漏れなく呼び寄せられていた。

 彼らは突然の召還に混乱しながらも、しだいにジョー達の姿に気付いていく。

 また、時を同じくして、エドワードやイングリット、そして彼らの部隊の兵士達も広間に押し寄せてきた。

「愚かな人間達に告ぐ。

ここにいるジョーに見覚えがあるだろう。この者は、神であるこの僕、テュエールに許し難い反逆を企てた。

よって今から、君達の前で処刑を行う。

その目に焼き付けよ。この者が苦痛に嘆き、苦しみ、涙する様子、そしてもがきながら死んでいく様子を」

 衝撃的な宣言に、周囲がざわめく。

 しかし、当のジョーは涼しい顔をしたままだ。そしてあろうことか、テュエールに対してこう言った。

「ありがとよ。とびっきりの晴れ舞台を用意してくれて」

 そしてさらには、アルゴスとバートラムがそれぞれ、ジョーにこのような言葉を残し、その場から姿を消したのだ。

「では、ここは任せたぞ、ジョー」

「ここまで時は稼いだ。後はお前の正念場だ。分かっているな」

 『運命の戦士』が二人も、この場に見切りをつけて立ち去った。形勢は明確さを色濃くする。

「おやおや、ずいぶんサービスがいいね。あえて君達を全滅させやすくしてくれるなんて。

もっとも、あの二人の『運命の戦士』がいても、僕の前じゃまったくの無力だっただろうけどね」

 残虐さはそのままに、テュエールが溜飲をさげる。

 しかしこれには、ジョーが水を差した。

「へっ、いつまでとぼけたこと言ってやがる。

バートラムの奴なら、お前さんぐらい完勝で封印できるっての。

じゃあなぜ、そんな勝機をあえて逃したかっていうとな」

 ジョーがにやりと笑う。その顔には、やはり敗色は微塵も感じられない。

「俺がお前さんに勝つからだ。

いくぜ、『Terminate Multiplication』!」

 その一瞬、ジョーがうっすらと二人だぶった姿に見えた。気のせいかと思うほどの一瞬。

 その二人のジョーは、すっと一人の姿になり、それきりで変化の全てが終わった。

 ジョーは、改めて懐かしそうに周囲を見渡し、そして挨拶した。

「よう。久しぶりだな、みんな」

 まごうことなき、見知ったジョーの笑顔だった。


 彼の変わらぬ笑顔に、クローディアの目から知らずと涙があふれてくる。

「ジョー、ジョー! そなたは、本当にジョーなのだな!」

 彼女はふらつく足でジョーに駆け寄ると、我も忘れて落涙する。

「待たせたな、クローディア。約束を果たしに、戻ってきたぜ」

 何があっても守るという約束。はるかな過去に、クローディアが少年のジョーと交わした約束。今なら、クローディアにもその意味が理解できた。

「まったく……今まで何をしていたのです。この私が柄にもなく、心配してしまったではありませんか」

 エブリットもまた、今いるジョーが自分の出会ったジョーであることを、直感的に理解していた。

 皮肉屋の彼が言葉を詰まらせ、その目には、うっすらと涙すら浮かんでいる。

「すまねえ、エブリット。

テュエールと一戦した後も、生きてはいたんだ。大技を使って、消耗して死んだふりして逃げ出してた。

で、それから今まで、ちょっとやることがあってな。今の今まで、そっちに必死になってた」

 今度はランスとエリシアが、笑顔で短くジョーに告げる。

「おかえり、ジョー。待っていたよ」

「ジョー様。この時を信じておりました」

 二人とも、言葉どおりジョーの復帰を心から信じていたようだ。

 ジョーは、そんな二人に親指を立てた。

「ああ。旅に出たことが無意味で終わらないようにしなくちゃな」

 再びテュエール不在で話が進んでいくなか、テュエールの機嫌が再び悪くなっていく。

「ふん、今ので本体と分身が一つになっただって? はったりだよ。

そもそも君の言う本体は、確かにあの時倒れたんだから。命の全てを使い尽くすという、『霽月剣(せいげつけん)』という技を使ってね。

それに、仮に君の言うことが本当だとしても、戦いを放り出して、今まで何をしていたっていうんだい?」

 そしてテュエールは、拳を作って身構える。彼の拳が魔力を帯びて、赤く輝く。

 とてつもない力だ。先のゾースティの時とは、まるで比較にならないほどだ。こうして同じ場にいるだけで、おぞけとともに、抑え難い身震いが催される。

「そんな呑気なことは、もうこれ以上言わせない。まずは君の腕を一本、もがせてもらうよ」

 そしてテュエールは、光がごとき速さでジョーに踏み込み、その心臓をめがけて拳を放った。

 その場の一同は、ジョーが死んだと思った。それどころか、自分も死んだと思った。

 テュエールの一撃は、それほどの暴威であった。

 しかしジョーは、右腕を軽く上げて、その下腕で攻撃を受けきった。

 凄まじい轟音とともに、赤い魔力の光が弾けて霧散する。ジョーの血しぶきとともに。

 そしてその結果、完全に動きを殺されたテュエールと、攻撃をしのぎきったジョーが残った。ジョーの腕からは血が流れているが、さほどの深手ではないようだ。

「なんだって……」

 飛び出さんばかりに目を丸くするテュエールに対して、ジョーは肩をすくめながら言った。

「そろそろ現実を認めろって。今の俺が何レベルか、見てみなよ」

 テュエールは固まったまま、放心状態になってつぶやく。

「238……エクスパート」

 二人のジョーが合体して得られた効果。それはレベルの飛躍的な上昇。すなわち、段違いの戦闘能力の獲得であった。それぞれのジョーが得た経験の量が足され、合体後の彼のレベルが一気に上がったのだ。

 ジョーはテュエールに告げる。

「『霽月剣』を知っていたことは褒めてやる。

あれは俺達の技、『霽月流』の奥義。過去にバートラムが使って、一度命を落としたことがあるから、お前さん達はそのことを知っていたんだろうな。

でも、俺が使ったのはその改良技、最奥の『霽月剣・最霽』だ。死ぬ間際のぎりぎりで、生命力の消耗を止めることができる。

作られて間がない技なんだけど、こいつも旅に出る前に、バートラムの奴から教わっておいたんだ」

 呆然自失のテュエールからは、何の返事もない。

「インチキだって思ってるかもしれねえが、これが俺達だ。戦いの中で日々成長しているんだ。

あと、これまで何をしていたかは、じきに分かるさ。でもよ、今は……」

 ジョーは右腕を下ろし、今度は自分が拳を固める。そして彼は、テュエールに言った。

「とりあえず、一発殴らせろ」