世界と黒天王6・第12回

光風暦471年10月1日:戦いが終わって

 主の消えた神殿の広間。その中央に、一同の注目を浴びて立つ『光の戦士』。

 朝日の色に包まれたその長躯は、どこまでも厳かであった。

 兜の隙間から窺えるその横顔は、大仕事を成し遂げた満足感に満ちていた。

 やがて彼は、ぐるっと仲間達の一人一人に視線を注ぎ、剣を持った右手を挙げて言った。

「俺達の勝利だ!」

 周囲からは、大地を揺るがす勝ち鬨の声が返ってきた。皆、笑顔に輝いている。

「ジョー!」

 クローディアが駆け寄り、そして人目もはばからずジョーに抱きついた。

「許されよ、ジョー。こうでもしなければ、またそなたと別れてしまうなのではないかと不安なのだ」

「ずいぶん気を揉ませたからな。でももう大丈夫だ、どこにも行ったりしないぜ」

 クローディアには、ジョーのいなかった3か月が、とても長く感じられた。しかしこうして再会できたジョーは、記憶の中の彼とまったく変わらず、屈託がない。

 それに安堵したクローディアは、頬を染めながら彼から離れ、そばに立った。

 彼女の脇に控えていたエリシアが、ジョーに低頭する。

「ジョー様。無事なご帰還を果たされ、そして勝利を収められて、とても嬉しいです。この先も、どうか一緒に戦わせてください」

「エリシア。力のこもった、いい顔をするようになったな。お前さんも俺も、この戦いで一段と強くなれた。

あとはお前さんの生真面目さと、俺の適当さを、お互いに移し合えたら面白いかもな」

「はい!」

 花が咲いたような、柔らかで幸せそうな笑顔を見せるエリシア。天使としての使命のみに突き動かされていた過去の彼女とは、やはり一線を画していた。

 クローディアが、呆れ顔でジョーをたしなめる。

「ジョー、私の母とも言うべき方を汚染するでない」

「僕は、そうなるのも楽しいと思うけどね。

とにかくジョー、お疲れ様。ジョーは絶対に負けないって信じてたけど、そんな力を持ってるとは思わなかった」

 ランスが涼やかに笑いながら進み出て、ジョーに向かって親指を立てた。

「実際、『時空剣』の反動で、何をしてもテュエールに通じなかった時は困ったぜ。

でも、何とかここまで来られた。ランス達も、本当にお疲れだったな」

 そして二人は、固く握手を交わした。

 そんな二人を微笑ましく眺めてから、エブリットがジョーに言った。

「とうとう、本当に勝ってしまいましたね。あなたを何と出鱈目な男なのかと、これまで何度も思ってきましたが、今回はとびきりでしたよ」

 ジョーは、いつものおどけた調子ではなく、真面目に答えた。

「途中で諦めていたら、この勝利はなかった。諦めずに戦い続けてよかっただろう?」

「そうですね、本当によかったと思います。しかし、ここで一つ、教えていただきたいことがあります」

 思いがけず受けた問いに、ジョーは小首をかしげる。

「何だ?」

「私の故郷の町のことです。バートラム陛下によると、無事とのことでしたが」

 ジョーは、うなずいて言った。

「ああ。あいつのレベルは今の俺より上だからな。テュエールの力の干渉をまったく受けず、気取られることすらなしに、『光の戦士』の力で町ごと転移させて保護していた。

今頃は元の場所に、元どおりの町が復活しているはずだ」

「そうですか……」

 エブリットが目を閉じて浮かべた笑顔は、これまで一度も見せたことがない、とても晴れやかで、清らかなものだった。

「これで、私の旅は一つ終わりました。心から感謝します。

この後、一度故郷に戻りますが、それからまた旅に出ることにします」

「そうか。旅に出る新しい目的があるんだな」

 エブリットは、いつになく大きくうなずく。

「ええ。手に入れたい存在ができたのです。それは強大な力であり、真の強さでもあります。それを何としても手に入れたい」

「げっ、まだそんなこと言ってるのか? 無理して力を求めるのは、この旅でさんざん懲りたんじゃないのかよ?」

 呆れ顔のジョーに、エブリットは微笑んで近寄る。そして、互いの息がかかるほどの近くで、ジョーの目をまっすぐ覗き込んだ。

「そのつもりでしたが、どうしてもそうしたいのです。クローディアさんには悪いと思いますが、私はどうしてもあなたを手に入れたくなりました」

 ジョーが、ぎょっとして後ずさる。

「お、おいちょっと待て。俺にそんな趣味はねえぞ」

 エブリットは、くすりと笑った。その笑みは妙に艶っぽい。

「ではお訊きしますが、私が一度でも男だと言ったことがありましたか? この私に、初めて惚れ込むということを教えてくれた殿方?」

 目が点になりそうな思いで、ジョーは改めてエブリットを見る。険の取れたエブリットの端正な顔は、不思議なほどに女性そのものだった。

 これで化粧でもしたらどうなるのだろうと、この鈍いジョーが不覚にも思ってしまったほどだ。

「ま、待たれよエブリット。今の発言は聞き捨てならぬぞ。こら、エドワード。何を笑っておる!」

 狼狽するクローディアの指摘どおり、エドワードは声を押し殺して笑っていた。

「テュエールが滅ぼしたとされていた町はリージというのですが、そこのエブリット・リージさんと言えば、長の聡明な一人娘として有名でしたからね。

お会いしたときに男性の服装だったので、私は驚いたものです」

「エドワード、おい!」

 クローディアとジョーが、絶妙の息の合い加減で同じ言葉を叫んだ。

 ジョーはこの流れを止めるため、慌てて他の仲間に話し掛けた。

「みんな、お疲れだったな。今の俺が言うと全然決まらないけど、みんないい顔になった。俺達はみんな、この戦いで成長できたな」

 うなずく者、一礼する者、そして失笑する者。反応はさまざまだったが、皆笑顔だった。みんなで大きな戦いを乗り切れたという喜びが、一同の間に満ちていた。

 そしてジョーは、真顔に戻って、その視線をひとところで止めた。

「フォーラ。お前さんにかけた、人々の役に立つように言動を強制する呪いを、いま解いた。もうその必要もないだろうからな」

 フォーラは、ジョーと目が合うと、以前と変わらぬ冷徹な口調で言った。

「まったく、とんでもない呪いをかけてくれたものだ」

 しかし彼は、そこでふっと表情を緩める。そして、こんなことを言った。

「おかげで、この先も戦い続けなければならなくなったではないか。

私に掛け値なしの好意を寄せてくださった方々に報いるために、もっと大きな敵と戦わなければならない。

責任をとって、貴様とともに戦わせろ、ジョー」

 呪いが解けたため、言葉遣いこそ元に戻っているが、その心は、旅を通して仲間達が触れてきたものに相違ないようだかった。

 ジョーは、そんなフォーラに告げた。

「言われなくてもそのつもりだ。お前さんも薄々気付いてる、とてつもない敵。そいつに完全勝利するまで、一緒に戦わせてやるからな」

 そしてジョーは、不意に神殿の入り口の側に振り向いた。

「だけどその前に、俺自身をもう一段成長させてくれ。少しばかり、時間をもらうぞ」

 その時、その場の全員が同時に気付いた。ジョーの見つめる方向から、信じられないほどの存在感を持った何かが近づいて来ることに。

 ほどなくそれは、皆の注目を浴びながら姿を現した。

 しっかりした足取りで、静かに歩いてやってきたその存在は、一人の銀髪の男だった。

 背はそこそこに高く、体格はなかなかによい。軽装の鎧を身につけ、背には巨大な両手剣を負っている。

 その男は、青い右目で周囲を一瞥して、ジョーをまっすぐ見つめた。左目はずっと閉じている。外傷は見て取れないので、隻眼ではないようだが、不可解な仕草だ。

 この戦士に対して、ジョーは『光の戦士』の武具をまとった臨戦態勢のまま、口元を吊り上げて言った。

「やっと姿を見せたか、メイナード・シレスタ。いや、『世界』を司る『リベの六大神』の一柱、リベ・ガルフェン」