世界と黒天王5・第5回

光風暦458年11月22日:勇者の昔日

『まったく……そこまで言うなら、一つ質問だ。どうして君が僕より、そのことについて詳しく知っているんだい?』


 クローディアが思いがけず目にした、懐かしさをすら覚えるジョーの顔。

 その顔は過去のものだけあって、少年らしさが色濃いが、それでもクローディアにとっては見間違えようはずもない。様々な感情が彼女の中で渦を巻き、どうしていいかすらも判断がつかなかった。

 そして彼女は、無言でふらふらと歩き出した。ジョーのほうへ、両手を差し出しながら。

「ちょっと、旅の方! いったいどうしたんです?」

 それまで話していた少女が、ただならぬ様子に慌てるが、その言葉もクローディアの耳には届いていない。

 目と口を見開き、ゆっくりと歩いていく彼女の様子は、傍目にも異様に映った。

 やがてジョーもクローディアに気付き、立ち止まってその様子を見る。

 周囲がざわめくなか、クローディアはジョーの前まで来ると、そのまま膝をつき、突然泣き崩れた。

「ジョー、ジョー……」

 彼女の口から、嗚咽とともに、もう会えないと思っていた想い人の名が漏れる。

「い、いったいどうしたんだい? あなたはいったい……」

 高くて初々しい少年の声が、クローディアの頭上から聞こえてくる。

「すまない、ジョー。私は、私は……」

 クローディアは、うわごとのようにそう繰り返すのみだった。

 彼女を見下ろしながら、困り果てた様子のジョーは、どうすればいいのか分からず周囲を見回した。

 しかし群衆も、一様に困った顔を見せるばかりで、助言はない。無理もないことだが。

 すると、ジョーの背後から女性の声が響いた。

「どうしたの、ジョー? その方は?」

「母上!」

 ほっとした様子のジョーが、声の主である長い金髪の女性に振り向く。

 その女性、すなわちジョーの母は、クローディアがジョーの名を呼び続けながら泣いているのに気付くと、少し考えてから言った。

「ジョー、この方を城にお連れしなさい。時間を置けば、いったい何があったのかも分かるはずよ」


 王子の名を呼んで泣いていたからとはいえ、見ず知らずの者を城に招いてもてなすジョーの母。その胆力は特筆に値するが、ともあれ彼女の予想どおり、それから数時間が経った夕刻には、クローディアも少し落ち着きを取り戻していた。

 その間ずっとクローディアに付き合っていたジョーの母は、クローディアの肩にそっと手を置き、言った。

「まずは何か食べるとしましょう。お腹が満ちれば、元気も出てくるわよ」

 そしてクローディアは城の小さな食堂に通され、そこで暖かい料理を振る舞われた。配慮があってか、料理は豪華すぎないように作られていて、旅の経験が長いクローディアにとって親しみやすいものだった。

「見ず知らずの私に、このようなご配慮、心より感謝申しあげる」

 いつもの口調に戻ったクローディアは、多分に恐縮しながら謝礼を述べた。

「気にしないで。困ったときはお互いに助ける、これがここの流儀なの」

 ジョーの母は、竹を割ったような、さばさばした性格の主だった。王子であるジョーの母親、すなわちその立場は王妃なのだが、装飾品も化粧も控えめだ。背筋もぴんと伸びていて、見るからに快活そうだ。そして、青い目が人懐こそうに輝いている。素敵な人だと、クローディアは思った。

「まずは挨拶を申しあげなければな。私はウィルバー・ドルトン。このゼプタンツの王を務めている。こちらが王妃のレア。そしてそちらが、王子のセイリーズだ」

「王妃のレア・ドルトンです。よろしくね」

 改めて名乗る王族達。そしてジョーが続き、最後にクローディアが開口した。

「セイリーズ・ジョージフ・ドルトンだよ。お姉さん、ちょっとは元気になった……?」

「う、うむ。かたじけない……。私はクローディア・グランサム。アリミアよりまいった」

 挨拶の言葉を述べてから、クローディアは少年のジョーを改めて見た。そして驚いた。ずいぶんと華奢な印象なのだ。一緒に旅をしたジョーの豪放さは、その片鱗すらも感じられなかった。細身で背も低く、話し方もおどおどしていて、顔の造作以外はまるで別人だった。

 あのジョーに、このような過去があったのか。クローディアは、ひとしきり目を丸くして、王子を見つめていたのだった。


 やがて、暖かい食事と温かい王族のおかげで、クローディアの心も少しずつ解きほぐされ、しだいに口数も増えていった。

 その頃合いを見計らったのだろう、ウィルバーがやんわりと本題を切り出した。

「改めて尋ねたい、クローディア殿。あなたはセイリーズの姿を見て、その名を呼びながら泣き崩れたと聞いた。

その理由はいかなるものなのか?」

 クローディアは答えに迷った。

 どこまで本当のことを話せばいいのか。

 未来から来たことを話すべきか。異世界神との戦いのことを話すべきか。

 クローディアは、眼前にいるウィルバー王が、「運命の戦士」の一人だと知っていた。話せば何か力になってくれるかもしれない。

 そう思ったが、結局は思いとどまった。

 話すことで、この時代の人々にも累が及ぶような気がしたのだ。

 それで、言葉を選んでこう答えることにした。

「実は以前、旅をしている時に、王子に会ったことがある。殿下は覚えておいでではないだろうが。

その時の記憶が懐かしく思い出され、感極まって泣いてしまったのだ。

大変な粗相、平にご容赦願いたい」

 一応、嘘はなかった。

 ウィルバーは深くうなずき、それ以上追求することはなかった。

 その後は王族から楽しい話を持ち出され、時にクローディアが笑顔を浮かべるようにまでなりながら、時が過ぎていった。

 そしてその夜、クローディアは、城の一室に泊めてもらえることとなった。

 改めて心遣いに感謝の言葉を述べ、クローディアはあてがわれた部屋に収まった。