世界と黒天王5・第6回

光風暦451年11月22日:少年の夢

『何を言っているんだい? 君の言うことは理解できない。僕の常識から言わせてもらうと、矛盾だらけだよ』


 クローディアは、物思いにふけっていた。

 これまでの様々なことを思い出し、今の境遇を思い、ため息をついた。

 自分はこのままでいいのだろうか。いや、いいはずがない。

 逃げ出してきたものの、いつかはテュエールのところに戻らなければならない。さもなくば、テュエールが自分を探しに来て、そしてこの世界に大変な被害をもたらすだろうから。

 しかし、そのことが分かっていてなお、元の世界に戻る気になれなかった。

 それほどに、囚われの身になることが辛かったのだ。いや、囚われの身になることではなく、テュエールの手先となって世界に災厄をもたらすことが辛かったのだ。

 自分はどうすればいいのだろう。

 思い悩んで、もう一度ため息が出る。

 その時、彼女のいる部屋の扉が叩かれた。聞き逃したかもしれないほど、とても控えめな音だった。

「どなたか?」

 扉越しに、少年の声が聞こえてきた。

「ジョーだけど、お話がしたくて。駄目かな?」

 その声から、彼の遠慮ぶりが伝わってくる。青年のジョーからは想像もできない素振りだ。

 それを不思議に、そして少し可愛く思いながら、クローディアは答えた。

「いや、まったく差し支えない。いま扉を開けるゆえ、少々お待ちを」

 扉を開けると、上目遣いのジョーが立っていた。年齢のためもあって、彼の背はクローディアよりずっと低い。これもまた、クローディアに不思議な印象を与えた。

「ありがとう、クローディアさん。

よかったら、ついて来てくれないかな。夜風が気持ちよくて、眺めがいいところがあるんだ」

「うむ。私のことは呼び捨てで構わぬぞ」

 拒否する理由もなく、クローディアはジョーの案内を受けて、城の外廊にたどり着いた。


 澄んだ夜空の下、そこには月明かりを遮る物もなく、ジョーの顔がほのかに照らし出されていた。その顔立ちは華奢で、そして昼間より大人びて見えた。

 クローディアは、どこかでこんな光景に遭ったことがあると思ったが、それがどこだったかを思い出す前に、ジョーに問われた。

「クローディアは、アリミアから来たって言ってたよね。遠いところから来たんだね」

 無邪気な問いを受けて、クローディアの胸が詰まった。

「うむ。とても、とても長い旅だった」

 時を越えて来たという真実を語ることもできず、彼女にはそれだけを答えるのがやっとだった。そして密かに、良心の呵責を感じていた。

 ジョーはその様子に気付き、不思議そうな顔をする。しかし、それに関する質問は慎み、代わりにこう言った。

「クローディアは強いんだね。一人でそんなに長い旅ができるなんて。憧れるな」

 彼は笑顔を覗かせているが、そこにはどこか陰があった。

「いや、私は強くなどない。現に今も、己の弱さを恥じ続けているのだ。

そなたの姿を見たときも、私は……」

 思わず口が滑りそうになり、そこで口をつぐんだ。未来の出来事を話すわけにはいかない。

「それって、どういうこと?」

「いや、話せば長くなるので、ご容赦願いたい。話を元に戻そう。ジョー、そなたは強さに憧れているのか?」

 ジョーは、それ以上の追及はせず、素直にうなずいて答えた。

「うん。僕の周りは強い人がいっぱいで、僕を大事にしてくれるし、守ってくれる。

でも、僕にはみんなを守れるだけの力がない。見てのとおりの、ひ弱な王子なんだ」

 彼の一人称が「僕」であることもに驚きながら、クローディアは尋ねた。

「ジョーの周りの人? 『運命の戦士』である父君のことか?」

「うん。父もそうだし、母だって強いんだ。それに僕を守ってくれる騎士達や、幼なじみのランスまで、みんなすごく強いんだよ」

 クローディアはさらに驚いた。

「ランス? 彼はそれほど強いのか?」

「ランスのことも知ってるんだね、クローディアは。

ランスはとても強いよ。強いくせに威張ったりもしないし、こんな弱い僕にも温かく接してくれる。

ランスみたいな奴のことを、本当に強い奴って言うのかなって思うよ」

 クローディアは、微笑みながらうなずいた。

「そうなのであろうな、きっと。強さには様々な形があろうが、ランスの持つ強さもまた、真なる強さなのであろう」

 ジョーはそれを聞いて、我が事のように喜んだ。

「(てっきり、昔からジョーがランスを従え続けていたのだと思っていたが、昔は逆だったのだな)」

 クローディアがそのように微笑ましく思っていると、ジョーが言った。

「うん。僕も、ランスみたいに強くなってみたいと思うんだ。

でも、ランスと同じようには強くなれないかもしれない。

クローディアの言うように、強さにはいろんな形があると、僕も思う。

そうしたなかで、僕なりの強さを見つけてみたい。いつか、本当の強さとは何かをちゃんと理解して、そしてそれを身につけてみたいんだ」

 弱々しく、控えめな口調で語る少年のジョーであったが、その目には、確かに強さの片鱗が宿っているように見えた。

「うむ。そなたならきっと、強くなれる。私が保証しよう」

 秘めた強さをおくびにも出さなかった青年のジョーが思い出され、クローディアは涙しそうになった。

 彼は間違いなく、彼女にとって最強の存在であった。戦う強さだけでなく、心の強さも併せ持った、愛する最強の戦士であった。

 ジョーは、クローディアの言葉を聞いて照れ臭そうにもじもじしていたが、やがてぽつりと言った。

「クローディアにだけ、内緒の話を教えてあげる。

僕には、憧れている戦士がいるんだ」

「憧れている戦士? 父君ではなく?」

「うん。父ももちろんだけど、他にもね。信じるか信じないかはクローディアの自由だけど……」

 そう前置きしてから、ジョーは言った。

「クローディアも、話は聞いたことがあると思う。伝説の『光の戦士』について。

僕は、その『光の戦士』に会ったんだ」