世界と黒天王3・第13回

光風暦471年6月3日:全き力

 ランスがユリを破った少し前のこと。薄暗い森の中に、黒い長衣の男、トワイライトが立っていた。

 風除けから覗くその口元は、醜く吊り上がって喜びを表していた。

「これで、力はあれど情けにほだされる、愚かなソーン達は滅ぶ。

そして、娘は止める者のないまま暴走を続ける。

全ては予定どおり。

人間という生き物は、愚かなものだと再確認できた」

 彼はどうやら、人間ではないらしい。

 何者なのかはさておき、彼は確信に満ちた喜びにひたっており、腕を広げて歓喜を表していた。

 しかし、そんな彼に、背後から声をかける者があった。

「貴様、人間をなめていないか」

 驚いて振り向いたトワイライトの動きが固まった。

 彼にとって見覚えのある人物が、そこに立っていたのだ。

「お前は……『運命の戦士』!」

 漆黒の全身鎧に身を包んだ戦士。主神オーゼスの「聖なる武具」に身を包んだジョーだった。

「いかにも。また会ったな。

トワイライト、は通り名だな。本当の名前は、イヴァクセン・フォーラか」

「き……貴様、なぜ私の名を知っている! そしてなぜここに現れる!」

 先程までの喜びはどこへやら、彼はすっかり、得体のしれない恐怖に支配されていた。

 ジョーはその問いを無視して、彼、トワイライト=フォーラをあざけるように言った。

「もう一度言う。貴様、人間をなめていないか。

人間の力は無限だ。貴様は、これからその一端を思い知ることになる」

「何だと……人間ごときが、不遜な口をきくものだ」

 このようにフォーラは強がるが、ジョーは意にも介さない。

「得意の覗き見で、ユリ達の様子を見てみるがいい。

そこで貴様は、人間の『強さ』を見るだろう」

 言われたとおりに、フォーラは術を使って様子を伺った。

 彼の顔が、さらにこわばる。

「馬鹿な! なぜ娘が倒されている!

このようなことはあり得ん!」

 取り乱すフォーラを、ジョーが一笑に付す。

「貴様は人間の力量を見誤った。そして人間の心の強さも見誤った。

その程度の者が『人間ごとき』などと吹聴するとは、笑わせてくれる」

 そしてジョーは、きっぱりと宣言した。

「そのまま、最後まで見ているがいい。貴様はこれから完敗する。

俺達人間にとって最良の形で終わりを迎える様を、ここで見ているがいい」

「ふざけるな、人間! お前達など……」

 フォーラは負け惜しみを口にしようとするが、途中でジョーに遮られた。

「それからもう一つ。

俺は前に言ったな。これ以上つまらぬことを企むなら、次は俺が手を下すと」

 フォーラの背筋に寒いものが走った。

 どうあがいても、目の前のこの戦士に勝てないことを、彼の本能が悟っているのだ。

 ジョーは、にやりと笑った。

「貴様にとって、最も苦痛となる末路を与えてやろう」


 ランスは、ユリを抱きかかえて、声をあげて泣いた。

 自分のしたことに悔いはない。しかし、どうしても悲しかった。

 ユリは、ランスの一撃で体を両断されていた。もう暴れることもない。

「ランスさん、泣かないで……ありがとう」

 今にも息を引き取ろうとしているユリは、とても安らかな顔をしていた。

 大量の出血で、既に感覚がなくなっているのだろう。

「ユリ。僕は、僕は、これ以上君を苦しませない。

それが、僕からの君への気持ちだ」

「はい……私、とっても幸せです。

こうしてランスさんに会えたこと。

あのね……ランスさん」

 ユリは、聞き取るのがやっとの声で、ささやくように言った。

「何だい、ユリ?」

 涙で顔もぐしゃぐしゃになったランスは、ユリの顔をまともに見ることもできない。

「英雄って、やっぱりすごいと思います。

生まれ変わっても、私、英雄を目指します。

ランスさんも、頑張って……」

 そしてユリは目を閉じ、それきり動かなくなった。

 クローディアも、そしてソーンも、悲しみで思わず目をそらした。

 実はクローディアは、神聖魔術でも極秘とされる高位の呪文である、蘇生の術の存在を知っていた。そして、それを使うことができればどんなによいだろうかと考えていた。

 しかしその術を、ユリに施すことはできなかった。なぜならユリを蘇生させると、魔物と融合したまま蘇生させることになり、元の木阿弥になってしまうからだった。

 蘇生の術を使えたにしても、打つ手はない。クローディアは、歯がゆさに涙した。

 ソーンもまた、自らの命の灯火が消えようとしているのを悟りながら、泣いていた。

「私のしたことは、いったい何だったのだろう……」

 思わず、そうつぶやいた。己の無力さを嘆き、己のしたことを悔やみながら。

 すると、そんな彼に答えを返す者があった。

「間違いだったのだろうな」

 咎めるでもなく、嘲笑うでもない。とても優しい声だった。

「あなたは……」

 やっとのことで視線を上げると、そこには漆黒の鎧の戦士が立っていた。

 羽織った外套に付いた竜顔の紋章が、彼、すなわちジョーの身分を語っていた。

「『運命の戦士』……」

 運命の戦士ジョーは、彼を労わるように、優しく言った。

「あなたにあった、医師としての誇り。それが、純粋に人の幸せを思う気持ちを上回った。

ゆえに、このような結末に到ったのではないだろうか」

「おっしゃるとおりです……この身を恥ずかしく思います」

 消え入るような声で話すソーンに対し、ジョーの声はあくまで優しい。

「あなたのとった方法では決して得られなかった彼女の幸せが、彼女の命を奪うことでもたらされている。

皮肉な話だ。しかし」

「しかし?」

 一呼吸置いて、ジョーは言った。

「彼女が病で死したままなら、二度と味わうはずのなかった幸せ。それを今しがた、彼女は味わえた。

ならば、あなたのしたことも、無意味ではなかったのかもしれない。

そこに彼女への愛情があったことを否定する者も、誰一人いないはずだから」

 涙を流しながら、ソーンは笑顔を見せた。

「ありがとうございます、戦士様……救われる思いです。

叶うなら、もう一度やり直したい。ですが、もうそれもできません。

最後にこうして話せたことが、私にとって何よりの救いです」

 するとそこで、ジョーがこんなことを口にする。

「ならば、やり直してみるといい」

「え?」

 ソーンには、何を言われたのか、ただちには理解できなかった。

「今の気持ちがあれば、この先何だってできるはずだぜ。人の力は無限だ」

 そう言いながらジョーは、兜の面頬を上げた。

「あ、あなたは……」

 驚くソーンに、ジョーは悪戯っぽく笑った。

 そして彼は、ささやくように唱えた。

「Whole Force」


 「Whole Force」、すなわち「全き力」。

 呪文であるらしいが、ソーンの知識にはそのような呪文はなかった。そもそも呪文だとすれば、呪文名に先駆けた、八つの魔法記号の詠唱がない。

 彼はいったい何をしたのだろうか。

 ソーンの疑問は、しばらくしてようやく氷解した。

 いつの間にか、自らの傷や痛みが綺麗に消え去り、体力もすっかり回復していたのだ。

 いつ治したのかも気付かせないほどの、瞬間的な措置。

 医術はもちろん、ソーンの知るあらゆる治癒の呪文でも、こうはいかない。

 運命の戦士ではあっても、ここまでの力を使いこなせるものなのだろうか。

 ソーンは畏怖の念すら感じつつ、ランス達のもとへと歩いていくジョーを見つめていた。

 まずジョーは、クローディアのもとへ歩み寄った。

「『運命の戦士』殿、なぜここに」

 天を突くような戦士を見上げるクローディア。

 その姿は艶やかな黒。だがその出で立ちは、彼女の目にはとてもまぶしく、そして神々しく映った。

 彼は再び面頬を下ろしていて、素顔が見えない。そのため彼女はやはり、彼の正体がジョーだとは気付いていない。

 ジョーは、クローディアの敬服のまなざしを受けながら、穏やかに答えた。

「清き思いを助けるために」

 そして再び、腕を一振りする。

 そのわずかな瞬間で、ソーンの時と同様、クローディアの傷も完治させた。

 そのあまりの鮮やかさに目を見張る彼女に、ジョーはこう言い残し、そしてランスのもとへと向かった。

「抗し難い運命の壁を打ち砕いて、未来を拓くために。

『運命の戦士』は常に、そのためにある」


 ランスは、ユリの亡骸を抱いて、泣き続けていた。

 そこに、静かにジョーが声をかける。 

「よく頑張ったな、ランス」

 ジョーの声に、ランスはようやく顔を上げる。

 そこにあったのは、ランスにとっては馴染みの深い姿。肩を並べて歴戦を切り抜けてきた友の勇姿が、そこにあった。

 ランスが口を開く前に、ジョーは言った。

「後は任せろ」

 そして、ランスの肩にそっと手を置いた。それで、全ては終わった。

 傷が癒えたことに気付いたランスは、ユリに視線を戻す。

 するとどうだろう。そこには、ランスを見つめるユリの眼差しがあった。もちろん、彼女の傷も、もともとなかったかのように癒えている。

 感極まって見つめ合う二人に、ジョーは告げた。

「魔物を下敷きにしたのではないユリ自身として、肉体と精神を再構成した。

もう、魔物の意思とは無縁で生きられる。もちろん生前の病も関係ない。

せっかくだから、肉体の強靭さはそのままにしておいたがな」

 ジョーは、クローディアが使いたくても使えなかった蘇生の術を超えた、何らかの処置を施したのだ。

 あらゆる魔法の呪文を超えた何か。奇跡というほかはなかった。

 彼はユリにこう言った。

「ただし、その力を正しく使える強い心を養うのは、ユリ自身の仕事として残した。

俺は、それができると信じている。夢を果たせ。頑張って、いい英雄になれ」

 ユリは、再び穏やかな時を得られた奇跡を噛み締め、一筋の涙を流しながら、はっきりと答えた。

「はい!」