世界と黒天王3・第10回

光風暦471年6月3日:伝説の戦士

 ソーンが叫んだ次の瞬間、彼の全身が稲妻に包まれた。耳をつんざくような雷鳴が轟く。

 思わず目を背けるユリ。ランスも、直視しがたい光量に、一瞬目を閉じた。

 その間に、変化は終わっていた。

 ソーンは、純白の鎧装束に身を包んでいた。随所に布をあしらった金属鎧は、騎士の板金鎧よりも優美で、しかし頑丈そうであった。

 よく見れば、全身から青白い燐光が立ちのぼっているのが分かる。剣と同じく、強力な魔力を帯びた防具だ。

 ユリにとっては、初めて見る姿だ。しかしランスは知っていた。ランスは思わず叫ぶ。

「雷光の騎士!」

 いかにもと、ソーンはうなずいた。

 ユリにとって、今日は最も衝撃的な一日だったに違いない。理解の範疇を超えかけている事実に、彼女は戸惑いながらこう言った。

「雷光の騎士って……まさか、あの伝説の戦士のこと?

ソーン先生が雷光の騎士……?」

 雷光の騎士とは、この世界で伝説に語られる存在だった。

 世界に危機が訪れたときに人々を救うため組織された存在、雷光の騎士団。

 その存在は世界中でまことしやかに囁かれているが、その騎士の姿を目にした者はいない。

 雷光とともに召還される武器や防具をその身にまとい、あらゆる敵を討ち滅ぼす力を持っていると言われている。

 その優れた能力を、「雷光の武具」によってさらに飛躍的に高めた彼らの力量は、神にも等しい「運命の戦士」に匹敵するとも伝えられている。

 誰もがその存在を伝え聞いてはいるが、幻のような存在として扱われ、人々の心の拠り所として考えられていた。

 そんな伝説的存在が、今、目の前に立っている。驚愕の事実だった。

「あなたのような戦士をここで倒さなければならないことが、残念でなりません。

全ては、私が責めを負うべきことです。

ですが、ここで引き下がるわけにはいかないのです。それが、私の償いであり、『彼女』の幸せのための決意なのです」

 ユリは、「彼女」という表現に、かすかに引っかかるものを感じたが、それ以上考える余裕はなかった。

 ソーンが、ランスに剣の切っ先を向けたからだ。

「全力で勝負してください、ランスさん。

素晴らしい戦士への礼儀として、私も全力でまいります」


 ソーンの決意に満ちた言葉を耳にしたランスは、戦いは避けられないと悟った。そして意を決して剣を構える。

 しかし、どう見ても形勢はランスに不利だ。耐えかねたユリが叫ぶ。

「お願いです、やめてください!」

 ソーンは、それでも決心を曲げなかった。

「ユリ、あなたを悲しませることになるのは分かっています。

それでも、私は戦わなければならないのです。

ランスさん、まいります」

 そして彼は、すさまじい一撃をランスに向けて放った。

 今の攻撃は、本当に剣の一振りだったのだろうか。

 爆発にも似た轟音とともに、ランスを強大な衝撃が襲う。

 ランスは、「救世者」ゆえの身のこなしで、かろうじてそれをかわすことができた。

 しかし、なんとその一撃によって、背後の階段の天井が崩れ落ちた。

 これが、雷光の騎士の一撃。あまりにも激し過ぎる力の顕現だった。

 ソーンのあまりの力量に、ユリは言葉を発することもできない。

 ソーンやランスも、戦いに専念しており、言葉を口にすることはない。

 こうして無言のまま、血みどろの戦いが始まった。

 ソーンは、いっそう激しい攻撃を矢継ぎ早に繰り出す。

 ランスは防戦しつつ反撃の突きを繰り出すが、この攻撃もソーンにかわされる。

 ソーンの攻撃によって、建物の壁に亀裂が入り、徐々に崩れ出す。

 しかし、戦いの手が緩むことはなかった。

 やがて、ソーンの攻撃がランスを捕らえた。

 ランスの脇腹の服が裂けた。剣で斬られる前に、衝撃で弾け飛んだのだ。

 そこから血しぶきがあがり、ランスは傍らへと飛ばされた。

「ぐあっ!」

 思わずランスは叫ぶ。彼の体は壁にめり込み、そして瓦礫とともに床に落ちた。

 常人ならば即死しているはずの深手だ。

 しかしランスもさるもの、即座に立ち上がると、どこにそのような力があるのかというほどの斬撃を、ソーンに放った。

 ソーンの衣が軽く裂けたが、傷を負わせるには到っていない。

 すぐさま、ソーンの次の攻撃がランスを見舞った。

 互いの一撃が明暗を分けた形となって、それからのランスは滅多打ちにされていた。

 ソーンの一撃一撃が確実にランスの体をとらえ、防具もない彼の体には、次々と深い傷が刻まれていく。

 傷による肉体の破壊や痛み、そして床を染め上げる大量の出血は、しだいにランスから立ち上がる力を奪っていった。

 やがてランスが立とうとしても叶わず、がっくりと片膝をついたとき、ソーンは剣を下ろした。

 勝負は決したと判断したのだ。

「さすがです、『救世者』ランスさん。一度であれ、私に反撃を当てたのは驚きでした。

そんなあなたを倒すのは本当に残念でなりませんが、思いとどまるわけにはいきません。ひと思いにとどめをさします」

 ソーンは、内心の苦悩をありありと表しつつも、剣を振りかぶる。ランスの首を落とすつもりらしい。

 ユリはあまりの恐怖に、ソーンを止めることができない。己の無力さを悔やみながら、ただ膝をついてその場にくずおれた。

 もはや絶体絶命か。

 だが、そう思われたところに助けが入った。

「待たれよ!」

 息せききって現れたのは、クローディアだった。

 崩れかけた医院の戸口に立って、自らの剣を抜き放ち、ソーンに向けている。

「ランスを殺させるわけにはいかない。

戦いの手を止めぬならば、私が相手をいたす。心せよ!」

 ソーンは、思わぬ展開に怯んだが、すぐに我に返り、剣を構え直した。

 そして、彼女に向かってこう言った。

「クローディアさん。あなたがただ者ではないことも、知っているつもりです。

ですが、どうやって私を止めますか?」

「戦って止める。好ましいことではないが、もはやそれしかないのであろう」

 眉間に皺を寄せ、鋭い眼光を送るクローディアに対し、ソーンも厳しい表情で言い放った。

「よいでしょう。やってみてください」

 クローディアは、一瞬ためらいつつも、呪文の詠唱に入った。

「Dauza! Rauza-ann-eht-palt-mehnu-mehnu-stol!」

 神聖魔術の攻撃呪文だ。

 舞にも似た体裁き。複雑に組みかえられる彼女の指先が青く輝き、光の軌跡をつむいでいた。

「Maximum Shoot!」

 流暢な詠唱にのって、呪文が発動する。

 一気に突き出された彼女の指先の光が宙に踊り出し、五本の光の矢となってソーンに飛ぶ。

 矢はいずれも、狙い違わずソーンの体をとらえた。

 主神オーゼスの強力な攻撃呪文。高位の魔物を一撃でしとめるための、強力な呪文だ。いかに雷光の騎士といえど、これで相当な重傷を追わせられるはずだ。

 しかしソーンは、表情一つ変えずに、その場に立ち続けていた。

「なぜだ、かなりの打撃を受けたはずだ。昏倒させるつもりの威力で放ったのだが」

 動揺するクローディアに、ソーンが語る。

「無効化したのですよ。この防具が、あなたの呪文を。

雷光の騎士の防具は、高い確率で呪文を無効化します。

呪文で私に勝負するのは、いささか分が悪いですよ」

 純白の武装は、やはり見かけ倒しではなかった。高い物理防御力に、高い魔法防御力まで備えていた。

 魔法防御力をもった防具など、滅多に存在するものではない。旅によって見聞を深めたクローディアですら、一度とてその力を目にしたことがないほどだ。

 彼女にとっては、手痛い誤算であった。

 やぶれかぶれになったクローディアは、剣を握り直してソーンに襲いかかる。

「ならば、剣でそなたを倒す!」

 しかし、もとよりクローディアは剣の専門家ではない。護身用として身につけた程度の技で、伝説の戦士に歯が立つわけなどない。

 ソーンの一撃で吹き飛ばされると、頭を強打してそのまま倒れ込んだ。

「残念なことですが、クローディアさん、あなたのお命も頂戴いたします。

ランスさんにとどめをさしたら、次はあなたです」

 今度こそ助けはいない。もう、ソーンに倒される運命は変えられないのか。この絶対的な力をもった雷光の騎士を前に、なすすべはないのか。

 意識が朦朧とするなか、クローディアは悔しくて歯噛みした。

 その時クローディアは、ジョーの幻を見た気がした。


「助けてくれ、ジョー!」

 懇願するクローディアに、ジョーは、にかっと笑って言った。

「その必要はねえ」

「なぜだ!? これほどまでに強い敵を前に、いったいどうすればよいのだ!」

 飾らない、剥き出しの深層意識そのものとなっている今のクローディアは、普段より随分と弱気だった。

 そんな彼女にジョーは、笑顔を絶やさず答えた。

「見守っていればいい。

クローディアが考えている以上に、ランスは強い。それを見てやってくれ」

「ジョーは……ジョーはどうするのだ。助けてくれないのか」

 ジョーはおどけて、肩をすくめて見せた。

「悪いな。俺には、行かなきゃならないところがあってな。

今回の一件の裏で糸を引いている奴に、お仕置きをしなきゃいけねえんだ。

というわけで、じゃあな!」

 そしてジョーは踵を返すと、かき消えるように姿を消した。

 その時、大きな悲鳴が響き渡り、クローディアははっと我に返った。

 今の声は、誰のものだったのだろう。

 そう思いながら顔を上げると、そこには意外な光景が展開していた。

 ランスは苦しそうに地に膝をついたままだ。

 ソーンは、そのランスに剣を突きつけていた。

 しかしその彼の背に、誰かが腕を突き立てていたのだ。

 その腕は、ソーンの鎧の隙間に突き刺さり、腹まで抜けている。そしてそこからは、おびただしい量の血が吹き出していた。

 悲鳴はソーンのものだったのだ。

 そして彼を背後から不意討ちした者の正体は、ユリだった。