世界と黒天王3・第11回

光風暦471年6月3日:狂気の交錯

 何が起きたのか、その場の誰も、即座に理解できなかった。

 不意討ちを受けたソーンはもちろん、ランスもクローディアも、そして当事者であるユリですらも。

「まさか、このような時に発現するとは……」

 ソーンは腹を貫かれたまま、苦痛に顔をしかめながら、背後に目をやる。

 するとそこには、恐怖や驚きでいっぱいに目を見開いたユリの姿があった。

「私、なぜこんなことを……体が勝手に」

 ソーンの血しぶきが、彼女の顔を染めていく。それが、彼に致命傷を負わせた事実を彼女に実感させ、彼女の目に涙が浮かんできた。

「分からない……どうしてソーン先生を、こんなことに」

 そして彼女は、声を限りに叫んだ。

「嫌あああああっ!」

 しかし、彼女の体は、まったく彼女の意思を受け入れようとしない。ものすごい勢いで腕をソーンから引き抜くと、さらに彼へと攻撃を加える。不意討ちに加えて、激しい苦痛に襲われているソーンは、防御もかなわず全ての攻撃をその身に受けた。

 ユリの一撃はあまりにも強力かつ正確で、高い防御力を持った防具の隙間を的確に狙っている。一撃ごとに、ソーンの腕や足の骨が砕ける、鈍い音がする。

 そしてソーンは、あまりの苦痛に再び悲鳴をあげつつ床へ崩れた。

「なぜだ……魔物の思考が体を支配しているのに、ユリとしての意思がなぜ同時に」

 ソーンは、苦痛と同時に、悔しさや悲しさの混じった声でうめいた。

「これでは、あまりに残酷だ……こんなはずではなかった。

ユリは、何も知らずに居続けられるはずだった」

 ユリは、自らまったく抑えがきかず、ソーンにとどめを刺そうと構えている。

 そして、体の制御がきかないまま理性を残した彼女は、今にも発狂しそうになりながら、虚ろな声で言った。

「この町に現れていた魔物、私だったんですね。

夜ごとに現れて、町を破壊していた悪い魔物は、私だったんですね」

 血に染まった彼女の頬を、涙が伝った。

 そんな彼女に、肯定の言葉が投げかけられた。

「そうだ」

 それは、ソーンの言葉ではなかった。

 ソーンの傍らに、突如として声の主が現れたのだ。

 黒い長衣をまとい、風除けを目深にかぶった男が、何もない空間からにじみ出るように現れたのだ。

 男はきっぱりと告げた。

「病に倒れたお前を蘇らせるため、この医師は手段を選ばなかった。

蘇らせるための手段を、やみくもに探し求めた。なんという深い愛情であろうか。

その気持ちに心を打たれて、私が力を貸したのだよ」

 何者とユリ達が問う前に、ソーンが男の名を口にした。

「トワイライト……貴様、たばかったな。

いつか必ずユリは、安定した完全な生命を取り戻すと言っていたはずだ」

 トワイライトと言われた男は、したり顔で応じた。

「私は嘘などついていないよ、ソーン」

 ソーンが、息を切らしながら怒鳴る。

「嘘でなければ何だと言うのだ。

ユリを蘇らせるときに、貴様は言った。

『魔物を土台にした生命にユリの記憶を植え付けるため、しばらくは魔物とユリの意思が交互に顕現して不安定となる。しかし、時がたてばやがて安定する。そのときにはユリの思考だけが残り、完全な生命として復活を遂げることになる』と」

 トワイライトは、涼しい顔で答える。

「確かにそのとおり。私はそう約束した」

 そして、喜色満面で言った。

「事実、そうではないか。こうして少女の思考だけが残っている。

魔物の思考はここにはない。ただし、体の自由はないがな。

少女の思考を保ったまま、強靭な肉体を有し、魔物としての破壊力を持った生命体。

それが今ここに、完全に復活したのだ。喜ばしいことであろう」

 息も絶え絶えのソーンが、烈火のごとく怒る。

「喜ばしいだと……戯言を!

ユリを元に戻せ!」

 トワイライトは、そんなソーンを嘲笑した。

「それはできんな、ソーン。

私とて神ではないのだよ。私も、私にできる方法で彼女の記憶を現世に蘇らせた。

これ以上のことなど、どう頑張ってもできはしない」

 そして、こう言い残して、彼はその場から消え去った。

「それではごきげんよう。愚かな医師殿、哀れな少女、そして少女に殺され行く者達よ」


 ユリを支配している魔物は、瀕死のソーンには興味を失ったようで、ゆっくりと彼から離れた。そして、次の標的をクローディアに定めた。

 ゆっくりとクローディアの方に向きを変えるユリ。彼女に残ったユリ自身の思考は、必死でそれを抑えようとしているが、やはりまったく体の制御がきいていない。

「嫌、嫌! 私、こんなことしたくない!

誰か、誰か助けて! 私を止めて!」

 しかしその叫びも虚しく、彼女はクローディアに飛びかかる。

 クローディアは、必死で体をひねり、すんでのところで攻撃をかわすが、頭を強打して朦朧とした意識のもとでは、それが精一杯だった。彼女はそれ以上の動きをとれず、再び床に倒れ込んだ。

 その様子に勝利を確信したのか、ユリはゆっくりと、とどめの一撃の構えをとる。

「嫌あああっ! お願い、誰か私を……私を殺して!」

 半狂乱になって叫ぶユリ。しかし、この状況で誰が彼女を止められようか。

 クローディアの命運は決したと思われた。

 しかし、ここで彼女に声をかける者があった。

「分かった。君を……殺そう」

 ユリを支配する魔物は、本能的に危機を悟り、その声のほうへと振り向いた。

 ランスだった。多数の深手を負ってなお、彼はゆっくりと立ち上がった。

「ユリ、英雄になりたいって言ってたね」

 ランスは、一歩前に踏み出す。一撃を受ければ致命傷となるはずの彼に、なぜかユリは気押された。本能的に恐怖を感じるのか、彼女の体は一歩後ずさった。

「英雄っていうのは、栄誉をほしいままにできる、華やかな存在だ。

でもね、その反面で、決して弱音を吐いちゃいけないんだ。

みんなの期待に応えるために、どんなことからも逃げられない、どんなことにも立ち向かわなければならない」

 ランスは、今にも泣き出しそうになりながら続けた。

「そんな苦痛や悲しみを背負って、初めて人は英雄になれるんだ」

 クローディアは、やっとのことで身を起こすと、固唾をのんで二人の動向を見つめていた。

 いったい、ランスはこの事態をどう終息させるというのだろう。

 どう考えても勝ち目などない。彼を圧倒的な力量差で破ったソーンですら、ユリにはかなわなかったのだ。

 しかし、ランスはユリに勝つ気でいる。やぶれかぶれの、捨て身の攻撃なのか。

 ソーンも、大量の出血によって霞む意識のなか、驚愕の念を込めてランスを見ていた。

 いったい、彼にどんな勝算があるというのだ。なぜ、逃げもせずに戦うのか。

 ランスの行いは、ソーンの常識を超えていた。

 そんな二人の疑問に、ランスが発した声が答えを与えた。

「ユリ、いま苦しみから解放する。君の苦しみは、僕が背負う」

 ランスは大きく息を吸い込み、そして叫んだ。

「Lighten out!」