世界と黒天王3・第9回

光風暦471年6月3日:疑念の真相

「ユリ、こちらに来なさい」

 ソーンの声は、やはりあくまで穏やかだった。しかしユリは、ランスを閉じ込めたソーンに恐怖を感じているようで、動こうとしない。

「さあ、早く来なさい」

 しかし、彼女にとってソーンの存在は絶対であるようだ。再び促されて、しずしずと彼のもとへ動いた。

 ソーンはユリを自分の背後に回すと、ランスに言った。

「ランスさん、お願いです。地下室に戻っていただけませんか」

 ランスは即座に答えた。

「嫌です。このままおとなしくしていることは、できません」

「やはりそうですか。残念です」

 ソーンは、作ったものではない心からの悲しみを表情にたたえていた。

 そして彼は、傍らに立て掛けていた剣を取り上げ、ランスに手渡した。ランスから奪っていた剣だ。

 ランスは「なぜ?」と意外そうな顔をしたが、すぐにソーンの意図を悟り、表情を引き締めた。

「戦えということですね。ソーンさん、あなたと」

「はい。あなたには、知られてはならないことを知られてしまいました。

このままあなたを野放しにすることは、できないのです」

 ランスに剣を渡したソーンは、丸腰で立っている。しかし彼からは、悲しみとともに、ただならぬ気迫が漂ってくる。

 一触即発の状況に、ユリが耐えられなくなって叫ぶ。

「知られてはならないことって、何なんですか先生!

どうしてランスさんと戦わなければならないんですか!」

 ソーンは答えた。

「全ては私の責任なのです。

私がもっと有能だったなら、ランスさんに秘密を知られることもなく、ひいては秘密自体を作ることもなかったのです」

「訳が分かりません! 先生がいったい、何をしたっておっしゃるんですか!」

 ソーンとランスが地下室でしたような会話が、ふたたび繰り返される。

 ソーンは、長い沈黙の後にこう言った。

「この町に、夜な夜な魔物が出る件についてです。あれは、私のしたことが原因なのです」

「どういうことですか……?」

 ソーンは観念して、経緯を語り始めた。

「かねてより私は、医術の腕に高い評価をいただいていました。

そして、自らを強く律しなければならないと思いつつも、その評価に有頂天になっていたのです。

そんなある時、町の住人が重い病にかかりました」

 ランスやユリが話を呑みこめたかを確かめつつ、ソーンは間をとって話し続ける。

「その人は、病によって体力を奪われ、衰弱しきっていました。

私は懸命に治療を施ししまたが、残念ながらその人は息を引き取りました。

本来なら、そこで終わりだったはずのことです」

 ランスもユリも、沈黙して話に集中している。

「ですが、私は思い上がっていました。私にできないことなどないと思っていたのです。

私は、自らの医術によって死者をすら蘇らせられると信じ、それを実行に移したのです」

「実行に移したって……成功したのですか?」

 ランスの問いに、ソーンは首を横に振る。

「いいえ。先に地下室で話したとおりですよ、ランスさん。

死者すら蘇らせられるような技があれば、どれだけよかったことか、と。

医術は生命を健やかに保つためのもの。ひとたび失った生命に対しては、残念ながら力は持ち得ません」

「では、その人はどうなったのですか?」

 今度はユリが質問した。よい答えが返ってこないと分かっていながら、問わずにはいられなかったのだ。

「その人は意識を取り戻しました。ただしその人そのものとしてではなく、別種の生命との融合によって」

「融合?」

 思わぬ言葉を耳にして、ランスがおうむ返しにそう言った。

「ある術者の力を借りたのです。

他の生命をよりしろにして、そこに生前の者の記憶や考えをすり込みつつ、肉体を生前の者の姿に再構成するという方法。

その術者は、これを融合と呼んでいました」

「よく分かりません……結局その人は、どうなったのですか?」

 恐る恐る尋ねるランスに、ソーンは続ける。

「その人は、生前の姿や記憶を保って蘇りました。

実際には生前の情報を他の生命に転写した形なのですが、事実上蘇ったという見方もできると思います。

ですが、突き詰めれば別個の生命であることに変わりはなく、そこに弊害が生じたのです。

ときどき、土台にした生命の本来の思考が表面化するようになったのです」

 ランスは尋ねた。これが一番嫌な質問なのだと、薄々感付きつつ。

「土台にした生命とは、いったい何なのですか」

 ソーンは、苦渋の色を強めながら答えた。

「土台には、二度と病に負けないよう、強い生命力を持った存在を選びました。

反面、生前の人の記憶を表現するのに、土台にする生物の知性は関係ないと考えました。

それゆえに選んだのは、魔物でした」

 ここで一呼吸おいてから、ソーンは続けた。

「それが、思いもよらず弊害となりました。

融合が不完全だったのか、時折土台にした魔物の本性が表面化するようになったのです。

本能のままに暴れて、見たものを破壊する怪物。これが、町を荒らす魔物の正体。私が作り出してしまった魔物なのです」

 すなわちこれが、ユリの正体にほかならない。

 それを知らないユリと違って、ランスにはとりわけ強い衝撃となった。

「そしてランスさんは、昨夜その正体を知ってしまいました。

その秘密を知ったまま、自由にさせるわけにはいかないのです。

だから、ここで戦わせていただきます、全力で」

 そしてソーンは、緩やかに戦いの構えをとった。

 これに対してランスは、戦いたくない一心で、脅しの言葉を口にした。

「ソーンさん、戦いはやめましょう。

僕は……『救世者』の称号を受けた存在です」

 その言葉に、ユリが息を飲んだ。

 ランスに抱いている感情に、今の一言がさらなる感嘆を重ねたようだった。

 ランスは、ユリに微笑んだ。安心してほしいという意図を込めて。そしてこう付け足して、ソーンの戦意をくじこうとした。

「たとえ相手が小山のような竜だったとしても、僕はたやすく倒すことができます。

あなたが熟練の戦士でも、簡単に後れは取りませんよ」

 彼の期待どおり、ソーンの顔に動揺の色が浮かんだ。しかしソーンは、それでは挫けなかった。

「あなたが穏やかな物腰とは裏腹な腕をお持ちだということは、これまでの身のこなしから気付いていました。

まさか『救世者』だとまでは思いませんでしたがね。

ですが、それで引き下がるわけにもいかないのです。

私は、あなた方が隣町で出会った『剣の担い手』リリベルの師です。彼女がそうであったように、私もたやすく敗れはしません」

 そう言うと、彼は構えをとった右腕を、自らの脇へと一振りした。

 するとそこに、稲妻のような閃光を伴って、一振りの剣が姿を現した。

 持ち主の召還に応じて現れる剣。並大抵の武器ではないことは明白だ。

 それを見たランスが、思わずつぶやくように言った。

「雷光とともに現れるその剣……」

 彼の声には、かすかに戦慄が混じっていた。

 ソーンは、薄く微笑んだ。決して勝ち誇っているわけではない。そこにあるのは悲しみだった。

「ご存じでしたか、この剣を。さすがは『救世者』殿です。

去り行く者への礼儀として、お見せしましょう。私の正体を」

 そして彼は叫んだ。

「Lighten out!」