世界と黒天王1・第5回

光風暦471年5月11日:暗転

 突然の一言に、一転して緊張がその場を支配する。

「なんだと、前よりも多いだって!?」

「くそ…どうしてこんなに、しつこく狙われるんだ!?」

 先程までとは違う種類の騒乱のなか、人々はあくせくと走り回っている。

 その様子を見ながら、ようやくジョーが食事の手を止める。

「まったくだぜ。奴ら、しつこい限りだ」

「うん…どうしたものかな」

 そんな二人に、立ち上がったクローディアが、決まり切った口調で答える。

「また来たなら、また追い払うのみだ。

ただし今度は、もう少し手痛い仕打ちを加える必要があるが」

 それを聞き届けた町の住人達が、やや落ち着きを取り戻す。

「クローディア様、またお助けくださるのですか?」

「お願いです。どうか私達を守ってください!」

 救いを求める人々の声に、クローディアは優しい笑顔で応じる。

「任されよ。皆様には、一切の危害を加えさせない」

 その言葉に勇気づけられた人々から、歓声があがる。

「それでは、行ってくる」

 手を挙げて歓声に応じたクローディアは、足早に町の外に向かう。

 そしてジョーやランスも、前回のように彼女について歩いていった。

 期待に満ちた人々の眼差しを背に受けながら。

「大丈夫なのかい、クローディア? 今度は前とは違うよ、きっと」

「ご心配かたじけない。しかし守る存在がある以上、私は敗れたりはしない」

 その会話を聞いたジョーが、ぼそっと口を挟む。

「でもよ。魔物がいくらバカだからって、あんだけしつこいのには訳があるぜ。

奴らの目的は何だろうな」

 それを聞いたクローディアの表情が、一瞬曇る。

「それは…」

 彼女は答えを続けようとしたが、それは、地を揺るがすような魔物の口上に遮られてしまった。


「貴様らか、魔法で我が手の者を撃退したというのは。

礼をしに来た」

 口上を述べたのは、レッサー・デーモンという悪魔の一種。

 人に近い姿のデビルと違い、こちらの姿は獣に近い。

 一般的に、この世界で目撃されるデビルとデーモンとでは、デビルのほうが強力な場合が多いのだが、この個体は別格のようだ。

 先のデビルのような荒ぶる様子も感じられず、それこそが彼より格上であることをほのめかしている。

「礼はいらぬ。この場より立ち去り、人々に危害を加えぬことこそが、我が望みである」

 臆さず屈さず、クローディアは答える。

 デーモンは、表情一つ変えず、それに応じる。

「貴様が降伏して、我らに身柄を委ねるならば、その望み、聞き届けよう」

「断る」

 クローディアは即座に答えた。心なしか、その表情は堅く、そして暗い。

 そうした彼女の横顔を、ジョーは腕組みをしながら見つめていた。

 そして。

 三人の背後から、町の人々が成り行きをじっと見守っていた。

 先の鮮やかな腕前を見て、クローディアを信頼しきっているのだろうか。

 かなり近くまで寄ってきて、固唾をのんで様子をみている。

 デーモンは、彼女達を一瞥しつつ、淡々と告げる。

「では、攻撃を開始する」

「させぬ! Dauza! Eht-Ann!」

 手下に号令をかけるデーモン。

 同時に、すかさず呪文を唱え始めるクローディア。

 鬨の声をあげて迫る魔物が、彼我の距離を詰め切るのが先か。

 それとも、クローディアの呪文が完成するのが先か。

「ミナゴロシダアッ!」

「Cesta! Rauza-mehnu-stol-bau!」

 クローディアを守るべく、ランスが剣を構えて彼女の前に躍り出る。

 ジョーも、町の人々を守ろうとしてか、緩やかに闘いの構えをとっている。

 そして。

「Super Blast!」

 僅差で機先を制したのは、今回もクローディアの呪文だった。

 赤い光が、魔物達の目前の空中に生じ、それが弾けるように周囲を染め上げた。

 耳をつんざく轟音と、信じられないような勢いの爆風が襲いかかる。

 爆風は魔物を焼き飛ばし、後ろに控えたデーモンにも致命的な打撃を与えた。

 その手際を見て、思わずランスがつぶやく。

「すごい…今度は精霊魔術だ」

 セイントと呼ばれる者がいる。自然界にあまねく存在する精霊の力、そして神の奇跡の力、その両方を駆使できる高位の術者だ。

 クローディアは、そのセイントであるらしい。セイントとは「聖者」の意であり、「西方の聖者」の称号を持つ彼女にはふさわしい階位といえる。

 彼女が今唱えたのは、風の精霊ジンの力を操る、風系(かぜけい)精霊魔術。その中にある、爆発系の呪文の一つだ。

 一撃で、魔物達は壊滅的な打撃を受けた。

 既に形勢は決し、危険は去った。

 ……かのように見えたのだが……。

「うわああああっ!」

 突然、背後の町の人々の中から、叫び声があがった。

 弾かれたように振り向くクローディア達。

 彼女達が見たものは、全身に傷や火傷を負って息絶えた一人の女性と、彼女を抱きかかえて叫ぶ負傷した男性だった。

「パメラ! おいパメラ! 頼む、返事をしてくれ!」

 今の壮絶な爆風の巻き添えにあった住人がいたのだ。

 クローディアの血色が、みるみる失われていくのが分かる。

 彼女は、慌てて彼らに駆け寄ろうとするが、住人達の視線に気付いて、すくんだように足を止めた。

 住人達は、凍り付いたように立ちつくしていた。

 ほんの数瞬前まであったクローディアへの信頼も、消え失せていた。

 そして代わりに、命の恩人に対して湧き起こる底知れぬ恐怖だけが、彼らをとらえていた。

「そんな…馬鹿な。

私は……私は……」

 蒼白になったクローディアは、うめくようにつぶやいた。