世界と黒天王1・第4回

光風暦471年5月11日:宴の中で

 町に戻った三人は、今が夜中であるにもかかわらず、大きな歓声をもって迎えられた。

「すごい、すごいぞ!」

「あんなに魔物がいたのに、あっという間に追い払ったなんて!」

 恐れおののきながらも、人々は一部始終を食い入るように見守っていたのだ。

 そのため、クローディアの鮮やかな手際も、語るまでもなくすっかり知れ渡っていた。

「お嬢さん、お見それしました。あれほど鮮やかに呪文を操るとは!」

「いや、それほどでもないが……」

 クローディアはすっかり町の人に囲まれて、そしてもてはやされていた。

「本当にあなたは、私達の命の恩人です!」

「何とお礼を申しあげればよいか……」

「いや、私は当然のことをしたまで。お礼には及ばない」

 口々に感謝の言葉を述べられ、クローディアは困ったような笑顔を浮かべて、言葉少なに答えていた。

 彼女は、こうしたもてなしには慣れずに照れているらしく、助けを求めるようにジョー達を見た。

 ジョーは目が合うと、ふんぞり返って笑い声をあげる。

「いいじゃねえかよ。感謝されてんだから、素直に浮かれてろって」

 ランスも、困ったような顔はしているが、にっこり笑ってうなずき、ジョーに賛同している。

 クローディアは、観念したように溜息をついて、今しばらく、喜びを満面に表す人々に、もみくちゃにされていた。


 そして翌日、ささやかながら、町の恩人への祝いの宴が催された。

 住人がめいめいに作った料理が広場に持ち出され、数は少ないながら真心のこもった飾り付けも、あちこちにされている。

「急ごしらえですので、大したことができず申し訳ないのですが、どうかごゆっくり楽しんでいらしてください」

 宿屋の主人にそう言われ、クローディアやジョー達は広場に連れ出された。

 広場に出たクローディア達の姿を目にするや、人々が再び歓声をあげる。

「皆様のお気持ち、この上なく嬉しい。心から感謝している」

 宴に驚きつつも、宿屋の主人に深く頭を下げるクローディア。

「んでもさ、ご主人。俺やランスも呼ばれちまっていいのかい?」

「ジョーの言うとおり、僕たち、何もしてないからね」

 ジョーはしれっと、ランスは萎縮ぎみに、主人に問う。

 主人の答えは、あくまでも明るい。

「もちろんだよ。二人も、私達を助けに、一緒に町の外に向かってくれたんだ。

その勇気は、十分にお礼に値するものだ」

「嬉しいことを言ってくれるね。んじゃ遠慮なく、俺達も楽しませてもらうぜ」

「ああ。そうしてくれると嬉しいよ」

 そうして主役を迎えて、宴が始まった。

 人々と一緒に、思い思いに食事をとり、話し込む三人。

 三人とも、とても人々の受けがよく、和やかな雰囲気で時が過ぎていった。

 そして、もう宴も終わろうかという、夕刻のこと。

 町の住人の一人が、クローディアにこう質問した。

「クローディア様は、どうしてあんなにお強いんですか?」

 クローディアは、至極真面目な顔をしつつ、静かにこう答えた。

「強いかどうかは何とも申せぬが、一つには努力があったからであろうか。

呪文の勉強は、今も真剣に続けているゆえ。

そしてもう一つには、私が人間ではないことがあるのであろう」

「え? 人間ではない?」

 住人達やランスが、驚きの声をあげる。

 反面、やはりジョーだけは、その話を聞きながらも、平然と食事を続けているのだが。

 クローディアは平静なまま、うなずいて答える。

「私は、人々の手によって作り出された存在だということだ」

「人々に作り出されたって……誰でもそうなんじゃないですか?」

「私は母親から生まれたのではなく、ある国の研究施設で『製造された』とのことだ。

そして私は、私を『製造した』人々によって、人間とは異なる力を与えられている」

 それを聞いて、人々は一瞬ざわめくが、浮かれた祝賀の雰囲気がそれをはぐらかした。

「まあ、そんなことはどうだっていいさ。

クローディア様は、私達を救ってくださった恩人なんだから」

 そして再び明るい騒ぎが始まり、すぐにその話題は忘れ去られた。


 その後、しばしの時がさらに過ぎて、いよいよ宴も終幕にさしかかった時のこと。

「大変だ!」

 息せき切って駆け込んできた住人の一人が、宴の場に急の知らせを告げた。

「魔物だ! また押し寄せてきた!

今度は前より数が多い!」

 宴の浮かれようは一瞬で消し飛び、場の雰囲気が一転した。