世界と黒天王1・第3回

光風暦471年5月10日:戦う聖者

 知らせに違わず、町の外には、何百体という数の魔物がいた。

 鋭い眼光をたたえた、屈強な魔物の数々が、一斉に三人を睨み据える。

 そして、ひときわ強そうな魔物の一体が前に進み出た。

 浅黒い肌で、長身の、筋骨隆々とした姿。背中には、鍵爪の生えた翼がある。レッサー・デビルという、悪魔の一種だ。

 「悪」の神である「魔神」に仕える、油断のならない強力な存在だ。

 その悪魔が声を発した。

「くっくっく。出てきたか」

「町に危害を加えさせるわけには、いかないからな」

 クローディアが同じく前に出て、魔物に応じる。

「まったく、殊勝なお言葉だぜ。

よし。貴様がおとなしく身柄を俺達に引き渡したら、町には危害を加えないでやろう。

どうだ」

 口の端を吊り上げて、魔物は笑っている。

 そんな魔物に、クローディアは一言答える。

「断る」

「そうかい。親切に、平和な解決策を出してやったのに、断るのかい」

「うむ」

「じゃあ、可哀想だが死んでもらうとしよう。町の奴らも、その後で皆殺しだ」

 悪魔のその言葉を引き金として、魔物達が一斉に闘いの構えをとる。

 武具が擦れ合う音とともに、えもいわれぬ殺気が押し寄せてくる。

「これだけの魔物と戦うっていうのは……ちょっと困ったな」

 背中の大剣を抜き払いながら、ランスが言う。

「心配は無用だ。手早く片を付ける」

 クローディアは、ランスを安心させるように笑顔を見せた。

「手早くって…」

 と疑問を言葉にしようとしたランスを、悪魔のかけ声が遮る。

「行くぞ、死ね!」

 それと同時に、クローディアが大きな声で叫んだ。

「Dauza!」

 その声に、魔物達が一瞬ひるむ。

 声の大きさにひるんだこともあるが、より大きな理由は、その言葉によるものだった。

「Rauza-ann!」

 呪文だ。術者が操る、超常の力、魔法。それを発動させるための言葉を、クローディアはつむいでいるのだ。

「神聖魔術だ」

 つぶやくランス。この世界には、魔術と呼ばれる、4つの魔法の体系がある。精霊の力を借りるもの、神の力を借りるもの、自分の精神のみを力の源とするもの、そして魔神の力を借りるもの。そのうち、神の助けを借りて行使する魔術が、ランスの言う神聖魔術だ。

「あの呪文、オーゼスの神聖魔術だな、ランス」

「うん」

 人々に信仰されている神は四柱あって、「四大神」と呼ばれている。

 四大神は、それぞれが独自の神聖魔術の系統を編み出している。

 そして、そのうちの主神の名をオーゼスという。

 彼女が操る主神の魔術は、比較的攻撃に力点が置かれている。

「Cesta! Palt-mehnu-hine-stol!」

 彼女は、8節に定型化された呪文を詠み唱える。

 すると、複雑に所作を変えるクローディアの手が、まぶしく青白い光を発し始める。

 悪魔は叫ぶ。

「構うなっ。殺せ!」

 その言葉を受けて魔物達が一斉に飛び出すが、その瞬間、呪文が完成した。

「High Shoot!」

 クローディアの手から、青白い光の矢が2本、放たれた。

 矢は複雑な軌跡を描いて魔物達の間をすり抜けて。

 それを避けようとした悪魔の体を、狙い違わず貫いた。

 身の毛がよだつような叫び声をあげて、その場に倒れる悪魔。

 魔物達は顔色を失って動きを止め、じりじりと後ずさりを始めた。

 そんな魔物達に、クローディアは高らかに宣言する。

「手心は加えてある。ゆえに死んではいない。

しかし、これ以上攻撃を続けるならば、次は命をいただく」

 首領を失った魔物達はすっかり統制を失っていた。

「お、お頭っ!」

「ち、覚えていろ!」

「このまま済むと思うなよ!」

 叫び声に混じって、口々に捨て台詞を残しながら、魔物達は悪魔を運びつつ、蜘蛛の子を散らすように逃げ去った。

「殺生はせずにすんだな」

 肩の力を抜いて、クローディアがつぶやく。

「すごいよ、クローディア。呪文の威力もだけど、呪文一つで魔物を追い払うなんて!」

「まったくだ。こいつにゃ俺も、驚いたぜ」

 ランスやジョーが、クローディアを讃える。

 クローディアは、はにかむように微笑んで答える。

「本当に、これで終わってくれればよいのだがな」

「だな。あいつら魔物は、こういうことにかけちゃ、しつこいからな」

 肩をすくめて応じたジョーは、その時不意に、周囲の気配から何かを感じとった。

「(何か、まだいる。俺達の様子を伺っている)」

 しかし、ジョーがそれに対して反応を示す前に、その気配は消え去った。

 ジョーはほんの瞬間沈黙して、そして二人の仲間に、にっと笑いかけた。

「ま、気にしても始まらねえさ。とにかく町に戻ろうぜ」