世界と黒天王1・第2回

光風暦471年5月10日:少女の横顔

 その日の夕方。

 ようやく目覚めたジョーは、盾ばかりか剣の手入れまですっかり終わったランスと一緒に、今夜の宿を求めてレイザンテの町に入った。

 通りには、日が暮れてしまう前に今日の仕事を終わらせようと、慌ただしく動き回る人々が。

 しかし、訪れた旅人であるジョーやランスを目に留めると、みんな笑顔で挨拶の言葉をかけてくる。

「いいところだね、ここって」

 心温まる思いに包まれながら、目を細めてジョーに語りかけるランス。

「そうだな。こういうのって、嬉しいよな。なんてぇか…掛け値なしの親切ってのかな」

 ジョーも、とても喜んでいるようだ。

「でも、あんまりうろうろしてっと、みんな親切なだけに、邪魔になりそうだ。

さっさと宿を見付けて、入るとすっか」

「うん、そうだね」

 そして柔らかな夕陽を浴びながら、二人は宿屋に向かって歩いていった。

 町とはいえ、レイザンテはそれほど大きくはなかった。訪れる旅人も少ないらしく、宿屋は一軒だけだった。

 暮れなずむなか、ジョーは、ランスと一緒にその宿の玄関先までやってきていた。

「ねえジョー」

「おう。どうしたランス」

「宿が一軒だけってことは、さっきの旅の女の人も、ここに泊まってるのかな」

「ん? ああ、そうだな。ここか寺院か、どっちかなのは間違いねえだろうな」

「旅の話とか、できたらいいなって思うんだ。もう一度会えるといいな」

「おう。じゃあ、とにかく入ってみようぜ」

 そしてジョーは、意気揚々と宿屋の扉を開いてくぐった。

 扉の向こうは、オレンジ色のほのかな灯りに照らされた酒場だった。

 酒場と言っても、実質的には宿屋の食堂で、老若を問わず、二階の寝室に荷物を降ろした宿泊客が旅の疲れを癒す場になっている。この世界の宿屋では、定番的な造りだ。

「いらっしゃい。今日は二組目だ。珍しいな」

 町の人々と同様、気さくな口調で主人が声をかけてくる。

「へへっ、そうかい。今夜一晩泊めて欲しいんだけど、部屋はまだ空いてるかい?」

「おうとも。歓迎するよ、お二人さん」

「嬉しいね。ひとつよろしく頼むぜ、ご主人」

 と、ジョーとの間で屈託のない会話が交わされる。

 その間、酒場の中を眺めていたランスは、すぐに先客の姿を目に留める。

 先程の少女だ。片隅に腰を下ろして、食事をとっている。

「こんぱんは。また会えたね」

 にこやかに会釈するランスに、少女も会釈を返して答える。

「先程の方々だな。ごきげんよう」

 そのやりとりを聞いた宿の主人が、一同に問う。

「おや、皆さん、お知り合いなのかい?」

「まあな。さっき道で会ったって程度だけど」

「しかし、こうして再会できたのも何かの縁だ。お二人とも、一緒に食事でもいかがか?」

 やはり、少女のこの話し方に面食らっているのか、ランスは一瞬返答に詰まっている。

 しかしジョーは、やはりまったく気にしていない様子だ。

「おう。まっとうな食事も久しぶりだし、ありがてえ。ランスもいいよな、もちろん」

「う、うん。よろしくお願いします」

「こちらこそ」

 そして二人は、寝室に荷物を降ろしてから、彼女のいるテーブルについた。


「とりあえず、何を話すにも名前からだな。俺はジョーってんだ。フォルテンガイムのジョーだ」

「僕はランス・ダーウィン。ジョーの幼なじみだよ」

 手際よく並べられた料理を前に、三人は話し始める。

 料理にはあまり手をつけずに、少女の様子ばかり見ているランス。

 かたやジョーは、どちらかというと料理に関心がいっているようだ。下品にならない程度に、さっそくよく食べている。

「私はクローディア・グランサム。アリミアから旅をして来た」

 ジョーとランスとの対照的な様子を見ながら、彼女も名乗った。そして、うっすらと微笑む。

 流れるような銀の髪。澄んだ青い目。美人と言うにはまだ齢を重ねる必要があろうが、見る者の心を捕らえて離さないような、そんな印象的な顔立ちだ。今見せた微笑みで、いっそう魅力が増したようにも思える。

「アリミアから? ずいぶん遠くから来たんだね」

 内心どぎまぎしているランスは、やっとのことでそう返した。

 アリミア王国。かつてはヨーロッパと呼ばれた地域に立地する、広大かつ強大な王国。

 世界最高の国力を持つと評され、世界のリーダー役を自認している国だ。

 一方、レイザンテのあるレグナサウト王国や、ジョーやランスの出身国であるフォルテンガイム連合王国は、かつてアメリカ合衆国が存在した位置にある。アリミア王国からの距離は、はかりしれないほどだ。ランスの感想は、もっともなものである。

「あてのない旅だ。距離はあまり気にならない」

 と言って、再び微笑むクローディア。

 そんな彼女に、出し抜けにジョーが尋ねた。尋ねたと言うよりは、ランスに言い聞かせるような話しぶりにも聞こえた。

「アリミアのクローディアって言うと、『西方の聖者』じゃねえのか?」

「……あ」

 今、思わず声をあげたのはランスだ。

 西方の聖者。

 この世界では非常に名の通った聖人だ。

 並外れた知力と徳の高さとを具えた人物で、アリミア王国周辺で数々の偉業を積み重ねてきているとして、世界的に有名な人物だ。

 彼女の仕草に動揺して、そのことに気付かなかったランスも、その人物のことはよく聞き及んでいた。

「御意。多くの方々に、そうお呼びいただけている。

私自身は、まだまだ精進が足りぬ身だと思っているのだが」

 控えめにそう言って、頭を下げるクローディア。

 すっかり舌を巻いたランスが、おずおずと彼女に話しかける。

「『西方の聖者』の噂は、僕もよく聞いてるよ。でも、もっと年をとった人だって思ってた。

あなたを見てびっくりしたよ。とっても若く見えるもの」

「若くても、すげえ奴はすげえってことだ」

 食事の手を止めて、さらっと言うジョー。こちらは、「西方の聖者」の正体に驚いているというより、感心しているといった風情だ。

 そのような有名人を、面と向かって「奴」呼ばわりとは、彼らしいと言うほかないが。

「しかし、あなた達も、このように危険に満ちた世界を、たった二人で旅されておいでなのだ。

ひとかどの方々だとお見受けするが」

 そうクローディアが尋ねたところで、宿の表から慌ただしい足音が聞こえてきた。

 と思うが早いか、宿の扉が開いて、血相を変えた町の住人が一人、駆け込んできた。

「大変だ! 町の外を魔物が取り囲んでいる!」

「なんだって!? 数は?」

「分からない。数え切れないくらい、たくさんなんだ!」

 血相を変えて身を乗り出す宿屋の主人。彼は必死で気持ちを落ち着かせながら、ジョー達に声をかける。

「あんた達、悪いところに居合わせちまったね。こんなこと、今までなかったのに。

運がなかったと諦めておくれ」

 ランスは、ジョーと目を合わせる。

「ジョー。行かないとね」

「おう。突然でびっくりだけど、行くしかねえな」

 と、小声で言葉を交わしていると、彼らの横でクローディアが立ち上がった。

 それを見た主人が、気の毒そうに彼女に言う。

「お嬢さん。あんたにも気の毒なことになった。せめてどこかに隠れていたほうが」

「私が出る」

「え?」

 毅然としたクローディアの答えに、主人は口を開いて呆然とする。

 そんな主人をはじめ、この場に居合わせる全員に、クローディアは凛として宣言した。

「私が魔物の相手をする。皆様には危害は加えさせない。ご安心なされよ」