世界と黒天王・異聞録第2回

光風暦471年5月15日:追跡者の思惑

 風の心地よい、よく晴れた日の昼下がり。

 人の姿をした悪魔達は、イングリットに連れられるように、気落ちした様子で歩いていた。

 悪魔達にとっては、よい天気が心地いいわけでもなく、むしろお目付役のように自分達の自由を奪う「東方の衛士」イングリットの存在が目障りなのだ。

 しかし、イングリットはそんな様子を気にも留めていない様子だ。よほど鈍いのか、あるいはよほどの大人物なのか。しかし、彼女の舌足らずな話し方から判断するに、前者であるような雰囲気が漂っている。

「ねえ、ディクセンさん、ユーノさん」

「何だ、イングリット」

 呑気なイングリットに、いちいち反抗的に悪魔ディクセンが返す。

 しかしイングリットは、やはり調子を崩さない。

「戦士をおいかけて、いったいどうするつもりなんですか?」

 単刀直入な問いに、一瞬、ディクセンは答えに詰まる。

「き、決まっているだろう!

俺達はあいつに復讐するのだ!」

 イングリットは、無邪気な眼差しをディクセンに向けて、首を傾げる。

「俺達の悪魔としての誇りをずたずたに傷つけたあの人間に、報復してやるのだ!

今度は絶対に後れはとらない!

そうだな、ユーノ?」

 突然話を振られて、悪魔ユーノも答えに詰まるが、ため息まじりにこう言った。

「まあ、私は勝負とかにはあまり興味ないんだけどね。

でも、なぜ私達が負けたのか。そしてあいつが何者なのかは、知りたいと思うわね」

 イングリットは、にっこり笑ってうなずいた。

「わたしも、ユーノさんとおなじ興味をもってます。

こうしてやってきたのは、女王陛下の仰せによるものなんですけど、いち個人として、その戦士がどういうひとなのか、見てみたいです」

 そこで言葉を切って、やおらこう継ぎ足す。

「そして」

 悪魔達はその話に興味を抱いたらしく、割と素直に訊ねる。

「そして?」

「ディクセンさんのように、できるならわたしも勝負をしてみたいです、そのひとと。

ひとりの戦士として」


 それからしばらく歩いて、三人は、こんなやりとりを交わした。

「そういえばディクセンさん、ユーノさん。

戦士たちがむかったという町のこと、ごぞんじですか」

「知らん」

「ええ。私も」

「このさきにあるのは、イルバランという町なんですけど、ちょっとかわった話があるんです」

「いったい何の話だ。人間どものことになど、興味はないぞ」

「…そう言ってるくせに、あの男のことは必死になって追いかけ回してるんだからねえ…」

「う、うるせえぞユーノ。……で、いったい何の話だってんだ、イングリット」

「魔剣のいいつたえがあるんです」

「なに、魔剣だと!?」

「はい。ひとの命をすすって、それを力のみなもとにする魔剣だそうです」

「ふうん……そんなものがこの近くにあるのね……」

「はい。町のだれかの家系に、伝わっているんだそうです」

「じゃあ、あいつの行動の目的は、その魔剣を手に入れることなのか?」

「わかりません。でも、その魔剣が関係している可能性は、たかそうですね」

-第2部へ続く-