世界と黒天王5・第10回

光風暦458年11月25日:未来を形作る瞬間

『その存在は、この世界を掌握する意思であり、この世界の全てでもある? それが……僕達の敵だって?』


 クローディアは激しく首を横に振り、叫ぶ。

「断る。そなたがこの世界で何をしようとしているのか、私は知っている。そのようなことに荷担などせぬ!」

 テュエールは微笑んでいる。そしてその笑顔には、残虐さがこもっていた。

「ずいぶん詳しいんだね。おかけで君の正体が分かったよ。

君は未来から来たんだね。神の力を使って、時を越えて。

そして、君の出自も想像がついた」

 テュエールは、刺すような眼差しでクローディアを見据える。彼女に逃げの余地を与えまいとして。

「君は、アウドナルス帝国の『人造魔神計画』の産物だ。もうすぐアウドナルスの研究施設で誕生することになる、人造魔神。違うかい?」

 クローディアは、歯噛みしてテュエールを睨みつけている。その無言の答えこそが、何よりの肯定の証であった。

 テュエールは気をよくして、声をあげて笑った。

「いいことが分かって感謝するよ。僕がアウドナルスの人間に命じた計画、これからうまくいくんだね。将来が楽しみだ」

 クローディアは、強がって反論する。怒りで恐怖を必死に薄めながら。

「黙るがよい。貴様の思いどおりに事が運び続けると思うな。貴様はいつか、きっと倒される!」

 しかしそれも、冷静なテュエールに即座に否定される。

「じゃあ、君の知る限りでは僕は無事なんだ」

「くっ……」

 結局、テュエールをますます喜ばせただけに終わった。

「さあ、おとなしく僕に付いてくるんだ、人造魔神。君のレベルでは、僕に対してはまったくの無力だと分かるはずだよね」

 彼は有無を言わさず、クローディアに手をさしのべてくる。

「く……結局そなたに捕まる運命は変えられないのか……」

 苦渋の表情を浮かべ、立ち尽くすクローディア。

 そんな彼女の背後から、声が響いた。

「そんなことは……させない!」

 そう叫んだのは、ジョーだった。その声は震えている。

 驚いてクローディアが振り向くと、ジョーが拳を握りしめてテュエールを睨んでいた。

 必死に勇気を振り絞って叫んだらしく、及び腰になって睨み上げている。

「ジョー、言ったであろう、そなたは逃げよと!」

 ジョーは、恐怖で荒くなる息を懸命に整えながら、これに反抗した。

「嫌だ。怖いけど……でも、僕は逃げたくない。

クローディアは僕の話を信じてくれた友達だ。友達を見捨てて逃げたくなんかないよ」

 そしてジョーは、クローディアの前に立ち、彼女をかばった。

 それを見たテュエールは、ジョーを嘲笑する。

「殊勝なことだね、人間。でも、君はまったくの無力だ。そういうのを蛮勇って言うんだよね。

それを思い知らせてあげよう、君を消し去ることで。

あ、でも、死んだら学べないけど、まあいいか」

 テュエールの掌が黄色く輝きだす。やがてそれは、黄色い光球となった。おびただしい熱が、そこから発せられている。テュエールはその光球をジョーにぶつけるつもりなのだ。

 それに対して、クローディアが必死の抵抗に出た。

「させぬ!

Dauza! Rauza-ann! Dauza-palt-mehnu-mehnu-stol! Maximum Shoot!」

 彼女は一気に呪文を唱えきり、持てる最大の攻撃魔法をテュエールに叩き込んだ。主神オーゼスの神聖魔術だ。

 目を灼く青白い光の矢が4本、クローディアの手から放たれた。そしてそれは、目にもとまらぬ速さでテュエールに突き立った。

「……言ったはずだよね。君のレベルでは僕には無力だって」

 テュエールには、傷一つすらなかった。高位神の持つ桁外れの魔力をもって、下位神であるクローディアの行使した力を無効化したのだ。

 戦慄するクローディアをよそに、テュエールは片手をあげ、軽く一振りした。

 するとそれだけで、空気が熱を帯び、大爆発を起こした。

「うわっ!」

 ジョーと護衛の騎士は、なすすべもなく吹き飛ばされ、地に叩き付けられた。

「さあ、もう一度言うよ、人造魔神。僕に付いてくるんだ。嫌だと言うなら、今度は麓の町を吹き飛ばしてやるよ」

 万事休す。クローディアは覚悟を決めてうなだれた。

「待て……」

 クローディアの背後から、再び声がした。ジョーだ。

 額から血を流しながら、ふらつく足で立ち上がった。

「僕の友達に手を出すな……」

 これほどの圧倒的な力を見せつけられて、傷を負いながらも、ジョーは引き下がらなかった。自分の中の恐怖と必死に戦いながら、あくまでクローディアを守ろうとした。

「やめよジョー! そなたは逃げるのだ! 私はこれ以上、愛するそなたに……」

 先立たれたくない、と言おうとした。しかしジョーの叫びに遮られた。

「クローディアは守ってみせる!」

 そんなジョーに、テュエールが冷ややかに訊く。

「どうやって?」

 ジョーはクローディアをかばいながら、言った。

「『光の戦士』に会ったとき、僕は技を一つ教えてもらったんだ。禁忌とされる技を」

 そう言いながら、ジョーは腰に吊っていた長剣を抜き、構えた。

「未来の自分の力を借りて使う技。未来の自分の勝利を代償にして使う技。

未来の僕がどれだけ強いかなんて分からないけど、お前みたいな奴に通じるかなんて分からないけど……使ってみせる!」

 そして彼はつたない構えをとり、技の名を叫んだ。

「いくぞ! 時空剣!」