世界と黒天王・異聞録第5回

光風暦471年6月3日:いったい何を

 黒い長衣の男が、森の中で一人立ち尽くしていた。その目から上は、風防けによって隠されていてよく分からない。

 拳を握り締めた彼は、まるで血が通っていないような蒼白ぶりで、身動き一つしていない。

 頬を一筋の汗が伝っているが、彼にはそれを気に留める余裕もないようだった。

「(あの『運命の戦士』は、私の真の名『フォーラ』を知っていた。

それだけではない、我が階位である『イヴァクセン』までをも。

この世界において、その名を語ったことはないはずだ)」

 トワイライトと名乗って、ソーンやランス達の前に現れた男、イヴァクセン・フォーラ。

 彼はユリやソーン達を陥れ、ランスやクローディアをも窮地に追い込んだが、その謀略はランスの予想外の力によって破られ、彼自身も「運命の戦士」ジョーに見つかり、報復を受けた。

 その後もソーン達の一部始終を見続け、大団円を迎えた彼らを見届けた時点で、自らの完敗を思い知らされた。

 加えて彼はその際に、ジョー曰くの「死にも勝る苦痛」を与えられている。

 しかし、彼の体のどこが痛むわけでもない。

 思考能力を蝕まれているわけでもない。

 自覚できる異常は一つもない。

 彼が身じろぎ一つできない理由は、別のものであった。

「奴は、私の正体を知っているというのか?

ならば、私の主のことも?

奴は知っているというのか? 主である『イヴァクス・テュエ…』」

 思わず口をついて出ていた言葉を、彼は我に返って途中で飲み込んだ。

 不用意に口にしてはならないと、かろうじて思考が働いたようだ。

 語ったこともない正体を知られている恐怖。

 そしてそれとともに彼を苛んでいる恐怖について、彼は再びひとりごちた。

「奴は私に、いったい何をしたというのだ……」


 フォーラは、森の中を歩く複数の足音に気づいた。それは既に程近い場所からのもので、しかもこちらに近づいてくる。

 ここまで気付かぬまま接近を許したことは、フォーラにとっては不覚極まりないことであったが、既にどうすることもできず、姿を見せた足音の主と鉢合わせすることになった。

 現れたのは、男女の三人組だ。女二人に男一人。いずれも若そうだった。

 波打つ長い金髪の、ひときわ若い容貌の少女が後に控えている。

 そして残る二人、いずれも黒髪の男女が前になって歩いてきた。

 前列の男女が、賑やかに話している。

「ねえディクセン。これって本当に近道なの? 迷ったりしてない?」

「大丈夫、大丈夫。地図で見たから間違いないって」

「でも、街道のほうが速かったんじゃないの?

こんなに草むらを掻き分けてるんじゃ、まともに歩けやしないわよ。

街道を行ってるナイやダンは、もうナハルに着いてるんじゃないの?」

「細かいことを気にすんなって。

こういう地道な努力が実を結ぶんだぜ、ユーノ」

 疲れた様子の女ユーノと、疲れ知らずの男ディクセン。気心の知れた口調で話している。

 言わずと知れた悪魔達だ。ジョーに敗れてから、今日も今日とて彼の行方を追い続けている。

 彼らはフォーラの姿を目に留めると、気さくに挨拶してきた。

「おっ。こんなところで人に会うとは驚いたぜ」

「こんにちは。あなたも道に迷ったの?」

 と、ディクセンとユーノが口々に声をかける。

 すかさずディクセンがユーノに、「いや、だから俺達は迷ってないって」と釘を刺しているが。

 とっさのことで、フォーラは返答ができない。

 口を半開きにして、どうしたものかと狼狽していると、後ろからもう一人の少女が歩み出て、緩やかな会釈とともに挨拶の口上を述べた。

「ごめんなさい、突然だったから、びっくりされたでしょう?

私は、イングリットといいます。

私達は、ただの旅のものです。安心してくださいね」

 やけにのんびりした口調が、その言葉の内容以上に無害感を漂わせている。

「は、はあ……」

 フォーラはますます調子を狂わされてしまい、そのように気の抜けた返事をした。

 努めて理性を保ちつつ、改めて彼は、現れた三人を観察する。

 緩く波打つ金髪の、幼い顔立ちの少女。イングリットと名乗った彼女は、全身から人形のような無害さを発散しているが、腰に長剣を吊っている。加えて彼女は、どこかの制服らしきものを着けている。

 彼女が軍人だと判断した彼は、自らの知識の中から彼女の正体を割り出した。

 この国の軍、レグナサウト防衛軍の構成員。しかもイングリットとは、東部防衛軍の頂点に座する「東方の衛士」だ。只者ではない。

 「雷光の騎士」「運命の戦士」と、立て続けに想像を絶する力を持った人間に遭遇した彼には、途端にこの少女が恐怖の対象と思えてきた。

 フォーラは動揺を押し隠しながら、残る二人に目をやる。

 ディクセンと呼ばれていた男、ユーノと呼ばれていた女は、どちらも人間ではないらしい。

 人間の敵、悪魔だ。

 彼は、ここまでを人外の知識や洞察力によって読み取り、ますます恐怖を募らせた。

 なぜこの三人は、一団となって旅をしているのか。

 敵同士であるはずの人間と悪魔が、なぜともに旅を?

 悪魔のディクセンとユーノが、人間のイングリットを騙しているのか?

 いや、そんなはずはない。いかに愚かな人間とはいえ、「東方の衛士」と呼ばれる存在なら、易々と悪魔に騙されることもないだろう。

 結果、フォーラは思った。

 理解不能だ。

 不気味だ。

 彼は、やにわにこの場から逃げ出したくなった。

 ソーン達を手玉に取っていた、それまでの居丈高な自信もどこへやら。誇りの全てをランスやジョーに打ち砕かれた彼は、すっかり腰砕けになっていたのだった。以前のディクセンやユーノと、同じ道のりをたどっているらしい。

 しかし、逃げようと思ったものの、体が動かない。

 恐怖に萎縮してしまっているのか?

 フォーラは、自分でも今の自身の状況が理解できなかった。