世界と黒天王・異聞録第4回

光風暦471年5月29日:衛士の期待

「メイナード…どんな人、だったのかしら?」

 ユーノが、不意に切り出されたその話題の主、リリベルに問いかける。

「寡黙で、剛直な方でした。

剣を持っておられましたが、魔術の心得もあるようで、魔剣の力によって生じたヒューイの危機を救ってくださいました。

先日、エブリットさんという方がヒューイを完全に回復させてくださったのですが、そこに至れたのもメイナード様のおかげです。

ここしばらくの間に、恩のある方がたくさんできました」

 と、感極まった面持ちでリリベルが言うが、悪魔達は揃って、彼女の主題とは異なる部分に対して叫び声をあげた。

「エブリット様!?」

 その声があまりにも大きかったので、リリベルは思わず飛び上がった。

「お、驚きました……。エブリットさんをご存じなのですか?」

 ユーノが、こわばった笑顔で取り繕いつつ詫びる。

「ご、ごめんなさいね。変な声をあげて。

その、まあ知り合いというか何というか……ごめんなさい、気にしないでね」

 そして悪魔達は、ひそひそと言葉を交わす。

「まさか、あのエブリット様が人助けなんて、驚いたわね」

「ああ。あの方は、いったいどのようなことを考えて、動いておられるのだろうか。

単純に大きな力を手に入れて、周囲を制圧するおつもりだと思っていたが」

「私もそう思ってた。でも、何か違いそう。

やがて、何かが分かって来るかもしれないわね」

「そうだな。いろいろ気になってきたぜ」

 ちょうどその時、神殿の入り口から悪魔達に声がかかった。

「少しお話を聞かせていただきました。

ジョーさん達をお探しなのですね」

 その声に悪魔達やイングリットが振り向くと、二人の男が立っていた。

 声をかけてきた男は、革鎧を身に着けた、細身の戦士。

 そしてもう一人は、分厚い板金鎧を身に着けた、筋骨隆々の戦士。

 武道大会に出場した戦士達だ。

 大会では、細身の戦士がジョーと、筋骨隆々の戦士がヒューイと、それぞれ戦って敗れている。

 そして今度は筋骨隆々の戦士が、ぶっきらぼうに言った。

「驚かせてすまなかったな。

俺の名はダン、こいつがナイ。

俺達も、ジョーの行方が気になっているのだが、とりあえずここから東、ナハルの町に向かったことだけは掴んだ」

 既にほぼ掴んでいたことではあったが、その情報に対してイングリットが、にこやかに、そしてやはり間延びした声で、感謝の言葉を述べた。

「ありがとうございます。明日には、ここをでてナハルをめざしてみたいとおもいます」

 そして少し間を置いて、彼女はこう付け足した。

「でも、ダンさんとナイさんは、どうしてジョーさんの行方をおうのですか?」

 この言葉に、二人の戦士は顔を見合わせて、そして今度は細身の戦士ナイが礼儀正しく言った。

「あの方の正体が気になるのです。

先日、私達はこの町で開かれた武道大会に出て、そしてジョーさんや、ジョーさんから剣を渡されたというヒューイさんに敗れました。

戦士としてそれなりに誇りを持っていた私達は、敗北は何かの間違いだと思い、大会の後で再度試合を申し込んだのです」

 そこから先は、ダンが続けた。

「その時は、ジョーが剣をヒューイに渡さなかったから、ヒューイとの試合は実現しなかったが、代わりに俺達とジョーとで試合をした。

しかし、何度勝負を挑んでも、俺達は勝てなかった。

毎度毎度ジョーは、素人としか思えないような緩慢な動きで、俺達を捕らえて投げ飛ばした。

最後には、許しを得て二人がかりでジョーに挑んだが、それでも結果は同じだった」

 ダンは、悔しそうな、それでいて胸を躍らせているような、生粋の戦士らしさをありありと表情に見せていた。

 そして再びナイが口を開き、先を続ける。やはりその目は生き生きしていた。

「これほどまでに不思議な戦いをするジョーさんが何者なのか、知りたいと思ったのです。

およそ規格外れな人だということは確かなのですが、どんな素性の人なのか。

それをぜひ知りたいのです」

 そこまで聞いたイングリットは、にっこり微笑んだ。

「わたしたちと、いっしょに行きませんか?」

 二人の戦士は面食らったが、やがて力強くうなずいた。

「たぶん、この先かならず、もういちどジョーさんにあえます。

そのとき、きっと疑問がとける。そんな気がします。

なぜジョーさんに勝てなかったのか、たぶんそのとき、わかるのではないか。

そんな気がするんです」

 その言葉を、居合わせる一同は黙って聞いていた。

 やがてリリベルが、おずおずとイングリットに尋ねる。

「衛士様。ジョーさんは……いったい何者なのでしょうか?」

「わたしにも、はっきりとは分かりません。

ただ、わたしが思っているとおりの、ほんものの戦士であればいいとは、期待しています」

「本物の戦士……」

 リリベルは、ぽつりとそう反芻する。「守り手」という一流の戦士であった彼女自身、その言葉には心の琴線に触れる何かがあるのだろう。そしてその言葉にジョーを重ねようとしているに違いない。

「おのれの弱さを知り、そこからおのれの強さをも知る。

けっしておのれの力にふりまわされず、ひとの心の痛みをおもんばかる。

そして戦いのさきにあるものを、けっして見失わない。

そういう戦士であればいいと、期待しています」

 しばし一同は一言も発さず、イングリットの言葉を噛み締めていた。

 やがてイングリットが、自ら再び沈黙を破った。

「あすには、ジョーさんの後をおうことにします。

早くに出たら、ナハルの町で、さっそく追いつけるかもしれませんからね」

 これから旅立つ一同は、黙してうなずいた。

 そしてややあって、ディクセンが腕組みしながら尋ねた。

「ちなみにだ、イングリット」

 不躾とも評されるような彼の態度にも慣れたもの。イングリットは、やはりにこやかだ。

「はい、ディクセンさん」

「そのナハルの町には、奴らが目指しそうな何かはあるのか?」

 イングリットは、ディクセンの目を見ながら、小さくうなずいた。

「聞くところによれば、ナハルには、ふしぎな術者がいるみたいです。

ほかのどんな術者でもできないような奇跡を、ほどこしてくれるらしいです。

つたえきいた話なので、誇張が入っているとはおもいますけどね」

-第3部へ続く-