世界と黒天王・異聞録第3回

光風暦471年5月29日:さらなる追跡

 ある晴れた日の昼下がり。

 武術大会のあったイルバランの町に、三人の男女が足を踏み入れた。

「さて、やって来たぞ。『魔剣』があるっていう、イルバランに」

 黒くて短く逆立った髪の男が、ふんぞり返って宣言した。

 彼の名はディクセン。旅人のいでたちをしているが、その正体は悪魔だ。

 人間の力では到底太刀打ちできない、恐るべき凶悪な存在、悪魔。

 その存在がいま、人の町に足を踏み入れた。

「じゃあ、さっさと情報収集しましょ。そうすればきっと、あの男のことも分かるはずだから。

気取ってないで、さあ行くわよ」

 つややかな長い黒髪の女が、呆れた様子であしらうように言った。

 彼女の名はユーノ。やはり正体は悪魔だ。

 この悪魔達は、かつてレイザンテの町でジョーに出会い、そして完膚なきまでに打ち負かされている。それで、ジョーの正体を知るために、悔しさ半分興味半分で旅をしているのだ。

「ああ。しかし奴は、魔剣を使って何かをするつもりなのか?

ただでさえ凶悪な奴が、これ以上凶悪になるつもりなのかよ」

 悪魔に凶悪と言われたくもないものだが、魔剣のある場所を目指したとなれば、その力で何かをしようとしていると想像するのは、自然なことでもある。

「まあまあ、それは訊いてみたらわかりますよ。

じゃ、あそこにいるひとに訊いてみましょう」

 聞いていると眠くなりそうな間延びした声を、残る一人が発した。

 緩やかに波打つ金髪の、帯剣した少女だ。

 彼女の名はイングリット・ウルム。ここレグナサウト王国の最高位守護者の一人「東方の衛士」だ。

 人並外れておっとりしているが、その実力は肩書き相応の凄まじいもので、その片鱗は悪魔達も目の当たりにしている。それゆえ悪魔達は彼女に頭が上がらず、彼らに無理やり付いてきた彼女を頭痛の種としている。

 そして悪魔達が止める間もなく、彼女はすたすたと歩いていき、そこにいる町の住人としばし会話して戻ってきた。彼女は開口一番、こう告げた。

「魔剣は、こわされたそうです」

 面食らったディクセンが、頭の中を整理しつつ、イングリットに尋ねる。

「壊されたって……奴が壊したのか?」

「らしいです。ジョーさんがその場にいあわせた、ということでした」

「お、思いきったことをやってくれるじゃない。

で、ジョーはどこにいるの?」

 今度はユーノが、笑顔を引きつらせつつ尋ねる。

「このまちの神殿に、身をよせているということです。いってみましょう」

 そしてイングリットは悠々と、悪魔達はおっかなびっくり、神殿へと向かった。


 神殿では、ジョー達をもてなしたヴァルター・リリベル・ヒューイ達が総出で三人を迎えた。

「なんと、ジョー殿のことをお探しとは。

よろしければ、あなた方の素性をお聞かせ願えないだろうか」

 穏やかに尋ねるヴァルターに、ディクセンが胸を張る。

「俺達は、人間どもがびびって泣き出す、偉大なる悪」

 悪魔と言おうとするディクセンを、すんでのところでユーノが張り倒して黙らせる。

「い、いきなり妙な切り出し方をしないの!

わ、私はユーノ。こいつがディクセン。よろしくね……あはは」

 その後の話は、イングリットが引き取って逸らしてくれたので、ユーノはほっとため息をついた。

「わたしは、『東方の衛士』イングリット・ウルムともうします。

女王陛下のおおせで、ジョーさんをさがしております」

「噂に名高い『東方の衛士』様だとは……お会いできて光栄に存じます」

 リリベルが感激まじりに、折り目正しく一礼する。ヴァルターやヒューイも、驚きつつ頭を下げる。

 イングリットも、口調に似合わぬきっちりした動作で、黙礼を返した。

 それからややあって、ヒューイがディクセンに尋ねる。

「で、さっき兄さんは『偉大なる悪』って言ってたけど、悪のザコのジョーのこと?」

「いや、それは俺様」

 学習もせずに口を滑らせるディクセンを、再びユーノが張り倒す。

「あ、あはは。この馬鹿の言うことは気にしないでね。

ヒューイさん、先を続けてもらえる?」

 眼前の男の尻への敷かれっぷりに恐怖しながら、ヒューイは続けた。

「う、うん。とりあえずあいつは、偉大なる悪じゃなくて、ただの悪のザコだからね」

「なるほど! 確かにそれはそのとおりだ。気が合うなヒューイよ!」

 猛然と復活したディクセンが、がっしりとヒューイの手を握る。

 その様子を見ながら、ユーノががっくりと肩を落として、また溜め息をついている。

 そんな様子をにこやかに眺めつつ、イングリットがヴァルターに質問した。

「まず伺いたいのですが、魔剣をこわしたのがジョーさん達なのだとききました。

それは本当なのですか?」

「うむ。実際に魔剣『神の怒り』を破壊したのはあのヒューイなのだが、そうできるように援助したのがジョー殿だ。

ジョー殿はヒューイに武術を教え、そして自らが携えていた剣をヒューイに貸し与えた」

「魔剣をこわすために、ジョーさんはそうした、ということなのですか?」

「うむ。人の生命の力を源としていた『神の怒り』を不要として、その『担い手』としての任を負っていたリリベルを、剣の破壊によって解放してくださったのだ。

そのおかげで、町を魔物の脅威から守る大きな力は失ったが、私達はより幸せに過ごすことができるようになったし、結束もより固いものになった」

 というやりとりに続いて、リリベルが幸せそうに言った。

「ジョー様達には、本当に何とお礼を申せばよいか。この上ない恩人です」

 そんなリリベルの顔を見て、ディクセンが眉間に皺を寄せつつこぼす。

「なんだか、あいつが尊敬されてるというのが、実に気に食わんな。

まあ、それはさておくとして、あいつは今はどこにいるんだい?」

 それには、ヒューイが答えた。

「悪のザコは東に行ったよ。昨日のうちにこの町からは出たと思う」

「ちっ。ここで追いつけると思ったのに、残念だ」

 悪態をつくディクセンに続いて、ユーノが問う。

「町じゅうの噂になるような大きなことをしてのけたのに、ジョー達はゆっくり滞在しなかったのね。

何か急ぎの目的があるのかしら? 魔剣に代わる次のターゲットでも見つけてるとか…?」

 リリベルが、にこやかに答えた。

「ジョー様達は、魔剣のような品を目指しているのではないようです。

以前にここに立ち寄った、メイナード様という方を追っているのだそうです」