世界と黒天王6・第5回

光風暦471年10月1日:思いを繋ぐ力

『まったく、この僕の考えを改めさせるなんて、大した奴だよ、君は。お疲れ様、とでも言っておこうか』


 エブリットが、燃えさかるような赤い光柱に包まれる。

 そして彼が選んだ5人も、すぐさま同じ色の光柱に溶け込み、見えなくなった。

 テュエールは完全に不意をつかれていて、何も反応できない。

 やがて5本の光柱は、その温度を上げるかのごとく明るさを増し、白い巨大な光の塊へと変貌し、一つに溶け合った。

 光の塊は、しばらくその形を保ってから、さらに脹れあがり、そして一挙に爆ぜ散った。

 そして、何が起こったのかと無言で見つめる者達の中心には、今までと変わらぬ姿のエブリットが立っていた。

「は……ははは。何が起きたのかと思えば、何も変わっちゃいない。人数が減っただけじゃないか。

頑張って唱えた術は、失敗だったのかな」

 テュエールはエブリットを指さして嘲ったが、その後すぐに変化に気付く。

 ぞくりとするほどの迫力を、エブリットに感じたのだ。彼の内面の力は、これまでとは桁違いに上昇していた。

 エブリットは、無言で自分の手を見つめている。自らに起きた変化を、余さず把握しようとしているのだ。

 そしてひとしきりすると、顔を上げた。その自信に満ちた眼差しは、倒すべき宿敵テュエールに向けられている。

「諦めずにここまで戦い抜いてきて、本当によかった」

 その声も、エブリットのままだった。彼は残った仲間達を愛おしそうに見つめ、そして自分の胸に手を当ててテュエールに向き直った。

「こうして多くの仲間と心を通わせて、仇敵と戦うことができるのだから。

なんと心強いことか、なんと嬉しいことか」

 そしてエブリットは、自らの長剣を鞘に戻すと、背中に手を回し、黒い束の長剣を引き抜いた。

「ジョー、この剣を使わせてもらいますよ。あなたが戻るまで、少しだけ」

 主神オーゼスが作った聖なる「勝者の剣」。その刀身が姿を見せると、周囲の空気がさらに変わった。

 ディクセン達は、そのあまりの凄まじさに身震いしていた。

 テュエールが、傍らの銀髪の男に、短く指示を出す。

「出番だよ」

 そしてテュエールは、エブリット達に教えた。

「彼は、僕の新しい守護戦士だ。そこで倒れている裏切り者よりずいぶんと強いから、頑張ってね」

 男は三歩前に進み、そこで自らの剣を抜いて、正眼に構えた。そして低い声でエブリットに告げた。

「来るがよい、小さき存在よ。殺してやろう」

 それを聞き取ったエブリットは、男の懐に一気に飛び込んで剣を振るった。

 男はすかさず剣を構え直し、エブリットの「勝者の剣」を防ごうとするが、まるで間に合わない。

 男の剣を弾いたエブリットは、そのまま流れるような動きで男の肩口に斬り込んだ。

 すんでのところで体をよじり、男は何とか致命傷を避けるが、体を浅く切り裂かれ、血が流れる。

 剣を振るいながら、エブリットは驚いていた。なんという軽さだ。自らの期待以上に剣が動く。

 そのとき彼は、この剣の能力を思い出した。自らが能動的に動き、持ち手を助ける能力を。

 神とも互するほどの今のエブリットの能力をすら、さらに後押ししてくれるほどの動き。エブリットは内心で舌を巻くと同時に、この剣を貸し与えてくれたジョーに心から感謝した。

「私は、あなたの言うように小さな存在です。この戦いを通して、いやというほど思い知りましたよ」

 エブリットはそう言うと、実に鮮やかな体裁きで、踊るように男へと飛び込み、再び彼の手傷を増やした。

「テュエールに故郷を滅ぼされ、たった一人生き残った時、私の頭には復讐しか残っていませんでした」

 今度は男の足を切り裂く。男の動きも超人的なのだが、合体したエブリットが規格外に強いのだ。

「復讐さえできれば、後はどうでもいい。そう思って、どれだけの人々の気持ちをふみにじり、傷つけてきたことか。

しょせんは私も、テュエール達異世界神の勢力と似たようなものだったのです。でも!」

 さらに男は切り裂かれていく。

「ここにいる仲間達、合体した仲間達は、それでも私と一緒に戦ってくれた。感謝しています。

そして、今なら分かります。こうなるように導いてくれたのは、ジョー。

私のように世をはかなむ者や、人間を憎む者。そうした者の一人一人を引き合わせて、互いが影響し合って変わっていけるように導いてくれたのです。

ジョー自身のことを憎ませたり、意識させたりして、彼の後を追うように仕向けたのです、一人一人。そして得難い出会いと転機をもたらしてくれた……」

 今度は男が反撃に出る。空気をすら傷つけんばかりの勢いで、エブリットの心臓に向けて速く重い突きを繰り出す。

 しかしエブリットに対してはまったく効き目がない。まるで止まっているものを払いのけるかのように、いともたやすく打ち払った。

「今の私には、守りたいものができました。私はそれを守り抜きます。

そしてテュエールを倒して、平和になった世界をジョーに見せるのです。それが私にできる、ジョーへの精一杯の恩返しなのです」

 そしてエブリットは、剣を大きく振りかぶり、男に向けて叫んだ。

「覚悟!」