世界と黒天王6・第3回

光風暦471年10月1日:不本意な再会

『少し時間がほしい……考えてみる、一人で』


 ランス達は、エドワードやイングリットの部隊から、少しずつ突出していく。神殿の奥に向かって。

 当然ながら、敵の襲撃の苛烈さが増していく。

 たいていの敵は部隊が引き受けてくれるのだが、さすがに敵の本拠だけあって、それで捌ききれる数ではない。

 しだいに、ランス達の負う手傷が増えていく。

 そして彼らは、ゆっくりと、しかし確実に、体力を奪われていった。

「見えた! 一気に突撃するぜ!」

 ヒューイが敵の切れ間を見つけ、敵を蹴散らしながら神殿の奥へと駆け出す。

 一同もこれを好機ととらえ、一斉に突撃した。

 敵を次々と倒しながら、夢中で駆けた。

 無我夢中で戦ううち、どのくらいの時が過ぎたのか、誰にも分からなくなった。

 全員の命がまだあるのが、不思議なくらいだった。

 そして気付けば、部隊が戦う喧噪も聞こえなくなっていた。ずいぶん奥まできたらしい。

 そこは、いやに大きな広間だった。星空かと見まがうばかりの、高い円蓋。精緻な彫刻が施された、荘厳な柱の数々。

 冷たい空気が静かに満ちている。広間の奥は闇に溶け込んで見えない。

「切り抜けたのですね……」

 ユリが、近くの柱に手をついて寄りかかる。息を上げてうつむく彼女の鼻筋から、血の混じった汗がしたたり落ちた。

 他の者の疲弊ぶりも、彼女と同様だった。息も絶え絶えに膝をつく者、立つのがやっとの者、いずれも限界まで精神と肉体を酷使していた。

「はい。ですが、私達の目標はまだこの先にいます」

 白銀に輝く槍を杖代わりにしながら、エリシアが言った。

 今は一刻も早く体力を戻して、次の戦いに備えなければならない。

 そこで彼女は、気力を振り絞って神聖魔術を使うことにした。治癒の呪文を味方にかけるのだ。

 しかしそれは、詠唱の途中で遮られた。

「そのとおりだよ」

 闇の向こうから、少年の声が響き渡ったのだ。聞き覚えのある声が。

「よくここまで来たね。感心したよ、人間達」

 その声とともに、一陣の風が吹き抜ける。すると、よどんだ闇が払われていき、その奥に三つの人影が現れた。

 一人は、見知らぬ銀髪の男。

 もう一人は、クローディア。

 二人は、間にいる人物を守るように立っている。そこに座して足を組んでいる人物は、一同の予想に違わぬ敵の首魁、異世界神イヴァクス・テュエールだった。

「おや。よく見れば、人間だけじゃないみたいだね。面白い連合軍だ」

 テュエールはそう揶揄しながら、頼みもしないのに解説を付け加えていく。

「人外の力と融合した人間、悪魔二体。そして以前にも会ったけど、君はスルティエ・エリシアの原型の天使だね」

 テュエールは、驚く一同を見渡して、そしてエリシアを見ながらほくそ笑んだ。

「知らなかったみたいだね、ここの面々は。

そこの天使エリシアは、とても優秀な戦闘力を持っているんだけど、以前にアウドナルス帝国に虜獲されたことがあるんだ。

その時彼女の体組織の一部を切り取って、それを母体に生み出されたのが、この人造魔神、スルティエ・エリシアなんだよ」

 これに一番驚いたのが、クローディアであった。

「何だと……」

 そううめく彼女自身には、思い当たる節はあった。自分の神としての本名と同じ名であること。そして、彼女の雰囲気。

 クローディアは、天使エリシアと出会ったときから、彼女のことを妙に意識していた。

 今、その理由が分かった。彼女が自分に似ていたからなのだ。

 だから、天使エリシアがジョーと楽しそうに話していると、理不尽なまでの苛立ちを覚えたのだ。まるで自分の居場所がなくなるような気持ちになって、それで激昂したのだ。

 テュエールは、そんなクローディアを見るのが、楽しくてたまらないようだった。

「よかったね、スルティエ・エリシア。君はまったくの無から造り出されたわけじゃない。君にはお母さんがいたんだよ。

そしてお母さんが、君を助けに来てくれた」

 そして一呼吸の間をおいて、彼はこう言った。

「でも、そのお母さんを殺すことになるんだけどね、君は。ね?」


 クローディアはこれに、激しく抵抗した。一歩跳び退がると、テュエールに向かって叫んだ。

「嫌だ! 私はそのようなことはしない。私には、愛する仲間を誰一人として傷つける意思もない!」

 テュエールは、その言葉を聞いて嬉しそうにうなずいた。

「相変わらず頑固だね。長い間監禁されても、ちっとも心変わりしていない。

でも、もちろんそんなことは予想済みだよ。そして、だからこそ楽しいんだ、これからの戦いを見物するのがね」

 彼は、クローディアに向けて掌をかざす。

「そこにいる、僕の守護戦士だった裏切り者のフォーラに、実験をさせたことがある。そのリリベルやユリという人間に対してね。

今から、その集大成を見せよう」

 彼の掌が、黒い霞に覆われていく。

「操身術。本来の心を完璧に残したまま、体だけを自在に操れる術。

実験のおかげで、すっかり完成度は高まった。今からそれを君に使うんだ」

 クローディアが血色を失う。

「な、なんだと? や、やめよ!」

 しかし彼女がそう叫んだときには、既にテュエールの術中に落ちていた。霞が爆発的に広がり、クローディアを包み込んだ。

 そして霞が晴れたとき、クローディアは、自らを止めようと表情を歪めて叫びながら、腰の剣を抜いてランス達に向けて歩み始めたのだ。

「嫌だ! 私は戦わない。戦いたくない!」