世界と黒天王6・第1回

光風暦471年9月28日:思いの結集

『じゃあ、僕はいったい何のために今まで……。僕の正義は、かりそめのものだったのか。作られた、偽りのものだったのか』


 いつかはこの時が来るとは予想していた。ただ、予想より少し早かった。

 レグナサウト王国の首都、アリエスタNCLにある王城で、ランス達は真剣に話し合っていた。

 異世界神テュエールの侵攻開始。3日後には、この国じゅうに敵が満ちることになる。

「3日後か……軍の展開は間に合うのかい?」

 ランスがマリアニータに質問した。焦る様子は見せないが、あくまで真剣に。

「はい。いつかこの時が来ることは分かっていましたから、いつでも防衛にあたれるよう、訓練を指示していました」

 ランスは、同じ表情のまま、視線をエドワードとイングリットに投じて質問した。

「エドワードとイングリットは、部隊の指揮に戻るんだよね」

 その言葉に、エドワードは首を縦に振った。この緊急時においても、その実直な眼差しに変わりはない。

「はい。指揮をとりながら、部隊の一部と行動をともにします」

 イングリットが、続けてランスに説明した。彼女のおっとりした口調も、いつもどおりだった。

「どこを敵の主力が襲撃するかわからない状況で、どこをせめれば一番効果的か。

それをかんがえた結果、わたしたちはテュエールのいる神殿をせめることにしたんです」

「なるほど……でも、軍団長が一番危険なところに行って大丈夫?」

 そう言って腕組みをして考え込むランスに、エドワードは答えた。

「できるだけのことはやりたいのです。

万一の際には、残り二人の『四面の衛士』に指揮権を渡せるようにしてありますしね」

 そこでエブリットが言った。人を食ったような雰囲気はなりを潜め、代わりに癖のない涼やかさが窺えるようになっている。

「軍のことに、私達が口出しはできませんね。それより救世者殿、私達はどうします?」

 ランスは目配せして笑った。

「ここでそれを訊くのかい?

エブリットの中では、答えは決まってるんじゃないかい?

そのために、『合体の秘術』を習得したんだから」

 エブリットは照れ笑いを浮かべてうなずいた。

「背中を押してほしかったのですよ。

では、私達も同行させてもらいましょうか、テュエールの神殿へ」

 それは、最も危険な選択。しかし、その場の誰からも反対意見は出なかった。

 皆、それを覚悟して時を過ごしてきたのだから。

 そして誰一人として、希望を捨てていなかった。

 これをもって、話は決まった。

 そしてここで、エドワードが一同に対して切り出した。意味ありげに微笑みながら。

「方針が決まったところで、皆様にお知らせがございます。

皆様と同行したいという人が、集まっておられます。今からここにお呼びします」

 そして彼は立ち上がり、部屋の外に退出した。そしてしばらくして、大勢の人々を連れて戻ってきた。

「あなたは、レイザンテの長!」

「久しぶりです、ランスさん。あの時は名乗りもせず、失礼いたしました。グリニス・レイザンテと申します」

「貴様、ヒューイ! 武闘大会以来だが、ここで会うとはな!」

「へへ。ダン、だったよな。頑張って腕を上げてきたぜ」

「あなたはナハルの神殿の、ヴァルター司祭ですね」

「武闘大会で拝見した、ナイ殿だったな。突然だが、よろしく頼む」

「あなたはリリベルさん!」

「エブリットさん、久しぶりですね。私も微力ながら、この剣の技をもってお手伝いしますよ」

「あなたはソーン!」

「なんと、フォーラ……どういう経緯で、この方々と一緒に? 以前とずいぶん雰囲気が違うようだが……」

 これまでの旅で出会った人々が、ランス達の後を追って集結していたのだ。

 そして。

「ランスさん。嬉しいです、またこうして会えて」

「ユリ!」

 思い人同士の再会も、ここで果たされることとなった。

 そして一同は、心強い仲間が増えたことを喜び合い、戦勝を誓い合った。

「まったく、日頃の行いがものを言うよな、こういう時に。心強いぜ、まったく」

「いや、私達の行いは悪かったわよ」

 そのようにディクセンとユーノが言い合い、事情を知る者の失笑を買ったりもしていたが。


「ご武運を。私もここで、できる限りのことをしてまいります」

 翌日の朝、マリアニータが、城門で皆を壮行する。

 イングリットが、恭しく頭を下げた。

「おねがいいたします、陛下。

いまいっそうの対策を、ぜひとも」

「対策、ですか?」

 フォーラが尋ねた。

「ええ。諸外国とも連携して、てきの迎撃体制を、可能なかぎり手厚くしていただけます。

そのために陛下は、ずっとろくにねむらず、動いてくださっています」

 イングリットの弁に、フォーラは驚き、マリアニータを見た。

 見れば彼女は、ずいぶん憔悴していた。それでも彼女は健気に笑うと、言った。

「私も、私にできることをいたします。少しでも皆様の、そして世界の役に立てるように」

 多くの人々と異世界神の、大きな戦いが幕を開けようとしていた。

 そしてランス達は意を決し、テュエールの神殿を目指して出発した。