世界と黒天王5・第7回

光風暦471年6月14日:美しき賢王

『万象を司る神? そんな存在は聞いたことがないんだよ。何なんだ、それはいったい』


 ランス達は諸準備を整え、3日後にマリアニータのもとを発ち、隣国フォルテンガイム連合王国の構成国の一つであるハイ・ダリス王国に来ていた。先刻通った、レグナサウトの首都近郊の転送門から、今度はフォルテンガイム連合王国の首都であるフェルバラードの近郊に飛び、そこからさらにハイ・ダリスに飛んだのだ。

 ただし、レグナサウトの「四面の衛士」であるエドワードとイングリットは、軍への指示を出すため、再会を約して城に残っている。

 マリアニータはランス達に紹介状を持たせただけで、案内人は付けなかった。なぜなら、フォルテンガイムの出身者であるランスがいたからだ。ランスはこれまでの戦いの中で、フォルテンガイムの国じゅうを旅しており、その地理を熟知している。

「まさか、こんなに早く祖国に帰ってくることになるとはね」

 周囲の景色を懐かしそうに見回しながら、ランスは苦笑した。

「テュエールを倒して凱旋できていたら、もっと気持ちよかったのでしょうが、仕方ないですよ」

 ナイがそう言いながら、胸いっぱいに異国の空気を吸い込んでいる。ここハイ・ダリスは、峻険なダリス山脈の中腹に位置しており、その空気は冷涼だ。身も心も引き締まる思いがする。

「まあ、この旅も楽しませてもらうとしよう。前向きに行こうぜ」

 ダンが不敵な笑みを浮かべながら、国名と同じ名の首都、ハイ・ダリスへと歩き出した。残りの者も彼にならう。

 ユーノが誰にともなく尋ねる。

「ところで、ここのアルゴスって王は、どんな人間なの?」

 これには、エブリットが答えた。

「『青の戦士』とも言われる、『運命の戦士』の一人です。

主神オーゼスの作った聖なる武器である、自在に形を変える『挑みの剣』、そしてそれと対をなす『挑みの防具』を所有しているそうです。

戦いの腕もさることながら、冷静な判断力をもって賢王として君臨しているという、非の打ち所のない人物です」

 そして彼は目を閉じて、自らの記憶をたぐりながら続けた。

「ですが以前、異世界神の影響を受けて暴走した命神ゼイバラルに操られ、他の『運命の戦士』と敵対したことがあるそうです。

彼自身はそれを己の不徳と恥じていて、以後はいっそうの研鑽に励むようになったとか。教わろうとしている『合体の秘術』も、そうしたなかで編み出されたものなのでしょうね」

 ユーノは目を丸くして空を見上げた。その様子には、感心と萎縮が入り交じっているように見えた。

「要は完璧超人ってことなのですね、エブリット様。あとはいい男かどうか、楽しみにしておくとしましょうか」


 町の入り口でも、城の入り口でも、「救世者」ランスがいたので何の咎めもなかった。彼はマリアニータの紹介状を見せ、レグナサウト王国からの公務混じりで来たことを伝えていたが、それすらも必要ない様子だった。

 そして実にすんなりと、国王アルゴス・イズナレイに面会が叶ったわけなのだが。

「ねえちょっと。聞いてないわよ、あんなに男前だなんて……反則でしょ、あれは」

 エリシアにひそひそ言いながら、国王に目を釘付けにされているのは、ユーノだった。

 エリシアも、柄にもなくこのようなことを言っている。

「確かに……。私も直にお会いするのは初めてですが、まったく同感です」

 実は、目を釘付けにされているのは彼女達だけではなく、一行の男女全員だった。ランスはアルゴスと旧知の仲ゆえ、ある程度見慣れてはいたものの、やはりその非凡な美しさには見とれていた。

 腰まで伸びた、つややかな黒い髪。色白で鼻筋の通った、端正な顔立ち。切れ長の目には知性とかすかな哀愁が同居している。

 細身かつ長身の風貌は彫像のようで、人間離れした神々しさを漂わせていた。

 そんなアルゴスの口から、潤いのある凛とした声が発せられた。

「久しぶりだな、ランス。そして他の方々よ、私が国王のアルゴス・イズナレイだ。ようこそ参られた」

 一同は呆け気味に、口々に名乗った後、ランスが本題を切り出した。

「アルゴス。ともに戦いを切り抜けてきたあなたに、詳しい説明は必要ないと思う。

単刀直入に言うよ。異世界神イヴァクス・テュエールを倒すために、あなたの『合体の秘術』を授けてほしい」

 アルゴスは、迷うこともなく答えた。

「喜んで。私の知恵が皆の、世界の役に立つというのなら、これほど嬉しいことはない」

 賢王と言われるだけのことはあり、話は実に早かった。

「合体の術『Merge』について説明しよう。

これは、合体に同意した最大6人を一つの姿にまとめあげ、10分間飛躍的に能力を高める術だ。合体対象の持つ筋力・精神力などの能力をすべて足し込むことで、強大な戦闘力を得るというものだ。各人が身につけた技も、すべて扱える」

 アルゴスは、一同が理解するために少し時間をとってから、先を続けた。

「合体対象となった者のうち、誰か1人の姿を任意に選び、合体を完了させることになる。

術者自身が合体対象になることもできるし、他人のみを合体させることもできる。

ただし、1体の敵に対しては複数の『Merge』は行使できない。残念ながら術が相互に干渉して、合体が失敗するのだ」

 そしてもう一度時間をとり、説明を締めくくった。

「以上が術についての説明だ。質疑を受けた後、誰が習得するかを決めることにしよう」

 質問は、フォーラとディクセン、そしてエブリットが行った。それぞれに対して、アルゴスはきびきびと答えていく。

「合体対象の種族に制約はございますか?」

「いや、制約はない。合体に必要なのは、ともに戦いたいという気持ちだけだ」

「合体対象のレベル差は、どのくらいまで許容される?」

「レベルの制約もない。ただし術を使う場面を考えると、できるだけ高いレベルの者を合体対象に選ぶべきだとは思う」

「合体対象は、互いにどのくらいの距離にいなければならないのでしょうか?」

「術者から見えていさえすればよい。たとえば間に透明な壁があったとしても、見えているなら合体対象にはできる」

 以上で一同からの質問は終わり、習得者選びに移った。しかし、ここに時間はかからなかった。すぐさま、エブリットが立候補したからだ。

「お願いです、陛下。私にぜひ、その術を教えてください」