世界と黒天王5・第1回

光風暦471年6月16日:囚われの女神

『今頃、いったい何の用だい? 僕を嘲笑いにでも来たのかい?』


 クローディアは、テュエールに連れ去られてからというもの、ずっと石造りの部屋に籠もりきりだった。

 彼女がいるのは、テュエールの神殿。異世界神である彼が、この世界への侵攻の象徴として、レグナサウト王国の中に造ったものだ。

 少なくとも今のところは、神殿は平穏そのものだ。どこに討って出る様子もないし、慌ただしく何者かが出入りしている様子もない。

 しかし拉致されてきたクローディアにとっては、そうした周囲の環境は静かなだけであって、間違っても幸せなものではなかった。

 そして事実彼女は、悲しみに沈み、ずっと涙していた。

「(私はなんと不甲斐ない存在であろうか。大切な仲間を守れなかったばかりか、こうして敵に捕らわれて、なすすべもない)」

 彼女がいる部屋は、一見してごく普通の寝室だ。隣には化粧室や浴室まである。日々を過ごすのに何の不自由もない、むしろ豪華なほどの部屋だ。

 壁も天井も床も白く清潔で、傷んだ様子もない。

 食事も必要なときに、テュエールの侍従と思われる男女が、しずしずと粗相もなく運んで来て、そして片づけていく。

 だがやはり、クローディアはそれを享受する気分にはなれなかった。

「(皆とはもう会えないのであろうか……)」

 彼女は伏せた目を上げることもなく、旅をともにした人々のことを回想していた。

「(ランス・ダーウィン、伝説の『雷光の騎士』。いつも私への配慮に満ちていた、優しい戦士。これまでに受けた恩だけでも、何とか返したかった)」

 膝の上で固く結んだ拳は、ぴくりとも動かない。

「(エブリット・リージ。テュエールに故郷の町を滅ぼされた戦士。私を執拗に狙ったのも、なりふり構わずテュエールに対抗する力を求めた結果か。

しかし、その私はこの程度の力しか持っていないのだ。さぞや失望したであろうな)」

 彼女は自嘲気味に笑おうとした。しかし、あまりの悲しさに表情が凍り付き、まともに笑うこともできなかった。

「(エリシア。私の本名と同じ名を持つ天使。それは偶然なのであろうか。否、彼女とは浅からぬ縁(えにし)を感じる。

もう一度会いたかった、彼女に)」

 そこで彼女はしばし頭を整理し、再び物思いにふける。

「(エドワード・リズモア。レグナサウト西部防衛軍の長である『西方の衛士』。私達の脱出を手引きしてくれた、誠実な戦士。

どうかランス達を、うまく導いていただきたい。そして……)」

 彼女の拳の上に、涙が一粒落ちる。

「(ジョー……)」

 見れば、肩が小刻みに震えている。

「(私をずっと守ってくれた、偉大な闘士。彼の心遣いにも気づかず、あまつさえ私自身の本心にすら気づかず、私はこれまで、どれほどひどいことをしてきたのであろうか。会って詫びたい。もう一度会いたい、ジョー……)」

 彼女は声を押し殺して泣いた。


「スルティエ・エリシア、いつまでそうして閉じこもっているつもりだい」

 スルティエ・エリシア、すなわちクローディアの神としての本名を呼んだのは、この神殿の主であるテュエールだ。

 食事すらまともに口にしないクローディアの様子に半ば呆れつつ、自ら足を運んできたのだ。

 しかし、扉の向こうからは何の返事もない。

「神ともあろう者が情けないね。そうしたところで、未来は変わらないよ。変えさせるつもりもない」

 テュエールの少年の顔貌から、声変わりもしていない少年そのものの声が発せられる。しかしその内容は冷酷だ。

 彼は、再度返事を待つことはしなかった。幾星霜の時を過ごしたはずの神である彼だが、辛抱強さは見掛けの年相応程度らしい。

 彼は容赦なく、クローディアの部屋の扉を開け放つ。

「おやおや」

 テュエールはため息をついた。部屋の中は空だった。クローディアの気配を探り、どこにもそれが感知できないことを知った彼は、誰にともなくつぶやいた。

「逃げたんだね。いったい、どの『時』に逃げたのやら」

 そして悔しがる様子もなく、肩をすくめる。

「無駄だって分かっているだろうにね。どうせ、僕のところに戻るしかないんだ。

逃げれば逃げるほど、追いかける僕が人間達を傷つけていくだけだって、分かってるはずなんだから」