世界と黒天王4・第14回

光風暦471年6月11日:ようこそ戦士達

「ディクセン? それにユーノ?」

 クローディアが連れ去られた現場に、間もなく四人の男女が現れた。その中に見知った部下の(人間に化けた)顔を認めたエブリットが、驚きの声を上げる。

 驚いたのは彼だけではない。

「イングリット!」

「イングリット殿!」

「エドワード様! ランスさんも!」

 これはランス、エドワード、そしてイングリット。

「あなたは……フォーラですね。なぜここに?」

 これはエリシア。フォーラの正体には彼女だけが気づいたが、異世界神に仕える者としては様子がおかしいことを悟り、それ以上は口をつぐんでいる。

 このように、境遇は様々であるが、顔見知りの多い鉢合わせとなった。

 そして互いの状況を知るため、ディクセンがこれまでのことを話し始めると、ここにさらに二人の男が合流した。イルバランの町からディクセン達と別動してジョーを追っている戦士、ダンとナイだ。

 彼らも轟音を聞きつけ、ハーリバーンからここに来たとのことであった。

「ずいぶんな人数で、ジョーのことを追っていたのですね、ディクセン、ユーノ」

 いつものエブリットなら、その言葉にずいぶんな皮肉を交えていただろうが、今の彼にはそうできるほどの元気が感じられない。あり得ないほど消沈している。

「どうされたのです、エブリット様。あなたらしくもないですね」

 いぶかしんで、ユーノが尋ねた。

「クローディアさんが、異世界神テュエールに連れ去られました。そしてあなた達が追っているジョーも、そのテュエールに……」

 そう言うエブリットは、とても悔しそうだった。己の無力さを嘆いているのだろうか。それとも、失った二人のことを思っているのだろうか。

「異世界神!? そして、ジョーが異世界神にとは?」

 意外な敵の存在に驚くユーノ。

「そんな!」

 そう叫んだのはディクセンだった。

「異世界神だか何だか知らないが、俺を軽々と倒したあの男が、そんなに簡単に負けるのかよ!? そんなの認めないぞ、俺は!」

 拳を振るわせて、怒りを露わにしている。ジョー憎しの一心で彼を追っているはずのディクセンだったが、いつしかその心境にゆらぎが生じているようだった。

 すると、これに強い口調でフォーラが賛同した。

「そうです。相手がどれほど強くとも、ジョー様が簡単に負けることなど! そのようなことなど、私も認めません!」

 実はこれは、フォーラの本心だった。「様」付けはともかくとして。ジョーに敗れて以来、初めて本心が自然と口から流れ出た瞬間だった。

 フォーラもディクセンも、自分を軽々と破ったジョーを強者として認めているのだ。そこにある感情は、憎しみだけではなかった。

「私も、ジョー様が亡くなってはいないと信じます。必ず、再会できるはずです。そうですよね、ランス様」

 そう言って、エリシアが彼らを励ます。

「うん。ジョーは希望を捨てるなと言った。だから僕はそうする。まだ、できることはある」

 ランスも、きっぱりと宣言した。そして彼は、エブリットに語りかけた。

「エブリット、みんな、落ち込むのはここまでだ。ジョーがエブリットに託したその剣、『勝者の剣』も、きっと僕達に勇気を分けてくれるはずだよ」

「『勝者の剣』……その名前、聞いたことがあります。この剣の正体は、主神オーゼスが作った、伝説の『聖なる武器』の一振りなのですね。そしてジョーの正体は……」

 託された「勝者の剣」を抱くようにして見つめながら、エブリットはつぶやいた。

 そしてイングリットが、感慨深げにこう言った。

「やはりそうでしたか。わたしたちが追っていたジョーさんは、ただの戦士ではなかった。ジョーさんの正体は……」

 そこまで言った彼女は、エブリット達を力づけるように、あえてはっきりと続きを言葉にした。

「『運命の戦士』の一人『命戦士』にして、隣国フォルテンガイムにあるゼプタンツ王国の王。セイリーズ・ジョージフ・ドルトン陛下」

 ディクセンとユーノは、その言葉にたまげた。そして、ダンやナイも仰天し、頓狂な声で発言した。

「彼が王……そして、神にも等しき『運命の戦士』なのですか!?」

「『運命の戦士』……俺達が勝てないのも道理だ。いや、勝てるわけがない!」

 腰を抜かすほど驚きながらも、そう口々に叫んだナイやダンは、どこか嬉しそうに見えた。

「まったく、私達、とんでもない奴に絡んじゃったものね」

「へっ、上等じゃないか。こいつは、殺しても死なないタマだぜ。やっぱり、奴を倒すのは俺様だな」

 そう言ったユーノとディクセンの顔にも、やはり笑みが見える。

 彼らの変わりようの早さに、思わずエドワードも頬を緩めた。

「それには、私達も精進しなければなりませんね。ランスの言うように、私達にはまだできることがあります。

イングリット殿、ともにこの方々を王城へ案内しましょう」

「はい、エドワード様」

 イングリットはそう言って、エドワードに深く頭を下げた。彼女の頬にほのかに朱がさしているところを見ると、この恭順は上下関係からくるものではないようだ。しかし当のエドワードは、まったくそれに気づいていないようだが。

 そんな二人を微笑ましく眺めてから、ランスは言った。

「僕も『雷光の騎士』の一人として、そして神と戦った『フェイタル・ウォーリアーズ』の一人として、精一杯のことをするよ。

全力でみんなを支えるし、みんなにも支えられることになると思う。

僕達は運命をともにする仲間同士だから。そして運命を切り開く仲間同士だから」

 そして一呼吸置いて、一同に言った。

「ようこそ、『フェイタル・ウォーリアーズ』へ」

-完・第5部へ続く-