世界と黒天王4・第12回

光風暦471年6月11日:道化の素顔

 事態が収束したことを悟ったランスが、戦いの緊張から自身を解きつつ、エブリットに尋ねた。

「エブリット。ここから先は、あなたと一緒に行動するのがいいと思う。テュエールという異世界神を共通の敵に戴いた以上はね」

「感謝します。途方もない敵ですが、望みは絶やさないことにしますよ」

 エブリットは、そのように他意のない言葉を述べた。そして彼は、続けてジョーに向き直り、彼をじっと見つめた。

「ところで、あなたはいったい何者なのです?

今の戦いで、あなたに対する評価を改めなければなりません。そしてともに戦う以上は、どうしても知っておきたいのです、あなたの素性を」

 ジョーは、彼の真剣な眼差しを受けて、観念したように答えた。

「とりあえず今んところの状態で、だけど」

 そして一呼吸置いて、こう言った。

「レベル182エクスパート。あと、精霊魔術は全部使える」

 ジョーが告げた訳の分からない内容に、クローディアとエブリットが、これまでで一番の驚きを示した。

「レベル182だと? あのドラゴンですら、レベル30台の半ばというのに!」

「あなたが魔法を? しかも精霊魔術を全部とは……」

 いかにも否定したそうな様子の二人。無理もない。

 彼らの疑問の一つは、経験を積むことによる成長の進度を示す「レベル」。この値は、魔法によって知ることができる。この世界の人々の間では一般的となっている概念だ。1から始まるこのレベルは、20あれば一人前、40あれば超一流の戦士と言われる。182などという奇天烈な値は、聞いたこともない。

 もう一つの疑問は魔法について。ジョーの言ったクラス「エクスパート」では、成長しても魔法を習得できない。その彼がなぜ、それほど多くの魔法を習得しているのだろうか。いったい、どのような経歴で、どのような経験を積んできたのであろうか。

 そんな疑問に突き当たって狼狽する彼らに、エリシアが口を開いた。

「マスタークラスをご存じですか?」

 唐突な言葉であるが、造詣の深い二人はこれを知っていた。

「ええ。18あるクラスそれぞれの頂点に立つ人達や、各魔術の系統に最も精通した人達のことですね」

「たとえば、マスター・ウォーリアーが『運命の戦士』バートラム陛下、といった方々のことだな」

 それらを聞いてから、エリシアは言った。心なしか誇らしげに。

「ジョー様は、マスター・エクスパートであり、同時に地系精霊魔術のマスターでもあります」

 ジョーの正体を聞かされた二人は、これまでと違う目でジョーを見上げた。しかしそこには、意外なジョーの表情があった。

 彼の顔にあったもの。それは、なぜか「焦り」であった。

「来るべき時が来たらしい。まいったぜ……こんなに早くとは思わなかった」

 眉間に皺を寄せたジョーは、崩れかけた広間の一点を凝視している。

「何を言っているのですか。分かるように説明してください」

 エブリットの詰問に、ジョーは振り向くことなく答えた。戦いの構えをとりながら。

「テュエールが来る。まったく、なんて堪え性のない親玉だ」

 どうやってそれを悟ったのかと尋ねる前に、ジョーの見つめる先の景色が歪み始めた。

 ランス達はそこから、これまで味わったことのないような気配を感じた。背筋が凍り付くような冷たい気配。それは、恐怖そのものであった。

「来るのですね、ここに……」

 乾いた声でエブリットがつぶやく。

 気を抜くと発狂してしまいそうな、ありえない威圧感が、ひしひしと押し寄せてくる。

「ああ。異世界神テュエールが、ここに来る」


 ジョー達の眼前の景色の歪みの中に、うっすらと人影が浮かび上がる。

 そこから来る凍えるような冷たい気迫の強さも、桁違いに跳ね上がる。

 その人影が、華奢な少年の姿をしているにもかかわらず。

「あれが、テュエール……?」

 顔をこわばらせながら、ランスが言う。

「間違いありません。あれこそが……テュエール」

 やっとのことで身震いを押しとどめつつ、エブリットが答えた。故郷を滅ぼされた時の記憶が、ありありと蘇っているのだろう。

 白くゆったりした、豪華な衣装をまとった少年。

 銀髪碧眼の、あどけない顔をした少年。

 虚ろな目をした華奢な少年が、次第に姿をはっきりさせていく。

 そこでジョーは、一同に告げた。

「みんなは逃げろ。脱出の手引きのために、外にエドワードを待機させている。逃げて体制を立て直すんだ」

 エブリットが慌てて反論する。

「今が戦う好機でないことは分かります。ですが、あなたを置いて逃げるような真似はできません」

 それを聞いたジョーは、複雑な表情をして笑った。

「ありがとうよ、気を遣ってくれて。でも残念だけど、全員が無事には切り抜けられない」

 エブリットは、ほんのわずかな間考えた。そしてこんなことを尋ねた。

「先程聞いたあなたの正体……それでも、あの異世界神に勝てないというのですか?」

 ジョーは、否定も肯定もせず、ただこのように答えた。

「ちょっとばかり訳ありでな。昔のツケが回ってくるはずなんだ」

「訳が分かりません。いったいどういうことなのです?」

 これに対して、ジョーが答えを話しかける。

「『時空剣』の反動……」

 しかし、そこで時間が切れた。テュエールが空間の歪みの中から足を踏み出し、一同の前に降り立ったのだ。