世界と黒天王4・第3回

光風暦471年6月10日:激昂する麗人

 クローディアは、ウェインに丁重に案内され、ハーリバーンの町に入った。

 そして町外れの小さな宿へと連れられ、入口の戸をくぐった。

 宿の主人が、ウェインに声をかける。

「これはこれはウェインさん、いつもお世話になってます」

 ウェインは爽やかな笑顔を返し、こう切り出した。

「いえ、私のほうこそお世話になっております。ところでダニエルさん、お願いしたいことがあるのですが」

「はい、ウェインさんの頼みなら、何なりと」

 どうやらウェインは、相当な善行を積んできた人物らしい。クローディアも、「西方の聖者」として名を馳せたアリミア王国では、同じような遇され方をしていた。それゆえに彼女は、ウェインに対して、昔を懐かしみつつほのかな安心感を抱いた。

「実は、この旅のお方を手当てしてさしあげたいのです。5分ばかり、お部屋をお借りできないでしょうか」

 とのウェインの頼みは、もちろん快諾された。

「どうぞどうぞ。そのようなことでウェインさんのお役に立てますなら、私も嬉しいですよ」

 宿の主人ダニエルの笑顔に、輝かんばかりの笑みで応じるウェインは、深く頭を下げると、再びクローディアの手を優しくとった。

「それではご足労願います、旅の方。できるだけ手早く、手当てさせていただきますので」

「う、うむ……」

 クローディアはいまだ混乱から抜けきれておらず、なされるがままに部屋へと導かれていった。


 その頃、取り残されたジョー、ランス、そして来訪者の天使エリシアは、やはりクローディアと同じくハーリバーンの町に入った。ジョーはさほどでもないが、ランスとエリシアの消沈ぶりが目に付く。クローディアが行方をくらましたことを、自責めいた気持ち混じりに、気にしているようだ。

「あの、ジョー様」

「ん、どうしたエリシア?」

 元気のないエリシアは、不安そうにジョーに尋ねる。

「私は、町に入らないほうがよろしいのではないかと。この翼は目立ちますので」

 ジョーは、首を横に振って笑った。エリシアやランスと対照的に、意外と元気だ。いや、元気というよりはむしろ、動じた様子がないと表現したほうが正しい。

「いや、別に目立って困ることもないから、一緒に来てくれよ。せっかく会えたんだし、飯でもおごりたいしな」

 天使に「飯をおごる」と言い出す人間というのも、珍しいものではある。

「それに、俺の図体自体で目立つんだからさ。細かいことは気にしないでいこうぜ」

 2メートルを超す上背のジョーが言うことだけに、説得力はある。少しだけ、エリシアに笑顔が戻った。

「まずは宿を見つけて食事だね。後のことは、それから考えよう」

 ランスも、エリシアの様子に救われた思いがしたらしい。そう言うと、うっすら笑顔を浮かべた。

 そして三人は、町の中心近くで目に付いた大きな宿に入った。

 クローディアが来てはいないかと期待を込めながら、宿の1階に広がる食堂を見渡してみるものの、その姿は見当たらない。しかし、三人の視線はひとところで止まった。一人だけ先客がいたからだ。

 その先客は、ジョー達の姿を認めると優雅な動作で立ち上がり、背筋を伸ばして歩いてきた。ジョーやランスにとっては見知った顔、金髪の美青年エブリットだった。

「ごきげんよう、救世者殿。そして大男。おや、そちらの方は……」

 いつもどおり慇懃無礼に挨拶してくるエブリットに、エリシアは気分を害し、鋭い視線を向ける。

「エンジェルのエリシアと申します。ジョー様に向かっての無礼な口の利き方は、看過できません」

 怒りの理由はジョーのことらしい。そのことに対して、エブリットは目を丸くして驚いた。

「なんと、この男に『様』付けをされるとは。しかし、クローディアさんの姿が見えませんね」

 これには、ジョーがあっさり答えた。

「クローディアは、少し前にどっか行っちまったぞ。突然怒り出してな」

「な……」

 エブリットが血色を失うのを、ランスは初めて見た。もちろんジョーもだが。

 そしてエブリットの表情は、次第に激しい怒りを帯びていった。

「なんということをしたのですか、あなたは!」

 胸倉をつかみかからんばかりの勢いで、エブリットはジョーに食ってかかる。

「いや、そう言われてもよ。俺、何もしてないし」

 いつもの調子のジョーに、エブリットはますます怒る。

「自覚があるかないかの問題ではないのです。クローディアさんを一人にすることが、どういうことにつながるか。あなたは分かっているのですか!」

 まったく調子を変えずに、ジョーは即答する。

「お前さんみたいなのが、クローディアの力を手に入れようと狙うって言いたいのか?」

「そ……そうですよ」

 痛烈な切り返しに、エブリットはどもる。

「だったらチャンスじゃないのか? お前さん自身にしても、望みを叶える絶好の機会だぞ」

 エブリットは、耳を真っ赤にしてかぶりを振る。

「そ、そういう問題ではないのです! そもそも私は、そうして隙をつくような真似は嫌いなのです。もっと大胆な手で、クローディアさんの力を手に入れてみせるのです!」

 そうして言い合う二人を見ながら、エリシアがランスにささやく。

「お二人は、仲がよろしいのですね」

「やっぱりそう見える? 僕もそう思うよ」

 そんな会話は耳に入っていないようで、ジョーはこう言った。

「つまり、こそこそクローディアの力を狙っている奴がたくさんいて、そいつらが嬉しそうに出張ってくるぞ、と言いたいんだな」

「そ、そのとおりです! クローディアさんがそのような輩の手に落ちたら、どうするのですか!」

 必死に訴えかけるエブリットに、ジョーは涼しい顔で応じる。

「大丈夫、心配すんなって」

 呑気過ぎるように聞こえるその言葉は、エブリットの神経をいっそう逆撫でした。

「もういいです、あなたには期待しません! 今から私がクローディアさんを探しに行って来ます!」

 そう言うが早いか、彼は肩を怒らせながら宿を飛び出して行ってしまった。

 後には、何も言うことができずにいるランス、エリシアと、黙って肩をすくめるジョーが残された。

 エリシアがジョーに、恐る恐る尋ねる。

「ジョー様、これでよろしいのですか? いささか、あの方が気の毒にも思えますが」

「仕方ないさ。とりあえず、本人が納得いくようにさせるしかないしな」

 改めて見ると、ジョーは冷静ではあるが、にやけた顔をしているわけでもない。ジョーも真剣なのだと分かり、エリシアはほっとする。

「仰せのとおりですね。ですがジョー様、私も一度、クローディア様を探してまいります。こうなったことに、責任を感じておりますので」

 うなずくジョーの顔は、とても優しかった。

「ああ、そうするといい。気をつけて行って来るんだぜ」

「ありがとうございます、ジョー様」

 エリシアは深く一礼した。そしてジョーは、こう付け足してエリシアを送り出した。

「帰ったら、食事しながら話し合ってみよう。エブリットも一緒にな。まずは、なぜお前さんが訪ねて来たのかについて。そしてみんなで腹を割って、俺達が置かれている状況を整理しよう」


「さあ、終わりました。これで傷の治りも早くなると思います」

 クローディアの手当ては、驚くほどの手際よさで行われた。若干の医術の心得があるクローディアだったが、ウェインの腕の良さには舌を巻くばかりだった。

「う、うむ……かたじけない」

「当然のことをしたまでですよ、綺麗な旅の方」

 歯の浮くような台詞も、屈託のない彼の笑顔のもとでは、不思議と違和感を抱かせない。どう答えたものかと考えるクローディアに優しい眼差しを送りながら、ウェインは言った。

「もしよろしければ、なのですが。今夜は一緒に食事などいかがでしょう? おいしいお店にご案内しますよ」