世界と黒天王4・第1回

光風暦471年6月10日:苛立ち

 耳が痛くなるような静寂。

 身を刺すような冷気。

 壁際でゆらめく蝋燭の火の列が遠く、そしてはかなく見える。

 その空間に、帯剣した軍服の男が一人。

 黒い口髭をたくわえた、短髪の屈強そうな中年の男だ。

 彼を包むのは、居並ぶともし火があってなお暗い、高い天蓋に覆われた空間。

 ここまでの威容を誇る広間は、王城ですらも五指で余るほどしか有していない。

 その中心に男は立っていた。

 そして、その男に視線を投げかけながら、部屋の奥に座する者がいる。

 その姿は闇に包まれ、よくは見えない。

 その人影に向かい、部屋の中心から男は言い放った。

「見つけたぞ、国際指名手配者よ!

我はレグナサウト王立防衛軍、西部防衛隊第4旅団長、オーラル・ウォーカー。

これより我が女王の命において、貴様の身柄を拘束する」

 指名手配されているらしい人影の身が、かすかに動いた。

 しかし、立ち上がる様子はない。小首を傾げた程の動きにとどまっている。

 さしたる抵抗の動きはないようだ。

 にもかかわらず、オーラルと名乗った男は、大変な緊張ぶりを呈している。

 その表情は固く、あまつさえ額には汗まで伝わせている、この寒さの中で。

 オーラルは腰に吊る剣を見やり、拘束のための縄を手にしつつ、慎重に歩を進める。

 そして何事もなく、相手の眼前までたどり着いた。

「手配者テュエールよ、おとなしく拘束されよ……」

 オーラルは、テュエールと呼んだ手配者の顔をしっかりと目にし、そして息を飲んだ。

 そこにいたのは、年端もゆかぬ銀髪の少年。

 手配書におおよその容姿は記してあり、それと矛盾はない姿なのだが、彼の幼さ、そして華奢さを目にし、オーラルは少なからず動揺した。

 布地をふんだんあしらった、白い豪華な衣装をまとったテュエールは、吸い込まれそうな大きな青い目で、じっとオーラルを見つめ返していた。

「僕を拘束するの?」

 おびえたような顔で、テュエールはオーラルを見上げる。その様子は、手配犯としてはあり得ないほど、はかなかった。

 いったい、この少年がどんな罪を犯したというのだろう。少なくともこの様子からは、答えを導き出すことなどできはしない。

 手配書によって彼の罪状をよく把握しているオーラルであったが、あまりの動揺に、彼の問いへの答えを詰まらせた。

 しじまの時が辺りを支配する。

 テュエールはゆっくり立ち上がり、そしておずおずとオーラルに手をさしのべてきた。

 そして。

 何の殺気も発することのないまま、緩やかにその手はオーラルの首元へ伸びていき。

 彼の首を掴んだ。

 オーラルは我に返り、その手を振りほどこうとする。

 しかしテュエールの力は、人外のものとしか説明のつかないようなものだった。

「この僕を、君が?」

 テュエールの手はオーラルの首にぎりぎりと食い込む。

 もはや言葉を発することも、息をすることもできない。

「可哀想な人間。このイヴァクス・テュエールに立ち向かうなんて。

僕に勝てる者は、この世界にはいないのに」

 オーラルは、不利な体制であることを承知で、剣を抜こうとする。そこで彼は愕然となった。

 彼の腕がないのだ。

「腕がなくなって可哀想だね。でも痛みはないでしょう? 僕は野蛮なことは嫌いだから」

 いったいどのようにして?

 何も感覚させることのないまま、テュエールはオーラルの腕を消し去っていた。

「ほら、もう足もなくなったよ。

人間は可哀想だね。こんなとき、神だったらすぐ元に戻せるのに」

 悲しみをたたえつつも、彼の表情からは罪悪感は読み取れない。

「人間は自分を元に戻せない。ただなくなっていくだけ。

だから……さようなら」

 そしてテュエールは、虚空を掴んでいた手をゆっくり下ろし、椅子に座り直した。


 レグナサウト王国の首都を目指しての晴れた道中、クローディアは腕組みをして、難しい顔をして思いふけっていた。

 湿気の少ない爽やかな風が長い銀の髪を揺らしていくが、それを気にする様子もなく考え込んでいる。

 彼女はいったい、何を思索しているのか。そのおおよそは、彼女の顔つきによって雄弁に語られていた。

 彼女は苛立っていた。

 いったい何に対して苛立っているのかというと、実はジョーだった。

「(なぜ、このようにジョーに対して苛立つのであろう)」

 と彼女自身が思ったように、クローディアにとっても説明不能なことだった。

 ナハルを出てからの1週間、行く先々の町や村で、これまでと同じように戦士メイナードの足跡を尋ねたり、クローディアを狙う美男子エブリットに遭ったりを繰り返していた。

 そんな変わらぬ日常の繰り返しのなかで、なぜか突然、ジョーに対して苛立ちを感じるようになった。

 もともと「西方の聖者」とまで呼ばれた彼女ゆえ、苛立つというような感情には縁が薄い。それもあって、抑えのきかないこの感情に直面して、戸惑いを禁じえなかった。

「(寝ても覚めても、なぜここまでジョーのことばかり気になって、このように苛立つのであろうか)」

 実際、ジョーが夢にまで出てくる。しかも毎晩である。そして夢の中でまで、彼の言動一つ一つが気に障り、彼女の心を波立たせるのだった。

 そうして、しかめ面をしたまま無言で歩くクローディアを、大剣と盾を負った穏やかな顔立ちの青年ランスが、横から心配そうに見やっている。

 ここ三日ほどは、ずっとこんなことの繰り返しで、実際ランスも何度か「大丈夫?」とクローディアに尋ねていた。だが、「すまぬが、捨て置いてほしい」と無碍に返されるばかり。それで今は、言葉を交わすこともはばかられている。

 そして苛立ちの対象であるジョーは、その実情を知ることもなく、様子のおかしいクローディアを気にしつつも呑気な鼻歌を歌いつつ、先頭を歩いていた。

 その鼻歌がまた、今のクローディアを一層刺激していたりするのだが、そのことを直接言葉にされたわけでもなく、ジョー本人が気付くこともない。

 しかし幸いと言うべきか、その鼻歌が不意にやんだ。

 横にいるクローディアばかり見ていたランスが、前に立つジョーの背中に視線を投じる。

 ジョーの顔は見えないが、彼の感情は口調から読み取れた。

「こいつは驚いたぜ」

 その言葉どおり、ジョーは驚いていた。そして同時に、その声は嬉しそうでもあった。

 腕組みを解いたクローディアは、ランスとともにジョーの脇から前を見やる。

 道の前方に、長い金の髪の少女が立っていた。どちらかと言えば小柄で、憂いを帯びた顔つきもあって、はかない印象をかもし出していた。付け加えると、その容貌はどこかクローディアに似ている。

 法衣に近い様式の、ゆったりした白い衣装をまとっているが、その右手には長い槍を携えている。ただしその穂先は布で包まれているので、臨戦態勢ではない。

 そして何よりの特徴として、クローディアやランスの視線を集めたのが、彼女の背に生えた白い翼だった。

「エンジェル……」

 思わずつぶやいたのはクローディアだった。エンジェル、すなわち天使は神に仕える存在。神の使命を帯びて行動する天使がここにいるということは、何らかの神の意思が絡んでいることを意味する。

 もちろんその「神の意思」は、ここにいるクローディア自身のものではない。

 ランスもまた、天使の降臨に驚いていた。彼自身、過去に神と戦った「運命の戦士達(フェイタル・ウォーリアーズ)」の一人ゆえ、天使を見るのが初めてではない。

 しかしやはり、天使がここにいる理由を読めず、口を半開きにして驚いていた。

 ジョーもまた、そうして驚いたのだろうか? そう思った矢先、ジョーが喜色満面、大声でこう言いながら彼女に手を振った。そしてクローディアは、彼の言葉にとりわけ驚くこととなった。

「久しぶりじゃないかよ、エリシア!」


 ジョーと旧知の関係らしい天使エリシアは、しずしずと歩いてきて、そしてジョーの前で恭しく膝をついた。

「ご無沙汰しておりました、ジョー様」

 顔を伏せたエリシアには、ジョーへの恭順の念がありありと表れていた。

「ジョー『様』!?」

 驚きが重なり、思わずクローディアは頓狂な叫びをあげる。

 エリシアは立ち上がってクローディアに向き直り、再びひざまずいて一礼した。

「はい。大恩ある方に『様』を付けてお呼びするのは当然のことと心得ます、クローディア様」

 彼女は、人造魔神たるクローディアのことも知っているらしい。エリシアの他意のない振る舞いを見て、クローディアは気持ちを落ち着けた、一度は。

 「大恩」の中身が気になったが、それを尋ねる前にジョーが口を開いた。

「よせって。俺は『様』なんて大層なもんじゃないって、前にも言っただろうがよ」

 気さくな彼の言葉に、エリシアははにかんだ。その顔たるや、「天使の微笑みとは、かように美しいものか」と誰もが我を忘れんばかりのものだった。

 そして彼女は丁寧に頭を下げながら言った。

「ジョー様のそのようなところも、お慕い申しあげております、我」

 エリシアは何かを言い続けようとしていたのだが、そこでクローディアに遮られた。

 笑顔で見つめ合うジョーとエリシアを睨みながら、クローディアは言い放った。

「すまぬが、私はここより別の道を行かせていただく!」

「な、何を言い出すんだいクローディア?」

 慌ててランスが止めに入るが、頭に血が上ったクローディアは聞き分けない。

「以後、私のことは気にされるな。探しても無駄ゆえ、捨て置かれよ!」

 ジョーもランスも初めて見る剣幕で、早口にまくしたてる。

 そして彼女は一本道の街道から外れると、草をかき分けながら、ものすごい勢いで立ち去っていった。

 呆気にとられたジョーが言う。

「いったいどうしたってんだ、クローディアは?」

 残念ながら、その疑問に答えを発することのできる者は、その場にいなかった。

 なおお節介ながら、エリシアが言いかけた言葉は「我ら天使一同」であったことを書き添えておく。