世界と黒天王3・第7回

光風暦471年6月3日:囚われの身に

 ランスはゆっくり目を開けた。

 いつの間にか意識を失っていたらしい。

 混濁する思考が晴れるにつれ、豹変したユリを追ってソーンの家に入ったことを思い出してきた。

「(ソーンさんの家で、僕は意識を失ったんだな。罠にはまったのか?)」

 周囲を一通り調べたランスは、その推測を確信に変えた。

 彼がいるのは、一見何の変哲もない部屋だ。机、椅子、寝台など、調度もひととおり揃っている。しかし、よく見ると窓がない。覗き窓の付いた扉には鍵がかかっていた。扉の下部には、食事を差し入れるためと思われる蓋がある。

 ここが監禁のための部屋で、自分は捕らえられたのだと理解した。

 持っていた剣は奪われたらしく、部屋の中には見当たらない。ただ、体のどこにも痛みは感じないので、手荒に扱われたわけではないらしい。

 見れば、ユリに切り裂かれた腕にも包帯があてがわれており、丁重に手当てされていた。

「(さて、これからどうしたものか)」

 と考えをまとめていると、外から足音が近づいてきた。

「ランスさん。あなたにはしばらく、ここでおとなしくしていただきます」

 ソーンだった。

 その声色は落ち着いていて、気持ちの高ぶりや悪意は感じられなかった。

「僕はユリを追って、あなたのお住まいにやってきました。

そこで僕は捕らえられたんですね」

 ランスは状況を把握するため、こちらも怒るでもなく尋ねた。

「はい。あの状況を見られた以上、やむを得ないことでした。

ユリを大切に遇してくださった方にこのような仕打ちをするのは、本当に申し訳なく思っていますが」

 まだ状況を飲み込みきれていないランスは、さらに尋ねる。

「ユリは、いったいどうなっているのですか。

分からないことがたくさんあります。

なぜユリが暴れていたのか。

なぜあなたは、町の人にそれを見ないように仕向けていたのか。そして対策をする風でもなく、この状況を放置しているのか。

分からないことだらけで混乱してます。疑問をうまく言葉にもできませんよ」

 ソーンはしばらく沈黙した。

 言葉をまとめているだけではなく、苦悩が感じられる間だった。

「全ては、私の至らなさが招いたことです」

 彼は苦しそうに、それだけ答えた。ますます分からなくなったランスは、立ち上がって問いかけた。

「至らなさって何ですか?

ユリがああなったことに、ソーンさんが関係しているっていうんですか?」

 その言葉にうなずくソーンは、とてもつらそうだった。

 彼は、途切れ途切れにこう答えた。

「私は医者です。

そしてあれが、医者である私にできる限界でした。

私がいただいている評判のように、死者すら蘇らせられるような技があれば、どれだけよかったことでしょうね」

 そしてソーンは、こう言い残して、逃げるようにその場を立ち去った。

「とにかく、ここでしばらくおとなしくしていてください。

抵抗されるなら、私も相応の迎え撃ち方をしなければなりませんので。

無理を承知でお願いします」


「やめよ!」

 そう叫んだのはクローディアだった。

 彼女の前には、友である二人の戦士、そして彼らを羽交い締めにした多くの男達がいた。

 そしてクローディア自身、魔法で拘束されて身動きがとれない。

 敵である男達の一人が、粘っこい話し方で彼女に告げた。

「私達は再三警告してきたはずですよ、クローディア様。

いつになったら私達のもとに戻ってくださるのかと思っていたら、このような人間どもを伴って私達に歯向かおうとしているとは。

穏便な私達も、我慢の限度を越しました」

「黙るがよい!

そなた達の野望に、私が荷担するなどと思うのか。

そなた達など、この場で倒してくれるわ!」

 そして戦いの構えをとろうとするが、人造魔神の彼女の力ですら拘束を抜け出せず、体がまったく動かない。

「どこまでも強情な方です。

やはり見せしめに、この者達を殺す必要がありそうです。

あなた様には、そのくらいしなければ、心変わりをしていただけそうにありませんからね」

 必死で制止の叫びをあげるクローディアをよそに、男は片手を挙げて始末を命じる。

 断末魔の悲鳴とともに、クローディアの仲間の首が刎ねられる。

 血しぶきの中を、彼女の足元に転がってくる首。

 その顔はジョーとランスだった。

「あああああっ!」

 そう叫んだ自分の声で、クローディアは唐突に意識を取り戻した。

 どうやら、夢を見ていたようだ。過去の体験が入り混じった夢。

 彼女は、じっとりとにじんだ額の汗をぬぐいつつ、それが現実でなかったことに安堵する。

 しかし現実の状況も、あまりよいものとは言えなかった。

 彼女がいたのは窓のない石造りの部屋で、扉は鉄格子。ここが牢であることは明白だった。灯りは鉄格子の外の廊下から差す薄明かりだけで、静かで暗い空間だ。

 素早く状況を把握し、意識を失う前のことも思い出したクローディアは、次の行動に移ろうと身を起こす。するとそこに、こちらも来客が現れた。

「クローディアさん、このような場面で失礼しますよ」

 流れる金の髪に、怜悧な眼差し。

 優美な出で立ちだが、斜に構えた言動の男。エブリットだった。

 クローディアは、反射的に身構える。

「何用だ、このような所に現れて。

まさか、そなたが私を捕らえたわけでもあるまい」

 敵意を剥き出しにした彼女の口調に、エブリットは肩をすくめる。

「もちろんです。あなたの力を欲する身ではありますが、手荒な真似は逆効果だと知りましたのでね」

 以前の、町ごとクローディアに敵対するよう仕向けた一件を指しているらしい。

 その企みはジョー達に破られたので、以後慎重に動くようにはしているようだ。

「私がここに来たのは、ランスさんの危機をお伝えするためです」