世界と黒天王3・第6回

光風暦471年6月1日:影を追って

 驚きのあまり、手にした剣を抜くのも忘れてユリを見るランス。

 対するユリは、無表情のままランスを見続けていた。

 背を丸め、腕を垂らした姿勢の彼女は、人というより獣じみた様相を呈していた。

 そのまましばらく膠着が続いていたが、ランスが何か言おうと口元を動かしたとき、突然ユリがランスに飛び掛ってきた。

「なっ!」

 とっさにかわそうとするランスだが、不意を突かれて反応が遅れた。そのため、彼女の爪によって、服ごとニの腕を浅く切り裂かれた。

 「救世者」の称号を持つだけのことはあり、常人の攻撃などは歯牙にもかけない彼だったが、かわしきれなかったのは気の緩みからだけではなかった。ユリの動きもまた、常人離れしたものだったのだ。

 およそ説明のつかないユリの俊敏さに、ランスは戸惑う。

 その間にも、ユリは唸り声をあげながら、次々と攻撃を繰り出してくる。

 さすがにランスもニ撃目を受けることはなく、鮮やかな体捌きで次々と攻撃をかわす。しかし腰が引けているのか、次第に押されていき、やがて別の袋小路に追い込まれてしまった。

 このままでは、次は深手を負うことになる。

 ランスは焦りつつ、ようやく剣を構えた。ただ、鞘は付けたままだ。

 ユリはそれに怯むこともなく、じりじりとランスとの距離を詰める。

「ユリ。僕だ、ランスだ! しっかりしてくれ!」

 どうしていいのか分からず、やけになってランスは叫んだ。

 すると、ユリの動きが止まった。

 ランスは、彼女が我に返ったかと期待したが、残念ながら彼女の表情に変化はない。ただ、彼女は苦しむような唸り声を発し、頭を掻きむしり始めた。

 何が起きているというのだろうか。ランスは、恐る恐る彼女に近づく。

 すると彼女は突然顔を上げると、短く吠えて、その場で跳び上がった。

 何という跳躍力だろうか。彼女は一跳びで、傍らの家の屋根に乗っていた。そして屋根伝いに、ものすごい速さで逃げていった。

「どこへ行く!」

 不利は承知だが、このまま見逃すわけにもいかない。

 ランスも路地を走り、彼女の後を追った。

 まずいことに首を突っ込んでしまったと悔やみつつ。

 そして数分の後、何とか彼女を追い続けることに成功したランスは、彼女がソーンの家に飛び込むのを見届けた。

 ランスは、息を殺して様子を伺いながらそこに近づくが、それきり家の中からは何の物音も聞こえてこない。それがかえって不気味だった。

 最悪の展開の予感を胸に抱きながらも、ランスはついに玄関に立ち、家の戸を叩いた。

 やはり物音はしない。ソーンが起きてくる気配もない。

 ランスが取っ手に手をかけると、ひとりでに戸は開いた。

 静かな室内は、不自然なほどの闇に閉ざされている。

「ユリ? ソーンさん?」

 声をかけるが、返事はない。

 ランスは意を決して、家の中へと足を踏み入れた。


 ランスがソーンの家に入った頃、ジョーはクローディアとともに夜の町を走っていた。

 ランスが階下に降りた後、それに気付いたクローディアがジョーを呼び、ランスの後を追っているのだ。

「緊急のことだったとはいえ、ランスは一人で大丈夫であろうか」

 クローディアの表情は冴えない。

 しかし、走り詰めでありながら息を乱していないのは、さすがである。

 ジョーも平然と走っているが、やはり答えは精彩を欠いている。

「大丈夫だとは思うぜ。ただ」

「ただ?」

 言葉を濁したことを、クローディアが問い改める。

「相手がただ者じゃないような気がしないか?」

「確かに、私も嫌な予感がする。

普通の魔物なら無差別に人も襲うと思うのだが、この相手は姿を見せなければ安心だという。なぜそう言いきれるのであろうか。

それに、明確な敵として認識されていながら、町のほうでも対処していないのは不自然だ」

 二人も、外に出る際に、ランスと同じように宿の主人から話を聞いた。

 それゆえに、この出来事に不信を抱きながらランスを追っているのだ。

「だな。相手は、町の人に見られちゃ都合の悪い存在なんだと思うぜ。誰かが意図的に、その正体を隠している。

そしてご主人からの話を思い出してみたら、それが誰か、分かるよな」

「ソーン殿、だな」

「ああ。ちょうどランスの気配も、そっちに向かっているんだろう?」

 そう言ってジョーは、自分達の向かっている方向を指差した。

 クローディアは浮かない顔をしつつ、うなずく。

 二人は、クローディアの神としての優れた認識能力によってランスの行方を掴み、追っているのだ。

 そしてやがて、二人もソーンの家に足を踏み入れた。

 ランスが入ったときと同様、そこには誰もいない。ここに確かに入ったはずのランスの姿もない。

 悪い予感をいっそう募らせつつ、二人が闇に包まれた室内を見渡そうと目を凝らしていると、背後で扉が音を立てて閉じた。

「ジョー、気を付けるのだ。何かがおかしい」

 クローディアが警戒してそう言った時には、既に遅かった。

 仕掛けられた何かによって意識が遠のき、二人はその場に崩れ落ちた。