世界と黒天王3・第5回

光風暦471年6月1日:闇に潜む影

 やがてランスが、宿にひっそりと帰ってきた。

 その横顔は幸せそうであり、そして疲れたようでもあった。ユリを送る道中、ずいぶん緊張したのだろう。

 彼は静かに階段を上がり、ジョーのいる寝室に入った。ジョーは既に眠っていて、クローディアも別室に戻っているようで、部屋はひっそり静まり返っている。窓の隙間から差し込む月明かりが、ほんのり室内を照らし出している。

 ランスは、顔の火照りを冷まそうと、窓際に行ってしばしくつろぐ。

 開け放った窓枠に肘を突いて顔を支え、前屈みになって外を眺める。

「(ユリ、冒険者に憧れるって言ってたなあ。

こうして町で暮らすのにも、不自由はないように思うけど)」

 彼は視線を、そばに立てかけた自分の剣に向ける。

「(英雄になりたい、か)」

 その眼差しは優しかったが、どこか複雑な感情が混じっているようにも見える。

「(本当にまっすぐな気持ちで、そう言ってたな、ユリは。

できることなら、その手伝いをしてみたいけど)」

 そこで彼は我に返り、ぶるぶると首を横に振った。

「(何を考えてるんだ、僕は。目的あっての旅に、ユリを連れていくつもりなのか?

さすがにそれはできない。平穏なことばかりじゃないんだ)」

 彼は小さく溜め息をつく。

「(そもそも、何かを失う覚悟もなしに、英雄など目指せるんだろうか。

ユリにしても、そして、僕にしても。

僕はまだ、それを体験したことがない。

そうなった時、僕はどうするだろう。僕は何ができるだろう)」

 ランスは、うつむきながらしばし思いふけった。

「(重いよね、英雄って)」

 思考の連鎖を断ち切り、ランスは立ち上がって窓を閉めた。

 ちょうどその時、窓の外から大きな物音が聞こえてきた。

 木箱が打ち砕かれたような音が立て続けに。

 魔物だろうか。そう思ったランスは、剣を手にして階下に急いだ。

 すると1階で、不意に宿の主人に呼び止められた。

「お客さん、悪いことは言わない。外には出ないほうがいい」

 まさか主人がいるとは思っていなかったランスは、面食らいつつ彼に訊いた。

「でもこれって、魔物じゃないんですか?

ただの酔っ払いというわけじゃないでしょう。

だったら、町の人が危険です」

 主人はランスをなだめる。

「その心配はいらないよ。

外に出なければ、魔物は決して襲ってこない。

ソーン先生がそうおっしゃっているし、事実今まで襲われた人はいない。

何が起きているのかは、決して見てはいけない。

静かになるのを待ちさえすれば、怪我をすることはない。

先生は、そうおっしゃっているんだ」

 だが、彼のその声は精彩を欠いていた。

 すっきりしないのは、その言葉を聞いたランスも同じだ。

「だからと言ってこの物音、町が破壊されているんでしょう?

これでいいって言うんですか?」

 主人は答えない。危険がないと考えているのは事実だろうが、現状を快く思っていないのもまた事実のようだ。

 しびれをきらしたランスが言い放つ。

「見てきます、その魔物を。退治できるかもしれませんし」

 そして外へと駆け出す。

「危ないよ、旅の人!」

 主人が慌てて制するが、ランスは毅然としてそれを拒んだ。

「大丈夫、これでも戦いの経験はたくさん積んでるんです」

 それだけ言い残すと、ランスは外に踊り出た。


 虫の声すらなりを潜めた街中に、その原因となっている大きな物音が響き渡っている。

 様々な物が壊されているようで、色々な種類の音が聞こえてくる。

 音源は一箇所だ。ランスは迷わずそこへと走る。

 普段の穏やかな様子からは想像し難い俊敏さだ。その身のこなしは、およそ人間離れしている。

 常人が走って数分かかるところを、ランスは一分とかけずに走り抜けた。

「(ユリも、ちゃんと家でおとなしくしてるんだろうな。

大丈夫だとは思うけど、そうあってほしい)」

 そう思いながら彼が行き着いた先は、路地の奥の袋小路だった。

 周囲は家に囲まれているが、人々は怯えて引きこもっているらしく、顔を覗かせる者もいない。

 そしてその闇の中、ただ一つ動く影があった。

 人だ。周囲にある物を掴み、そして投げては壊している。

 その動きに、およそ理性は感じられない。

 破壊衝動にかられて、その人影は暴れているらしい。

 駆け付けたランスが、人影に向かって叫ぶ。

「そこで何をしている!」

 人影の動きは止まり、そしてゆっくりとランスへ目を向けた。

 月明かりが、その顔を照らし出す。

 ランスは、虚ろな眼差しを向けられて、驚愕の声をあげた。

「ユリ……?」