世界と黒天王3・第3回

光風暦471年6月1日:医師ソーン

 エブリットに「期待して行かれるとよいでしょう」と言われると、素直に期待できない三人であった。

 ランスもクローディアも、言葉にこそしないものの、露骨に怪訝そうな顔をしている。

 そして二人は、のんびり立っている巨漢のジョーを見上げたが、彼も肩をすくめて苦笑するのみだった。

 そして三人は、やや重くなった足取りで町外れの医院にたどり着くと、おっかなびっくりその戸を叩いた。

「どうぞ、お入りください」

 中から響いてきた声は、予想よりずっと穏やかで、優しい雰囲気のものだった。

 ランスやクローディアが安堵したのが、彼らの顔色から分かった。

 ゆっくり戸を開いて三人が中に入ると、木作りの素朴な机の向こうに、白衣をまとった細身の男性が座っていた。

 年齢は40台半ばと思われる、紳士然とした男性だ。

 黒くて短い髪を後ろに流し、うっすらと口髭を蓄えている。切れ長の茶色い眼をしていて、その眼差しはあくまで優しい。

 話しやすそうな人だという印象を、すぐに三人は抱いた。

 医師ソーンは、三人の様子を見て意外そうな顔をした。

「先程も突然のご来客がありましたが、皆様も具合が悪いわけではなさそうですね」

 これには、ジョーが名乗りつつ答えた。

「お仕事中に申し訳ない。実は、お伺いしたいことが」

 ソーンは微笑んで、こう言った。

「いえ、ご来客はいつでも歓迎しますよ。お気に病まれず。

して、私でお役に立てるでしょうか」

 一礼してジョーは、本題を切り出した。

「実は、こちらを訪ねたメイナードという戦士の消息を追っていて、何かご存じのことがあれば教えていただきたいのだが」

 ソーンは即答した。

「ええ。メイナードさんなら、確かにここに立ち寄られました。

しばらく話して、すぐにここを発たれましたが」

 しばらく前のことに関する咄嗟の質問への、即座の対応。頭が切れる人物だと伺えた。

 そのことをありがたいと思ったらしく、ジョーはさらにこう質問した。

「情報、かたじけない。

ところでメイナードは、何を求めてこちらを訪ねたのか、その時の会話から推測できないだろうか」

 ソーンは、にこやかに答えた。

「メイナードさんは、私の医術について、いくつか質問をなさいました。

たとえば、そうですね……。

『あなたの医術は、死者をも蘇らせるという噂を聞いたが、それは本当か』

とおっしゃいましたね」

 死者をも蘇らせる。誉め言葉にしても突飛過ぎる表現だ。

 三人の顔にも驚きの色が浮かぶ。

 今度はクローディアが、恐る恐る開口した。

「それに対するあなたの答えは、いかなるものだったのか?」

 ソーンは、真顔でしばしクローディアを見つめる。

 三人がその沈黙の時間に違和感を感じかけた時、ソーンはにっこり微笑んで、こう告げた。

「答えはいいえ、ですよ。

たかが人の身で、そんなことができるはずがありましょうか」

 拍子抜けした三人に、ソーンはさらにこう言った。

「そうお答えしましたら、メイナードさんは『そうか』とだけおっしゃり、そのままここを発たれました。

首都を目指すとおっしゃっていましたよ」

「なるほど。それだけ分かれば十分だ、ありがとう」

 落ち着きを取り戻したジョーがそう言うと、ソーンは再び微笑み、席を立った。

「御三方、お茶をおいれしますので、しばらくおくつろぎください。

こうしてお話ができたのも一つの縁。メイナードさんのように、すぐに発たれることもないでしょう」

 その言葉に甘え、三人はもう少しだけ厄介になることにした。

 ソーンが奥の厨房に姿を消して、少しの時が流れた。

 彼の戻りを待つ三人は、しばし黙して座っていたが、やがてそれぞれが何かを言おうと身を乗り出した。

 ちょうどその時、戸を叩く音がして、厨房側ではなく玄関の扉が開いた。

「先生、ただいま戻りました。もうすぐお食事にしますね!」

 三人が振り向くと同時に、聞き覚えのある少女の声が響く。

 その声の主は、町に入ったときに出会った少女だった。

 互いに目が合うと、全員が驚いて目を見開いた。唐突な再会である。

「え、あなた方は、あの時の……」

 少女は、うろたえ気味に視線を泳がせる。そして、ランスと目を合わせた。

 その瞬間、二人とも顔を真っ赤にしてうつむいた。

 ランスが少女の肩を抱いて支えたことを、二人とも思い出したのだ。

 その様子に、ジョーもクローディアも口を挟めずにいるところへ、ソーンがお茶を入れて戻ってきた。

「いつもすまないね、ユリ。

……おや、皆様はユリとお知り合いだったのですか?」

「は、はい。先生」

「え、ええまあ……少しご挨拶しただけなんですけどね」

 ソーンに対して、ユリとランスが口々に答える、少なからずうろたえながら。

 その様子を楽しそうに眺めながら、ソーンは皆にお茶を勧める。

「ユリもかけなさい。ちょうどお茶にしようとしていたのです。みんなでゆっくり話しましょう」

 そして一同は、和やかに、そしてどこかぎこちなく語り合った。