世界と黒天王2・第14回

光風暦471年5月27日:担い手に挑む者達

 ほどなく、リリベルの出番がやってきた。

 彼女の存在や実力を、町の人々は皆知っている。

 かつて彼女が、町を襲った魔物の群れを、一人で退けたのだから。

 観衆は一様に静まり返り、畏怖や尊敬のこもった眼差しを、彼女に注いだ。

 しかし、壇上に立つリリベルには、覇気が感じられなかった。

 無表情とも言える精彩に欠ける面持ちで、うつむいて立っている。

 その手には、古くから伝わる剣を手にしているが、鞘に収まったままだ。

 柄や鞘の装飾から、並々ならぬ業物だとは容易に理解できるが、鞘の中にあるためか、剣から威圧めいた力は感じられない。

「あれが、いわくつきの剣なんですね」

 しげしげと剣を眺めながら、ランスがヴァルターに話しかける。

「うむ。強大な魔法の力を秘めた剣だ。『神の怒り』と我々は呼んでいる」

 クローディアも、リリベルや剣を凝視している。

「まだその力のほどは感じられぬが……鞘から抜かれたとき、どうなるかだな」

 ヴァルターは固唾を飲みつつ、うなずいた。

 そんな声をよそに、リリベルは対戦相手の魔術師の男と向き合った。

 双方、深く頭を下げて相手に一礼し、距離をとる。

 そして、試合開始の号令が下された。

 次の瞬間。

 呪文の詠唱に入ろうとした魔術師は、旋風に飲まれて吹き飛んでいた。

 そして彼が場外に落ちるまで、リリベルは同じ姿勢で立ち続けていた。

 そして呆然とする観衆に向けて一礼すると、彼女は無言で舞台から降りた。

「やはり、『神の怒り』の力もリリベルの技も、以前からいささかの衰えもなかった……」

 固い表情のヴァルターは、うめくような声で言い、こう続けた。

「私には見えなかったが……今リリベルは、確かに剣の力を使った」

 その言葉に、クローディアがうなずいて言う。

「居合い、だな。素早く剣を抜き、一撃の後に鞘に戻す技だ。

しかし、あのように速い居合いは、私もいまだ見たことがない」

 感心しつつも、やはり先への不安が隠せない。そのことが口調に表れていた。

 無理からぬことだ。人造魔神のクローディアにそう言わしめるほどの剣速だったのだから。

「(やはり、ジョーやヒューイではなく、私が出ればよかった)」

 と悔やむが、もう遅い。

「ねえ、ヒューイ兄ちゃん、悪のザコ。大丈夫……?」

 神殿の子供達が、心配そうにヒューイやジョーを見上げる。

 ヒューイは答えに詰まるが、その様子を見たジョーに、盛大に肩を張り飛ばされた。

「うわっ……い、いってえなこのバカ野郎!」

 本当に痛かったらしく、目に涙をためてジョーに食ってかかるヒューイ。

 しかし、それを軽く抑え込みつつ、ジョーは子供達に笑いかけた。

「確実絶対に大丈夫だ。

決勝を楽しみにしてな。この世で一番強いのは何か、そん時分かるからよ」

 そして試合はさらに進む。

 やがて順調に勝ち進んだジョーは、準決勝でヒューイと対戦することになった。

 しかし、ここでジョーは、あっさりと棄権した。

 ざわめく観衆、そして審判やヒューイに向けて、ジョーはよく通る声で告げた。

「後のことは、全てこのヒューイに託す!

こいつは、みんなの心に残る勝負をして、絶対優勝してくれる。

俺様はそう確信している!」


 その様子を、やはりエブリットは呆れながら見ていた。

「まあ、あの大男と少年と、どちらが来ようとも彼らの勝ちはあり得ませんが……あえて少年を危機にさらすとは。

少年の顔を立てたいのでしょうが、甘いとしか言いようがありません」

 そう言いつつ、彼は傍らに戻っているリリベルを見やる。

 そして彼は彼女の反応を伺うが、リリベルはやはり押し黙ったままだ。

「相変わらず無口ですね。

まあ、無理もありませんか。家族のように過ごした者と戦うことになるのですから。

しかし、手加減は許しませんよ。

少年の命を救う代わりに、この大会で剣の力を存分に使うと約束したのですから」

 その時、リリベルは彼の言葉に反応を示した。

 視線を宙にさまよわせつつ、小さくうなずいたのだ。

 エブリットは、その様子にかすかな違和感を抱いたが、すぐにそのことは意識の範疇から追いやり、満足そうに薄く微笑んだ。

 そして、リリベルも当然のごとく勝ち抜いて、ついに決勝の時がやってきた。