世界と黒天王2・第9回

光風暦471年5月19日:再会

「その魔術によって実現できる事柄は、この世界の魔法とは比べものにならぬほど幅広い。

しかしその代わりに、使う力の大きさも尋常ではない。

術者自身の魔力では事足りず、周囲の生気を用いるのだ」

 と話して、クローディアはジョーやランスの顔色を伺う。

「このような突拍子もない話を、お二人にしてよいものか迷ったが……」

 これに応じたのはランスだった。

「その心配なら、しなくて大丈夫。

『真正魔術』のことだよね?」

 予想外の答えに、クローディアは眼を丸くする。

「『真正魔術』??異世界神の使う魔術は、今までに経験した戦いのなかで、その存在も知らされたから。

話の内容に抵抗はないよ」

「そうか……さすが『救世者』殿。やはりご存じであったか」

 平然と答えるランスに、クローディアは感服する。

 ひ弱そうな青年にしか見えないランスだが、やはり歴戦の勇士。常人なら決して知り得ないような知識も得ている。

「うん。その力のほども、身をもって知らされたことがある。

でも、その剣が『真正魔術』を帯びた剣なら、いったいなぜ人の手に渡っているのかが気になるね」

「そうだな……」

 考え悩むランスとクローディア。

 そこを、ジョーが気楽な調子で結んだ。

「ま、神殿の二人もその経緯は知らないみたいだし、この謎はたぶん解けないさ。

とにかく言えることは、その剣が人の手に余る危険なおもちゃだってことだな」

 ランスもクローディアも、真剣な顔をしてうなずく。

 そしてジョーは、こう付け加えた。

「まあ……なんてえか、悪い奴が欲しがりそうなおもちゃだよな」

 そして部屋を出た三人は面食らった。

 ジョーの台詞がすぐにも真実味を帯びてしまったからだ。


 聖堂の入り口で、二人の神官が男と話している。

 どういうわけか、先日レイザンテで出会ったエブリットが、この神殿を訪ねてきているのだ。

「……タイミングよ過ぎだぜ」

「……ものすごく嫌な展開だね」

 肩をすくめて笑うジョーに、苦虫を噛み潰したような顔をしているランス。

 クローディアも、先にエブリットから受けた仕打ちを思い出したのだろう、眉間にかすかな皺を寄せて、厳しい眼差しで彼を見据えている。

 そんな三人に、いつの間にか神殿に戻ってきていたヒューイが声をかける。

「ねえ、お兄ちゃん、お姉ちゃん、悪のザコ。

あの人のこと、知ってるの?」

「うむ……もう会いたくはない相手だったのだが」

 三人の様子を気にしながら、ヒューイも彼らと一緒にエブリット達の様子を眺める。

 いや、正しくはヒューイの視線は、リリベルに向けられているようだった。いかにも心配そうで落ち着きがない。

 エブリットは、ヴァルターやリリベルと話しているが、やがてヴァルターが少し下がった。そしてエブリットは、短くリリベルに何かを告げたようだった。

 リリベルがそれに対して、これといった反応を示さないまま、エブリットはその場を立ち去った。

「いったい、何だったんだい?」

 ジョーが二人の神官に尋ねる。

「いえ……何でもありません」

 明らかにそうではないと分かる態度で、リリベルがそう答えたが、ジョー達はそれ以上問わず、しばらく黙って彼女を見つめていた。

 そしてその夜は、ジョー達は神殿に身を寄せ、子供達に囲まれて和気藹々と過ごし、眠りについた。

 しかしその翌朝、事件は起こった。

 リリベルが忽然と姿を消していたのだ。