世界と黒天王2・第7回

光風暦471年5月19日:はかなき命

 このリリベルの言葉に、最も反応を示したのはジョーだった。

「ふうん、あの野郎がな……」

 やや皮肉めいた言葉だが、まんざらでもない感情も混じっている。

 不思議な反応に、リリベルが尋ねる。

「いかがなさったのですか、ジョーさん?」

「あ、いや。あいつにしては、意外な行動だと思ってな。

じゃあ結局あいつは、偶然この町が襲われている時にやって来て、ヒューイを蘇らせて去っていった、というわけなのかい?」

 ジョーの表情は穏やかだが、まだ訊きたいことがある様子だ。

「はい。そうなのですが……?」

 ジョーは何が言いたいのだろうと、掴みかねるリリベル。クローディアやヴァルターも、不思議そうにジョーを見つめている。

 その様子に気付いたジョーは、こう付け足した。

「つまり、野郎は剣が目当てでここに来たわけじゃないってことなんだな?」

「ええ、それは間違いありません」

 きっぱりしたリリベルの答えで、ジョーはようやくすっきりしたようだ。

「なるほど。

まあ、野郎のことだ。はなから、剣目当てだとは思えなかったけどな。

なぜ剣のある神殿を訪れたのかが分からなかったけど、そういうことだったんだな」

 ここでジョーは、自分に向けられたクローディアの不思議そうな眼差しに気付いた。

「ん、どうしたクローディア?」

「ジョーの話しぶりを聞いていると、そのメイナードという人物が気になってくるのだ。

いったい、メイナードとはどういう人物なのだ?」

 ジョーは答えに詰まり、しばらく腕組みをして考え込む。

「そうだな……まあ、簡単に言うなら、根っからの武人ってとこかな。

ただ、本当にそうなのかどうかは分からない。掴み所のない奴でよ。

そのあたりを確かめたいってのが、旅の目的なんだ」

「そうか……」

 クローディアは遠い目をして、ぼんやりと想像を巡らせているようだ。

 しかし、すぐにジョーの次の言葉で我に返る。

「ま、それはさておき」

 ジョーは、話が逸れて残されていた疑問を並べ立てる。

「今のリリベルさんの話で、聞きたいことがまだある。

一つは、メイナードの野郎が使ったという蘇生について。

もう一つは、剣の力について。

まずは、蘇生について……」

 そこで、クローディアが目を見開いて、こう言う。

「そうであった。

蘇生などという奇跡を、その人物が果たして施せるものなのか。

それについては、私も強く疑問に思う」

 この世界の一般的な知識として、蘇生の奇跡は、聖職者にとっての究極の境地とされている。神の存在する世界なので、こうした奇跡の存在も否定はされていないが、それを目の当たりにした者は公には確認されていない。

 実際のところ、蘇生を行う神聖魔術は存在するのだが、世界有数と言えるほど高位の術者でなければ体得できないので、その存在は幻として語られている。

 はたして、メイナードという武人が、そのような奇跡を施すことができるのか。

 リリベルの話を疑っているわけではないクローディアだったが、なまじ自らが高位の聖職者であるがゆえに、不思議に思えて仕方ないのだった。

 しかしその思いは、ヴァルターの答えによって得心のいくものとなった。

「いや、メイナード殿も、完全な蘇生は行えなかった。

今のヒューイは、かりそめの命で動いている存在なのだ。

生前と同じ人格を有し、生前と同じように暮らしているが、その生命は通常の手段ではつなげない」

 そしてヴァルターは、懐から丸薬の入った小瓶を出して見せた。

「術のかかった薬だそうだ。これを一日一粒摂らなければ、ヒューイは死ぬ」

 三人の視線は、瓶に釘付けになっている。

「蘇生の奇跡というより、反魂の術といった感じですね。

言いにくいのですが、ヒューイは亡者として蘇ったのでは……?」

 ランスの言葉に、ヴァルターはうなずく。

「そのようなものだと、メイナード殿はおっしゃっていた」

「何とかならないのですか?

ヒューイを元通りに復活させる方法はないのですか?」

 ヴァルターは、いっそう重々しく答える。

「メイナード殿は、こうおっしゃった。

『いつかきっと、救いの主が現れるだろう。それまでは機を待て。

すまぬが、自分にできるのはここまでだ。あとはその者に委ねる』と」

 クローディアは、無言でランスと目を合わせ、そして沈痛そうにうつむいた。

「そうか……。

ところで、今度は剣の力について訊いてもいいかい」

 再びジョーが話を変えた。