世界と黒天王2・第6回

光風暦471年5月19日:剣の力

「さて…ヒューイ達は行ったようだな」

 神殿の奥の一室に招いたジョー達を前に、ヴァルターが口を開く。狭い部屋に、低い声が重々しく響く。

「話しておこう、メイナード殿のことを。そして剣のことも、あわせて話しておきたい」

 そこで、異口同音に、ジョーとランスとが訊き返す。

「剣のこと?」

 しかし、その二人の表情は対照的だ。ランスは、純粋な関心から尋ねたようで、ジョーは逆に、なぜ剣がメイナードに関係するのかと不思議そうにしている。

「うむ。

まあ聞かれよ。今後の皆様の旅の参考になるかもしれぬ」

 三人に茶を勧めながら、ヴァルターはこう切り出した。

「皆様は、剣についてどのくらいのことを聞かれておいでか?」

 これについては、ランスが答えた。

「かつてこの町の英雄が携えていた、という言い伝えを聞きました。

神から授かった、比類なき力を備えた聖剣だと。

この町を襲った危機から、英雄とともに町を守ったとも」

 ヴァルターは深くうなずく。そしてランスに尋ねる。

「ではランス殿。あなたは、その剣の力についてはご存じか?」

「いいえ。僕が聞いていたのは、そこまでです。

そして、英雄の没後に剣が保管され続けてきたというこの神殿を、メイナードが訪ねたことしか存じません」

 ヴァルターは、ランスの答えを受けて、ゆっくり言った。

「なるほど。

では、メイナード殿がなぜこの神殿を訪ねたのかは、ご存じないということだな」

「はい」

 そこで、一瞬の逡巡が、ヴァルターの表情に伺えた。

「……メイナード殿は、剣の力の後始末をつけてくださったのだ」

 そこでヴァルターは、おもんばかるようにリリベルを見た。

 リリベルは、辛そうにうつむいたが、すぐに顔を上げ、ヴァルターの後を続けた。

「後は、私がお話しします。

実は、このイルバランの町は、剣の力を欲する魔物達に、たびたび襲撃を受けています。

そしてその襲撃が、つい最近にもあったのです」

 そこで一呼吸おいて、リリベルは続けた。

「その時、担い手である私が、剣をとって魔物に挑みました」

 線の細いリリベルが、剣を手に戦う姿は想像し難い。

 それを聞いたランスが、少なからず驚いた。

「いかに聖剣があるとはいえ、もしやリリベルさんお一人で?」

「いえ、私が先陣を切りましたが、町の皆様と一緒に戦いました。

ですが苦戦を免れることができず、その時ついに、剣の力を解放したのです。

それによって、魔物達は一瞬で焼き尽くされ、勝利を収めることができたのですが……」

 ここでリリベルは、悲しそうに口をつぐんだ。

「剣の力の副作用が、町の人々にも及んだのです」

 よからぬ話に、一同の顔が、一気に険しくなる。

「剣は、強大な力の源として、人々の生気を欲したのです。

それによって、力尽きて倒れる方が続出して……そのなかでヒューイが亡くなりました」

 三人は驚いて、思わず「えっ」と声をあげる。

 しかし、すぐには頭の整理がつかず、それ以上の問いが出てこない。

 やっとのことで、クローディアがまずこう言った。

「しかし、ヒューイは生きているではないか。

現にこうして私達は、彼に出会って話している」

 その疑問もさもありなん、とリリベルはうなずく。

「はい。ヒューイは一度死に、そして蘇りました。

聖職にある私にも、信じ難いことですが……。

その奇跡を施してくださったのが、メイナード様なのです」