世界と黒天王2・第5回

光風暦471年5月19日:司祭の誘い

 リリベルは、まっすぐジョーを見つめているが、その視線にはどことなく不安げなものを感じる。

 物腰の柔らかさを物語る、穏やかな目元。その茶色の瞳はあくまでも澄んでいるものの、心に根ざす影のようなものを映し出しているようにも見える。

 ジョーは、その様子を感じ取ったのかどうか、一瞬無言で彼女を見つめ、それから話し始めた。

「時間をとらせて申し訳ない。

実は、メイナードという名の男が、以前にここを訪ねたと聞いた。

その男の行方について、ご存じのことがあれば教えていただきたいのだが」

「メイナード……」

 と小声で復唱したのはリリベルではなく、クローディアだった。

 ジョーが初めて口にしたその名。ジョーの旅の目的になっているという人物。

 知らず知らず、クローディアはその存在を深く気にしていたようだ。

 もっともクローディアのつぶやきは、周囲の誰の耳にも届かず、会話の妨げになるものとはならなかった。

「ええ、今から半年ほど前のことでした。

そう名乗る旅の方と、確かにお会いしました」

 そしてリリベルは、堅い表情でこう続けた。

「あの方には、ひとかたならぬお世話になりました」

 言葉にふさわしくない表情。すかさずジョーが問う。

「お世話に、か……」

 この時のジョーも、複雑な表情をしていた。

 普段見せている、明るい気楽な表情ではない。

 リリベルの言葉に喜ぶような、同時に苛立ちもするような。なぜかそうした複雑な感情が入り混じった表情をしていた。

 そしてジョーは、無意識のうちにであろう、とても真剣な眼差しをリリベルに向けていた。

「あの野郎が、いったい何をしたっていうんだい?」

 リリベルは言葉に詰まる。

「それは……」

 彼女がメイナードという人物に恩義を感じているのは、間違いなさそうだ。しかし、そこには複雑な事情があるらしい。

 不思議そうに見守るランス、クローディア、そして子供達に囲まれて、リリベルは沈黙してしまった。

「すまない、言いにくいことを訊いちまったんだな。許してほしい。

改めてあの野郎の行方について、教えてもらえないか?」

 リリベルの様子を見て我に返ったジョーが、申し訳なさそうに話を戻す。それで彼女も、ようやく言葉を発することができた。

「はい…あの方、メイナード様は、首都を目指して旅を続けるとおっしゃいました」

「首都……アリエスタか。野郎は東へ向かったわけだ」

「はい。おそらく…」

 ジョーが名前を口にしたレグナサウト王国の首都。人と物とが集う、巨大な都市だ。

 ここイルバランの町は、王国の西端近くにあり、首都は東海岸にある。

 ジョーが追うメイナードは、ずいぶん長い旅をしているようだ。

「そうか、ありがとう。

それだけ聞けたら十分だ。

お邪魔して申し訳なかった」

 そう言って、ジョーは素直に頭を下げる。

 それ以上の追求はきっぱりしない、という意思の表れだ。

「いえ、そんな。

ジョーさん、もう行かれるのですか?」

 歯切れ悪そうに、かつ残念そうに、リリベルが引き留めようとする。

「ああ。これ以上邪魔をするわけにはいかないからな。

アリエスタに向かって旅を続けるよ」

 と、ジョーは申し訳なさそうに微笑んで、軽く手を挙げた。

 すると慌てて、ヒューイ達が口々に抗議した。

「もっとゆっくりしてけよ、お兄さん、お姉さん。ついでに悪のザコ!」

「そうよそうよ、もっと私達と遊ぼうよ!」

「せっかく友達になったのに」

「今夜は泊まっていきなよ、ここに。俺達のベッド使わせてやるからさ」

 ジョーは、困り顔で二人の仲間と顔を見合わせた。

 そこに、よく通る低い声でヴァルターが言った。

「子供達の言うとおり、今日はここに泊まって行っていただけぬか」

「でも、お邪魔になるかと」

 とランスが遠慮するが、ヴァルターはゆっくり首を横に振った。

「いや、むしろ子供達も、リリベルも喜ぶ。むろん私もだ」

 そしてヴァルターは続ける。

「先にお詫びを申しあげる。

『剣』の担い手に話を聞きたいということで、初めは剣を手に入れようとする欲深き者かと疑っていたのだ。

しかし、想像とはまったく違うことが、皆様を見て分かった。

ぜひ、今日はゆっくりして行っていただきたい。

そして、その前に……」

 そしてヴァルターは、ジョー達を奥へと手招きした。

「皆様、リリベル、こちらへ。

先のメイナード様の話をいたそう。

ヒューイ達は、しばらく外しておくれ」