世界と黒天王2・第3回

光風暦471年5月19日:神のみもと

 そして翌朝。

 澄み渡った初夏の空を仰ぎながら、三人は宿を出て、神殿を目指す。

 三人が泊まった宿は、町の西の入り口近く。対する神殿は、町の中心を基準にしてほぼ点対象の場所にあたる、東の入り口近くにあるそうだ。

 もっとも、イルバランの町はあまり大きくないので、半時間ほどもあれば十分にたどり着ける。加えて道筋も単純だ。

 城下町の場合は、外敵からの防衛のため、複雑に入り組んだ路地で埋め尽くされ、移動がしにくい例も多い。しかしこのイルバランでは、街路は町の中心から放射状に伸び、それを環状路がつないでいるという、分かりやすい造りになっている。「ここは商業都市だから、防衛より物流のしやすさを優先して造られたらしいね」と、ランスが予備知識を語った。

 そして三人は、事実すんなりと町の中心にたどり着いた。

「お、結構人が多いな」

「うむ。昨日も感じたが、この町は活気にあふれている。とても居心地がよい」

 町の中心にゆったりと確保された広場の周辺には、商店が軒を並べ、盛んに取引がなされている。町の喧騒が、心地よい響きとなって三人の耳に届く。

 そんななか、賑やかな光景を見回していたランスが、ふと視線を止める。

「何だろう、あれ。舞台かな?」

 そう言いながら彼が指差したものは、広場の中心にどっしり構えた、大きな壇だった。

 石造りで、高さは大人の腰ほど。彼の言うように、舞台として使えるほどの広さがある。

 ジョーもクローディアも、これに関する知識はなかった。

 そこですかさず、ジョーが通りすがりの人に尋ねる。

「なあ、あの台はいったい何なんだい? 俺達、よそから来たところでよく分かんなくて」

「そうか、よそから来たんだね。いい時に来なさった。

あれは武道大会に使う舞台なんだ。

この町では年に一度、神様への奉納試合をやるんだよ。あれがその舞台になるんだが、8日後がその試合の日なんだ」

 口ひげをたくわえた、恰幅がよくて人のよさそうな通行人は、その見かけどおり快く答えてくれた。彼は、まじまじと舞台を見つめるジョー達に、不意に言った。

「なんだったら、あんた達も試合に出てみたらどうだい?

二人はいい武器も持っているようだし、残りの兄さんはいい体をしてるじゃないか。

いい線いくと思うけど、どうだい」

 ランスは大剣を背負い、頑丈な板金鎧を着けている。クローディアは、立派な防具こそないものの、腰には長剣を吊っている。二人とも、一目で腕がたつと分かる。丸腰のジョーは……まあ、大きいことは確かだが……ただの朴念仁にも見える。

「えっ」

「い、いや、私達はただの通りすがりの者ゆえ」

 と、ランスとクローディアはうろたえるが。

「出場枠に空きがあったら、参加するのも面白いかもな」

 と、一番心もとなさそうなジョーが笑って答えた。

「ジョー。悪いが、そなたでは無理だろう……」

 彼の言葉に面食らったクローディアが、呆れ顔でつぶやく。

 実はクローディアは、ジョーを気のいい怠け者としか思っていない。ジョーの普段の素行にすっかり騙されて、彼のもう一つの姿??黒い鎧の「運命の戦士」??を、彼だと気付けずにいるのだ。

 もっともそのおかげで、クローディアは感情豊かに、そして屈託なくジョーに接することができているのだが、無論そのことにも彼女は気付いていない。他の人には決して口にしないような毒舌を、彼にだけは遠慮なく振るっていることにも。

「そっか? まあ、頑張りゃ何とかなるって」

「いや、そなたは頑張っていない……」

「うお、そいつはひどいぜ。俺様はいつでも努力の塊なのによ」

「昨日も、道中に昼寝をしようとしていたであろう、ジョー……」

 ランスは、通行人と顔を見合わせて笑っていた。


 そんなことを経て、三人は神殿にたどり着いた。

 この世界で広く崇拝されている「四大神(しだいしん)」をまつった神殿だ。

 建物は古く、そしてそれなりに大きかった。

 しかし、威圧的な雰囲気は感じられず、代わりに活気めいた明るさが感じられた。

 正面の大扉を開いて、中に入る。

 神殿の中は、通常は荘厳さを重んじて薄暗く保たれているものだが、この神殿は窓が大きく取られていて、とても明るい。

 そして、遠くからたくさんの人の声が聞こえてくる。普通は神殿内は静まりかえっているので、これもまた珍しい。

 入ったところは礼拝堂だが、今は誰もいない。神殿関係者は、奥の部屋に行っているようだ。

「誰かを呼んだほうがいいみたいだね」

「そうだな。んじゃ早速」

 そしてジョーが、よく通る声で奥へ呼びかけた。

「御免!」