世界と黒天王1・第12回

光風暦471年5月12日:新しい旅へ

 不敵に立ちつくす、黒い鎧の男。

 「何者だ」というエブリットの問いに、答えはない。

 だがその男がただ者ではないことは、エブリットも含めた全員が否応なしに悟っていた。

 天を衝くような大男だった。

 ジョーも非凡な長身だが、この男はそれ以上に大きく感じられた。

 素顔は伺い知れないが、全身から巌のような威厳を漂わせている。

 普通の者が素顔を隠したところで、決してこうした雰囲気は醸し出せない。

 加えてその鎧。

 普通の鍛冶が作ったものではないと、一目で分かる。

 この時代にしては特殊と映る、その直線基調の形や、それでいて厚みのある質感が、魔力のような圧倒感となって見た者に伝わるのだ。

 エブリットの剣のように魔力が光を放つようなことはないが、秘めた力の強さをひしひしと実感できる。

 その姿に一同は確信することになる。長が握る剣の主がこの男なのだと。

 そして。

「まさか…いや、そんなはずは…」

 エブリットは、動揺を押し隠せずにつぶやく。

 何を思っているのだろうか。

 この男のことを知っているのだろうか。

 彼の視線が、ふと男のマントに向いた。

 そしてその時、エブリットは愕然となり、大きく目を見開く。

「『運命の戦士』! な、なぜこのような所に!?」

 背中へとたぐられた男のマントに、竜の顔をかたどった紋章が、小さく刻まれているのが見えた。

 それが意味するところは、エブリットでなくとも、この世界に生きる人々は皆、知っている。

 神とも互するほどの力量を持つ究極の戦士、「運命の戦士(フェイタル・ウォーリアー)」の紋章なのだ。

 長との一戦に続き、予想が狂ったエブリットは、完全に浮き足立った。

 町の住人達も、間近に「運命の戦士」を認めたことで、ざわめき立つ。

 神の眷属であるクローディアすらも、驚いてじっと男を見つめている。

 しかしその様子を、ランスは一人、冷静に見つめていた。

 彼だけは知っていた。その男の正体を。

「(待っていたよ、ジョー)」

 セイリーズ・ジョージフ・ドルトン。

 それは、仲間達とともに、神と戦って打ち勝った勇者の名。

 世界有数の強国「フォルテンガイム連合王国」の構成国、ゼプタンツ王国の国王にして、生きながらに伝説を築いた大英雄。

 それこそがジョーの素性だった。

 身につけているのは、主神オーゼスから授かった「勝者の防具」。

 レイザンテの長が手にしている「勝者の剣」と対をなすものだ。

 それをまとったジョーを目にするのは、ランスも久しぶりだった。

 しかし、ジョーが一回り大きく見えるのは、その鎧のためだけではない。

 むしろ彼の持つ威厳が、そう見せているのだ。

 必要がない限り、決して剣を抜くこともなく、およそ英雄とはかけ離れた言動をとるジョー。

 そんな彼が密かに見せた、真の力の片鱗。

 それは、エブリットをこの場から退散させるに十分なものだった。

 「運命の戦士」と相対するには、あまりにも心の準備が乏しすぎたエブリットは、剣を下ろし、呪文を唱えた。

 そして、憎々しげに黒い鎧の戦士を見据えながら、それがジョーだと気付くことのないまま、跡形もなく姿を消した。


「やった!」

「クローディア様!」

 エブリットを追い払い、クローディア達を助けられたことで、レイザンテの住人達は、どっと歓声をあげて、クローディアやランスを取り囲んだ。

「なぜ…私のような者を、このような危険を冒してまで…」

 涙声のクローディアに、住人達が口々に答える。

「ジョーさんのおかげです」

「正しいことは何か、そして、迷わずに正しいことをなす勇気を、ジョーさんに教わったんです」

「助けに来て、本当によかった」

 クローディアは、とびきりの笑顔を見せながら、涙を流した。

 長が前に進み出て、クローディアに語りかける。

「私達はあなた様に、許されない無礼を行いました。

そんな私達が、これで許されるはずもありません。

ですが、あなた様がご無事で、本当によかった。それだけは申しあげたいのです」

 クローディアは、涙をぬぐいながら、首を横に振る。

「許されないなどということが、どうしてあろうか。

これほど人の心が胸に染みたことは、今までなかった。

皆こそ、あのエブリットと戦って、無事で本当によかった……」

「それは、あの方や、あの方の剣のお陰です」

 と言って、振り向く長。

 しかしそこには、鎧の男、ジョーの姿はなかった。

 誰にも悟られることなく、彼もまた、この場から去っていたのだ。

「いったいどこに……」

 と、一同が辺りを見回していると、入り口のほうから、拍子抜けするような明るい声が響いてきた。

「よう。一同、無事で何より!」

 脳天気に笑いながら、手を挙げて現れたのは、ジョーだった。

 町で着ていたのと同じ服で、もちろん丸腰。

 先程までの重厚な雰囲気など、微塵も感じられない。

 ランスですらも、鎧をまとったジョーと同一人物なのかと疑うほどの変わりようだ。

 ましてや他の人々に、つい先刻までここにいたなどとは分かるはずもない。

 長が呆気にとられて、思わず尋ねる。

「ジョーさん…なぜ…ここに?」

「いやぁ、無事にあの男を追っ払えてるか、見に来たんだ。

うまくいったみたいで、よかったよかった」

 初めは呆けていただけだった長だが、あまりに口調の軽い、元気なジョーに、やがて拳を作ってわななき始める。

「ジョーさん、傷はどうしたんです。

エブリットや魔物達にやられた傷は……」

 そんな様子に構わず、ジョーは、あっけらかんと答える。

「ん? ああ、あれか。

あんなもん、大したこたぁねえさ。実際のとこ、動けないってほどじゃねえ」

 長の顔が、怒りで真っ赤に染まっていく。

「…それなのに、私達に剣を託して送り出して、あなたはのんびり追いかけてきたのですね」

「ん?」

 初めてジョーは、長の様子に気付いたようだ。

 いつの間にか、住人達にも取り囲まれている。

「…そこに直りなさい。その性根、叩き直してやりましょう」

「ちょ…ちょっと待て。話せば分かる。うわ、わっ!」

 長や住人達が、一斉にジョーに飛びかかった。

「や、やめろっ、怪我人に何てひどいことを!」

「黙れ悪党め! 本当に動けなくなるまで、痛めつけてやるっ!」

 しかし、そんなことを叫ぶ長も住人達も、表情は明るく、そして昔以上に楽しげだった。


 そうした、和やかなような恐いような光景を見ながら、クローディアはランスと話していた。

「町の方々の表情を見て、分かった気がする。

ジョーは、初めからこうなるように仕向けていたのだな。

この出来事を、より根本的なことから解決できるように」

 ランスは、笑顔で住人達を見ながら答える。

「さて? どういうことかな?」

「町の人々に見限られた私がエブリットにさらわれたとき、ジョーはきっと、あなたと二人だけでも、何とかして私を助けることができたはず。

しかし、それをあえて町の人々にさせたのだ」

 ランスは、無言で微笑んでいる。

「町の人々にあった迷いを晴らし、そしてなおかつ、彼らと私との心の溝を埋めるために。

そうであろう?」

「さあ、どうだろうね?」

 クローディアは、その答えを聞き、そして自分に向けられた笑顔を見て、深々と低頭した。

 心からの感服の念ととともに。

 ジョーの正体に気付くことはないクローディアだったが、彼の「心」は汲み取れたようだった。

 そしてしばらく沈黙して、彼女は意を決して言った。

「あなた達の旅に、私も同行させていただけないだろうか」

 ランスは、いささか面食らったが、すぐに答えた。

「いつ終わるか分からない旅だけど、いいのかい?」

「構わない。あなたやジョーと一緒にいると、今より大きな存在に成長できそうな気がするのだ」

 ランスは、嬉しそうに微笑んだ。

「うん。それじゃ、これからよろしくね」

「ありがとう。こちらこそ、よろしく願いたい」

 そして二人は笑顔のまま、楽しそうに騒ぐ住人達やジョーを見つめ続けていた。

「うわたたた、やめろっ。いて、いてて!」

「まだまだこれからだ。反省しなければ、この剣で、貴様を切り刻んでくれよう!」

「おわっ、危ねえ! 危ねえから、そんなもん振り回すな!」

「私達にこのようなものを渡したのが、運の尽きだ。そこに直れ!」

「その台詞、お前らのほうが、よっぽど悪党だぜ。

……って、だから振り回すなって!」

 三人の新しい旅が、始まろうとしていた。

「クローディア様も、一緒にこの悪党をこらしめてやりましょう! お願いしますよ!」

「だから、その台詞も悪党丸出しだって! ……いて、いてっ!」

-完-