世界と黒天王1・第11回

光風暦471年5月12日:逆転、そして

「無事でしたか。よかった…本当に」

 剣を背負い、息せき切って現れたレイザンテの長に、言葉も出ないクローディア。

 しかも長は、大勢の住人達も率いている。

 住人全員と言ってもよいほど、本当に大勢が駆けつけている。

 いったい、なぜ。

 私は町から追放されたのに。

 仲間を殺した殺した自分を、町の人々は心から恨んでいるはずなのに。

 なのになぜ、自分を助けに来てくれたのか。

 予想外の現実に、クローディアはただ呆然と立ち尽くした。

「いったいどういう風の吹き回しですか、レイザンテの人々よ。

あなた達の仲間を殺したクローディアさんを、なぜそのように必死になって、助けに来るのです」

 エブリットはそう言って、肩をすくめた。

 彼らの行動が理解できないといった面持ちだ。

 もっとも、彼らに何ができると思っている風でもなく、焦りは微塵も見せていない。

 しかし長は、そんなエブリットを一蹴した。

「しらを切るな。

分かっているはずだ、貴様の企みを見抜けたからだと」

 エブリットは、片眉を吊り上げた。

「企み? いったいなぜ、そしてどう見抜いたというのですか?」

 まだエブリットは、彼らを取るに足らない存在と思っているらしく、かすかに動揺の色を見せつつも、小馬鹿にしたような薄笑いを浮かべている。

「ジョーさんが教えてくれたのだ。パメラは殺されていないと。

貴様の手下が前もってパメラを捕らえて、そしてパメラ達に成り代わって、クローディア様に殺されたように演技をしていたのだと。

クローディア様をさらうために、一番卑劣な方法で、私達の抵抗を防いだのだと!」

 エブリットの整った顔に、憎悪の色が表れ始めた。

「ジョーさんは、貴様に瀕死の傷を負わされながらも、パメラ達に化けた貴様の手下と戦って、その正体を、そして真相を知らせてくれたのだ!」

 クローディアは、嗚咽にも似た声をあげて、息をのんだ。

 自分が町の住人を殺していないと知って。

 そして何より、ジョーが生きていると知って。

 これまで彼女の心をさいなんでいた枷が、一気に吹き飛ばされた。

「今さら、クローディア様やランスさんを助けに来たところで、己の罪がぬぐえるとは思っていない。

しかし、もう迷ったりはしない。

私達は貴様を退けて、クローディア様やランスさんを助ける!」

 長の言葉を聞くクローディアの頬を、知らずに涙が伝っていた。

 一方、長の宣言を聞いたエブリットは、不機嫌極まりない様子だ。

「おとなしく騙されていればよいものを。

真相を知ったところで、あなた達ごときが、どうやって二人を助け出すというのですか」

 すっかり侮蔑しきった口調だ。

 しかし、この後すぐに、エブリットは恐れを抱くことになる。

 長が、背中に吊っていた剣を抜き放ったためだ。

 それは、ただの剣ではなかった。

「な、何ですか、その剣は」

「力尽きて倒れたジョーさんが、私達に託してくれたのだ」

 黒い柄に銀の刀身をそなえたその剣は、青白い燐光をまとっていた。

 片手でも両手でも扱える、いわゆる両用剣、バスタード・ソードだ。

 長さでこそエブリットやランスの剣に及ばないが、肉厚で、底知れぬ力強さを感じさせる。

 そして同時に、秘めた魔力の強さも、ひしひしと感じることができる。

 刀身が光っているからだけではない。

 その剣が抜かれた瞬間、場の雰囲気が変わったのだ。

 いかなる存在にも屈しないと言わんばかりの、激しい気迫のようなものを、あろうことか剣自体が発しているのだ。

「ジョーさんは言っていた。『逃げずに戦え。剣も、そして剣の主も、必ず味方をしてくれる』と。

勇気のない私達に立ち上がるきっかけをくれた、あの人の気持ち、無駄にはしない」

 そして長は、剣をしっかり両手で握り、エブリットと向き合った。

 エブリットは、冷たい眼差しを長に向ける。

「ふん。所詮はこけおどし。

『救世者』をすら凌いだ私に、勝てると思っているのですか」

 そして、すぐさま前に踏み出したエブリットは、鋭い一撃を袈裟懸けに放った。

 だが長は、それをさらに上回る速さで剣を振るい、打ち払った。

「な……」

 動揺するエブリット。

 しかし、一番驚いたのは長自身だった。

 信じられないという目で、自らが持つ剣を見つめている。

 それを見て隙ありと判断したエブリットは、動揺しつつも、容赦なく突きを放つ。

 しかし、即座に長は刀身を絡めて、迫る剣先を逸らす。

 そして、なおも驚いた顔をして、剣を見つめ続けている。

 その様子を見て、エブリットは悟った。

「まさか…知性ある武器(インテリジェント・ウェポン)!?」

 自我や知性を宿す武器が存在することは、この世界の人々には広く知られている。

 そして同時に、その希少性もまた、知られるところとなっている。

 単なる魔法の剣どころではない。

 おそらく、この世に数十あるかないかというほど、貴重な存在なのだ。

 だが、そのような貴重な存在であっても、ほとんどは、せいぜいが持ち主と意思疎通できる程度。

 能動的に動ける存在など、エブリットやクローディアですらも、聞いたことがなかった。

 しかし。

 ランスだけは知っていた。

 なぜなら、長が持っているのは、ジョーの剣だったから。

「(そのまさかだよ。『勝者の剣』が相手じゃ、さすがに分が悪かったね)」

 その剣の名は「勝者の剣」。

 「力」を司る主神オーゼスが作ったと言われる、「聖なる武具」の一つだ。

 神に選ばれた、真の勇者のみが授かる武具。

 その一つ一つが、神とすら渡り合えるほどの、超絶的な攻撃力や防御力を持ち、所有者の意思に応じて、自在に呼び出して身にまとうこともできる。

 その武具の一つが、この剣なのだ。ただの魔法の剣とは、格が違う。

 その図抜けた力をようやく掴み始めた長は、エブリットを撃退しようと、積極的に斬り込み始めた。

 剣は、目視すら困難なほどの鮮やかな動きで、徐々にエブリットを追い詰める。

 そしてこのまま、勝負がつくかと思われたが。

 続く一撃を、エブリットが身を沈めてかわし、彼の後ろに回り込んで距離をとった。

「剣の動きは一流ですが、体捌きはしょせん素人。

ならば距離をとって魔法を打ち込めば、私の勝ちです」

 そして長が構え直す間もなく、エブリットは魔法の呪文を紡ぎあげた。

「Dauza! Eht-fia-cesta-rauza-mehnu-stol-bau!」

「まずい!」

 ランスがエブリットの呪文を阻もうと体当たりをかけにいくが、それすら間に合わないほど呪文の詠唱は早かった。

 勝ち誇った笑いを浮かべながら、エブリットは呪文を完成させた。

「Super Blaze!」

 長の立っている付近の地面から、一斉に激しい炎が湧き起こる。

 火系精霊魔術の、広範囲の攻撃呪文だ。

 長には逃げ場などない。

 一瞬で焼かれ、絶命するはずだったが……。

 天井まで届かんばかりの勢いで起きた炎が、突然、嘘のようにかき消えた。

 いったい、何が起きたというのだ。

 エブリットもクローディアも、長達も、狼狽しつつ一斉に辺りを見回す。

 そして全員、すぐに同じ所で視線が止まった。

 いつの間に、そこにいたのだろうか。

 エブリットに向き直った長の背後に、黒い鎧を全身にまとった男が立っていたのだ。

「貴様、何者だ!?」

 叫ぶエブリットに男は、兜の隙間から覗く口元を吊り上げて、無言で笑った。