世界と黒天王1・第10回

光風暦471年5月12日:戦いの果てに

「えっ!?」

 ランスの名乗りに、クローディアが思わず声をあげて驚く。

 エブリットも、努めて冷静を装っているが、やはり動揺の色は隠せない。

 救世者(セイビアー)とは、戦士に贈られる称号の名前だ。

 称号は6つ。下の階位から並べて、凱旋者(トライアンファー)、勇者(ヴァリアント)、英雄(ヒーロー)、豪傑(ギャラント)、そして救世者。

 もはやこの上には、神のごとくに見なされる、運命の戦士(フェイタル・ウォーリアー)の階位しかない。

 すなわち救世者とは、傑出した大英雄のみが持ちうる称号なのだ。

 全世界でも200人ほどしか存在しない救世者は、その武術か魔術において、他者を寄せ付けないほどの技量を持つ。

 小山のように巨大な竜をすら、易々と屈服させるほどの力を持っていると言われる。

 目の前の優しい顔立ちの青年が、それほどの存在だったということは、彼を見つめる二人にとって、想像の範疇をはるかに超える事実だった。

「救世者のランス・ダーウィン。

フォルテンガイム連合王国の、救国の英雄の一人ですか」

「知っているんだね、僕の名前を」

 背中の剣の柄に手を回したまま、エブリットの問いに答えるランス。

 よく見れば、そのたたずまいには隙がない。一流の戦士でなければ持ち得ない、戦いに対する慣れのような、気構えのような、そうした何かが感じられた。

「ええ。フォルテンガイムの英雄の話は、有名ですから」

 というエブリットの言葉を聞きながら、クローディアも同じことを心の中でつぶやいていた。

 フォルテンガイムの「運命の戦士達(フェイタル・ウォーリアーズ)」。

 荒ぶる神に立ち向かい、世界の危機を救った英雄達だ。

 かつて、邪悪な異世界神の力を受けて、第二位神ゼイバラルが暴走したことがある。

 それに対して立ち上がったのが、今いる国の隣、フォルテンガイム連合王国の戦士達だった。

 「運命の戦士」でもある、時の騎士団師団長バートラムを筆頭に、多くの勇者達が集い、長い戦いの末に暴走を鎮めたという。

 この英雄譚は、世界中の人々の知るところとなっている。

 その音に聞く勇者が、いま長剣を抜き放ち、青眼に構えをとった。

「その噂で恐れをなして立ち去ってくれると、ありがたいんだけどね」

「そうしようかとも思いましたがね。

でもそれは、あなたの実力を見てからです」

 エブリットに脅しは通じなかった。

 彼は剣を腰だめに構え、ランスに向かって立つ。

 これだけで、二人の戦いの準備は整った。

 次の挙動で、戦いが始まる。

 しかし、どちらが勝つのか。

 少なくともクローディアには、先の展開がまったく分からなかった。

 そして数瞬の後、エブリットがわずかに身を沈め、戦いの火蓋が切って落とされた。

「では、いきますよ」

 電光のような足捌きで、ランスに向かって飛び込むエブリット。

 左腰の脇まで引いていた魔法の剣を、ランスの首めがけて一気に斬り出す。

 まぶしい光の粉を舞わせながら、刀身がランスの首筋を捕らえようとする。

 しかしランスは、上体を後ろにそらしつつ、絡めるような動きで、自らの長剣をエブリットの剣に合わせ、動きを封じる。

 そして同時に、体をそらした動作に乗せて、鋭い蹴り上げを、エブリットの腹に向けて放つ。

 だがこれはエブリットに見切られ、蹴りが届く寸前に跳びすさられた。

 距離をとった二人は、しばらく動きを止めて向き合っている。

 互いの隙をはかっているのか。

 否、互いの力量をはかっているのだ。

 やがて、エブリットがその結果を口にした。

「さすがにやりますね。ですが、これならば私が勝てそうです」

 クローディアの背筋を、寒いものが走る。

 互角に見えた打ち合いだったが、潜めていた余力に差があったのか。

 エブリットの言葉は、クローディアとしては認めたくないものだったが、ランスの表情を見ても、それを認めざるを得なかった。

 そのランスは。

「かもね。でも、ここで逃げ出すわけにもいかないしね」

 そう言って、今度は自分からエブリット目がけて飛び込んだ。

 そして手にした長剣を、鋭い風切り音をたてながら振り下ろす。

 その動きは、先程のエブリットの動きより、はるかに鋭い。

 だがこの一撃も、エブリットに見切られてしまった。

 エブリットは、目にも留まらぬ足捌きで、わすかに右に跳んで剣をかわし、上体を左にひねりつつ、すかさず横なぎの剣撃をランスに見舞った。

 ランスもとっさに剣で受けるが、体勢に無理があったか、その勢いを削ぎきれずに、弾き飛ばされて壁に体を強打した。

「ランス!」

 倒れ込むランスに、クローディアが駆け寄る。

「…大丈夫。だけど…このままだと、ちょっとまずいかな」

 咳き込みながら、ゆっくりと起きあがるランス。

 その動きから、かなりの打撃を受けたことが見て取れる。

 クローディアも、ランスと並んでエブリットに対して戦いの構えをとるが、今の一撃を見て、形勢の不利を実感していた。

 これからどうする。

 負けると分かっていても、戦うしかない。なぜなら、逃げ場はないのだから。

 それに、こんな男に負けたくない。

 このまま屈服するのは、悔しすぎる。

 勝ちたい。無理だと分かっていても。

 だから戦うのだ。

 そうして、ランスやクローディアが、苦渋の決断を下そうとしたそのとき。

 エブリットの背後から、大勢の足音が聞こえてきた。

 一人や二人ではない。

 何十人が走る音が響いてくる。

 加勢が来たかと、いよいよ諦めの境地に達したクローディア。

 そしてランスも、捨て身の戦いの覚悟を決めた。

 だが。

 その人の群れから、覚えのある声が聞こえてきたのだ。

「クローディア様、ランスさん! 助けにきたぞ!」

 ランスもエブリットも、そしてとりわけクローディアも驚いた。

 その声は、レイザンテの長の声だったのだ。