世界と黒天王1・第1回

光風暦471年5月10日:ジョー、少女に出会う

 うららかな春の日。

 二人の若い男が、温かな風の吹く草原の街道を歩いていた。

 一人は平服姿。もう一人は両手持ちの大剣と盾を背に負って、武装している。不思議な組み合わせと言えなくもない。

「かあぁ、気持ちいいなあ、ランス!」

 思い切り伸びをしながら、平服の男が相手に話しかける。

 金色の短めの髪の男。切れ長の青い目を閉じて、澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んでいる。

 年齢は20を少し過ぎたくらい。天にも届きそうなほどの大男だ。

 均整のとれた体格や、鋭く精悍な顔立ちが、その上背によく合っている。

 ただしその仕草は、およそそれらには似つかわしくない。

「そうだね。こんなに天気がいいなんて、久しぶりだしね」

 ランスと呼ばれた武装した男が、金髪の大男に答える。

 ランスは、茶色い髪に、同じく茶色い目をしている。背も体格もそこそこで、装備品を除けば、こちらはずいぶん普通に見える。大男より少しだけ年下のようだ。

 顔立ちも穏やかで、話し方も穏やか。こうして並んでいると、二人の違いが際だつ。

「なんだか今日は、いいことがありそうな気がするよ、ジョー」

 と、ランスが続けた。

 大男の名前はジョー。彼は空を見上げてニッと笑い、ますます伸びをして答えた。

「おうよ。俺様と一緒なら、いつもいいことだらけだろ?」

「ははは。まあね。そういうことにしとくよ」

 二人は軽く笑って、先へと歩を進めていく。

 のどかな昼のひとときが、ゆっくりと過ぎていく。


「ねえジョー、ここでちょっと休んでいかないかい?

ここで休んでも、夕方までにはレイザンテに着けそうだし」

 街道の脇にある大樹の陰を指さして、ランスがジョーに持ちかける。

 彼らの目的地であるレイザンテの町は、既に視界に入っている。あと1時間も歩けば十分の距離だ。

「いいな、それ。よし、ちょっくら昼寝しようか」

 ジョーは、言うが早いか、木陰に歩いて行って横になる。

 本当に、そのまますぐに寝入ってしまいそうな勢いだ。

「昼寝もいいけど、ほどほどにね」

「おう。任せとけ」

「……いったい何を?」

 ランスもジョーの脇に来て、背中の装備を降ろして座り込んだ。

 ジョーでなくても、じっとしていると眠ってしまいそうな、そんな陽気だ。

 盾の手入れをしながら、ランスは思考にふける。

「(いつ終わるか分からない旅だけど、こんなのもいいよね)」

 彼らは祖国を出て、旅を続けている。

 ここはレグナサウトという王国の領土にあたる。彼らの祖国、フォルテンガイム連合王国の隣にある国だ。

 異国の地で彼らは二人、見知った顔に会うこともなく、旅を続けている。

「(それに、僕達はまだ旅に出たばかりだ。今から終わりのことを考えなくてもいいし)」

 無意識のうちに優しい微笑みを浮かべながら、ランスは手入れを続けた。

「(ん?)」

 不意に顔を上げるランス。

 彼の視線の先には、遠くから歩いてくる人影があった。

 その数は一人。女性の旅人のようだ。

「(女の人が一人で旅って、珍しいな。町の外には魔物がたくさんいるのに。大丈夫なのかな)」

 彼女は、ランスやジョーが来た方向から歩いてくる。

 すなわち、近くに見える町から出た直後ではなく、既にかなりの距離を歩いてきたことになる。

 ランスが考えたとおり、この世界には魔物と呼ばれる人類の強敵が跳梁している。隙を見せれば、すぐにでも命を奪いに来るような、危険な存在だ。

 悪魔をはじめとするそうした魔物達は、一般の人よりはるかに強靱な肉体を持ち、なかには強力な魔法を操るものもいる。だからこそ、旅に出るには覚悟が必要であり、ランスのように武装するなど、並々ならぬ用意も必要なのだ。

 ランスは、近付いてくる彼女を見続ける。

「(剣を腰に吊っている。でも、これといった鎧は着けていない。術者かな?)」

 魔法を操る人々のことを、術者という。武術を志す「戦士」の対義語だ。

 魔物だけではなく、人々にも魔法を操れる者がいる。

 この世界の人々は、突如現れた魔物の脅威に対抗するための力を、かつて「神」から授かっている。

 一つは「魔力」。魔法を操る力だ。

 もう一つは、修練を積めば、無限に能力を高められる資質。

 これらによって、我々の時代の人々とは一線を画する力を、彼らは手に入れている。

 ただし、それらをものにするためには、相当な修練が必要だ。ゆえに、魔物に対抗しうる力を持った人々はわずかだ。

「(肉弾戦が苦手な術者が、こうして一人で旅を続けられているということは。かなりの魔法の使い手なんだろうか?)」

 とランスが考えたところで、彼女が二人の目の前までやってきた。

 銀色の長い髪に青い目の、幼い顔立ちの少女だ。

 年の頃は10代半ばに見える。

 ここまでのランスの思考を全て白紙にしかねないほどの、あどけない容貌の持ち主だった。

 術者であることは間違いないようだが、とても熟練の術者には見えない。

「こんにちは」

 思考を頭の片隅に追いやって、ランスはにこやかに挨拶する。

 彼女は、生真面目な仕草で会釈して答える。

「ごきげんよう」

 そこまで言葉を交わして、ランスは傍らの男に目をやる。

 見れば、すっかり眠っている。

 困ったように苦笑しながら、ランスはジョーを揺り起こす。

「ジョー、起きて。旅の方に挨拶してよ」

「ん? おあっ、や、山盛りサンドイッチはどこに!?」

「……なにそれ、ジョー」

「ちっ、夢だったのかよ。現実は厳しいもんだぜ」

「それはいいから、挨拶して」

 ランスに促されて、寝ぼけまなこで起きあがるジョー。

 目の前にいる旅の少女の姿を見てとる。

 そして。

「よう」

 と、一言。

 少女も、軽い会釈で答える。

 横にいるランスが呆れるほどの、簡単な挨拶だ。かといって、双方とも不機嫌そうなわけでもなく、さっぱりしているのだが。

 というところで、きびすを返して立ち去ろうとした少女に、ジョーはもう一言だけ声をかける。

「気を付けて行きなよ」

 少女は振り返って、今度は深めに頭を下げて言った。

「かたじけない。このようなご時世だ、あなた達も気を付けられよ」

「おう。じゃあな」

 無頓着なほどに、至ってあっさりしたジョー。

 いや、本当に無頓着なのかもしれないが。

 反面ランスは、見かけからは想像もつかないような少女の言葉遣いに、少し面食らっている。

「ああいう人があんな風に話すのって、ちょっとびっくりしたよ」

「そっか?」

「あと、綺麗な人だったね。綺麗っていうか、可愛いっていうか」

「おう」

「『おう』って、それだけ?」

「おう」

「ほんっと、ジョーって女の人に興味ないんだね、相変わらず」

「俺様は男女で贔屓はしねえ」

「いや、そういう問題じゃなくて」

「ふああ……んじゃ俺、もう一寝入りするわ」

「……」

 そして今しばし、穏やかなひとときが流れていくのだった。