9)武器解説・詳細2

 このページでは、武器の詳細解説のうち、斧・槍・飛道具・弓について紹介します。

斧

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

ハチェット

D20+9

片手斧

2kg

190GP

バトルアックス

D20+17

片手斧

4kg

200GP

トマホーク

D20+20

両用斧

7kg

270GP

グレートアックス

D20+25

両手斧

10kg

350GP

スローイングアックス

2D20+6

兼用斧

4kg

260GP

ハチェット(Hatchet)

「手斧(ちょうな)」と呼ばれる、片刃の小さな斧です。

全長30cm以下の、コンパクトなサイズです。

斧としては軽いぶん、威力には劣りますが、取り回しに優れています。

バトルアックス(Battle-Axe)

いわゆる「鉞(まさかり)」です。

片刃で、片手で扱えるようにできています。

それなりに重いうえに刃が鋭いので、高い攻撃力を持っています。

武器としてではなく、木を切るのにも広く使われています。

トマホーク(Tomahawk)

バトルアックスではなく、こちらが「戦斧」と呼ばれます。

両刃で、バトルアックスよりやや大きく、片手でも両手でも扱えます。

グレートアックス(Great-Axe)

いわゆる「大斧」。巨大な両手持ちの斧です。

刃がある以上、当然ながら切れ味も備わっているのですが、たとえその刃がなかったとしても対象をぶった斬るのに何の不自由もないほどの、重くて頑丈な武器です。

グレートソード同様、そのあまりの大きさから、普段は背中に縦にして吊ることになります。

槍

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

ショートスピア

D6+16

片手槍

2kg

190GP

ロングスピア

D6+22

両手槍

5kg

250GP

ランス(馬上用)

2D6+25

両用槍

4kg

310GP

グレイブ

D6+28

両手槍

6kg

310GP

トライデント

2D6+28

両手槍

8kg

340GP

ハルバード

2D6+32

両手槍

10kg

380GP

ジャベリン

D10+18

兼用槍

4kg

230GP

ショートスピア(Shortspear)

そのものずばり「短槍」とも呼ばれます。

このゲームでは、片手持ちの槍をこう総称しています。

長い棒の先に、短剣状の穂がついていて、主に突いて使います。

ロングスピア(Longspear)

こちらは「長槍」とも呼ばれます。

ショートスピアをそのまま大きくしたような形状で、両手持ちのものをこう総称しています。

大きく、両手の力を込めて突きを繰り出すので、威力は当然ながらショートスピアより大きくなります。

ランス(Lance)

いわゆる「騎兵槍」。馬上用に特化した、特殊な槍です。

細い先端部と、巨大な円錐状の護拳部分とを持つ槍です。

馬の突進力を利用して、敵を刺し貫きます。

ルール上、馬に乗らなければ武器として扱えないこととしています。

グレイブ(Glaive)

「薙刀(なぎなた)」です。

サイズはロングスピアと同じですが、穂先が片刃の曲刀状になっていて、斬撃にも向いた造りになっています。

トライデント(Trident)

「三叉槍」です。

穂先が3つに枝分かれしていて、攻撃力が上がっています。

サイズはロングスピアと同じです。

ハルバード(Halberd)

「斧槍」とも呼ばれます。

その名のとおり、斧と槍とを合わせたような形をしていて、ロングスピアの穂先の付け根に斧がついています。そして斧と反対側に、鉤状の刀身がもう一つ出ていて、これらを合わせて様々な使い方ができるようになっています。

突いても斬っても引っ掛けても使える、汎用性の高い武器です。

ジャベリン(Javelin)

「投げ槍」です。

安定して飛ばせるように、全体が短く堅く造られています。

攻撃力はショートスピアと同じとして扱います。

飛道具

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

スリング

D8+5

飛道具

1kg

90GP

スリング(Sling)

「投石紐」とも呼ばれます。

石を納める半球状の器に、二の腕ほどの長さの輪になった紐を繋いだものです。

石を入れて振り回し、勢いをつけて石を投げ出す武器です。

その威力は矢に劣りますが、石を様々なところで調達できるので、予備の武器として重宝されます。

弓

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

ショートボウ

D10+20

両手弓

2kg

250GP

ロングボウ

D10+25

両手弓

4kg

300GP

クロスボウ

2D10+30

両手弓

6kg

400GP

グレートボウ

2D10+40

両手弓

10kg

500GP

アーバレスト

3D10+45

両手弓

15kg

600GP

ショートボウ(Shortbow)

「短弓」です。

このゲームでは、弦の長さが概ね80cmほどのものを指します。

矢をつがえ、指で弦を引き、狙いを定めて射るもので、矢のある限り使えます。

ロングボウ(Longbow)

「長弓」です。

このゲームでは、弦の長さが1m20cm程度のものを指します。

大きいゆえに矢を撃ち出す力も強く、ショートボウと比べて攻撃力は高くなります。

クロスボウ(Crossbow)

「弩(おおゆみ・いしゆみ)」と呼ばれる、強力な弓です。

「クロス」は、弦と直角に交わる、銃に似た台座を持つことからの名前です。

台座の先端に足をかける轡があって、ここに足先を入れた状態で、弦を腰に付けた引掛具にかけて、足を伸ばして弦を引きます。

そして弦の前の部分の台座に太く短い矢を乗せて、その台座についた引き金を引けば、弦が放たれて矢を射るという仕組みになっています。

サイズはショートボウ以下ですが、弦を張る力が非常に強いので、威力はそれをはるかに凌ぎます。

グレートボウ(Greatbow)

「大弓」です。

弦の長さが2mに迫るような、巨大な弓です。

弦を張るのに数人の手が必要になるような、とても強い張りのある弓で、これを引ける者は限られますが、威力もまた壮絶なものです。

アーバレスト(Arbarest)

クロスボウの大型版を指します。

台座の長さも1mを超え、クロスボウと違って、足の長さでは弦を引くことができません。

そこで「クレインクライン式」と呼ばれた方式がとられ、台座脇に付けた巻き上げ機を使って弦を引き、矢をつがえます。