9)武器解説・詳細1

 このページでは、武器の詳細解説のうち、棒・鞭・槌・剣について紹介します。

棒

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

クラブ

D6+3

片手棒

1kg

60GP

スタッフ

D6+10

片手棒

1kg

130GP

メイス

D6+20

片手棒

2kg

230GP

フレイル

D6+24

片手棒

3kg

270GP

プラメット

D20+20

片手棒

3kg

300GP

クラブ(Club)

「棍」です。

先端を膨らませて重くした棒です。

振り回して殴りつける武器です。

スタッフ(Staff)

「杖」そのものです。

クラブより細くて長く、その長さを利用して、勢いをつけて殴りつけます。

メイス(Mace)

「槌鉾」と呼ばれます。

サイズはクラブと似ているのですが、先端部に刃に似た部品が多数付いています。

国家元首や神官の儀礼用としても使われていますが、武器として作られたものが、その数をはるかに上回っています。

フレイル(Flail)

「連節棍」です。

長い棒の先に、重くて短い棒を鎖で繋ぎ、これを振り回して攻撃します。

柄の部分の振りに、先端の棒が回る勢いが加わっての打撃となりますので、スタッフより威力が増します。

プラメット(Plummet)

「鉄球鎖」と呼ばれることもあります。

棘のたくさんついた鉄球を、握りとなる棒に鎖で繋いだものです。

その鉄球の重さゆえに、フレイルより高い威力を持っています。

一般に「モーニングスター」と呼ばれているものです。

鞭

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

ウィップ

D8+12

片手鞭

1kg

160GP

ウィップ(Whip)

まさに「鞭」です。

革製の長い紐状の武器で、破壊力を増すために先端部分は球状に膨らんでいます。

勢いをつけて打ち付けることで、相手にダメージを与えます。

材質は革に限定されるため、材質による能力変化のルールは適用されません。

槌

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

ハンマー

D8+25

両手槌

5kg

290GP

グレートハンマー

D8+32

両手槌

10kg

360GP

ピックアックス(マトック)

2D10+12

両手槌

5kg

220GP

ハンマー(Hammer)

まさに「槌」です。

金属製のヘッドが付いた長い棒で、殴打専用です。

その衝撃は分厚い装甲をも抜けますので、局面を問わず安定した攻撃力を有する武器です。

グレートハンマー(Greathammer)

「大槌」です。

ハンマーをはるかに大きくしたもので、その全長は人の背丈ほどもあります。

その大きさと重さから、両手での扱いが必須となっています。

接近戦用の武器のなかで、最も高く安定した攻撃力を発揮します。

マトック(Mattock)

後述のマトックとともに、「鶴嘴」とも呼ばれます。

岩を砕くのに使われる道具ですが、その堅牢さから武器としても使われます。

棒の先端に、一方向に伸びた金属製の尖ったヘッドが付いています。

ピックアックス(Pickaxe)

用途はピックアックスと同じですが、ヘッドの尖りが両方向に向けて1つずつあります。

攻撃力はピックアックスと同じものとして扱っています。

剣

名称 攻撃力 種類 戦1 戦2 戦3 戦4 術1 術2 術3 術4 重量 価格

ダガー

D20+5

片手剣

1kg

150GP

ダゲット

D8+10

片手剣

1kg

140GP

ショートソード

D10+14

片手剣

1kg

190GP

グラディウス

D4+16

片手剣

1kg

180GP

スクラマサックス

D20+10

片手剣

1kg

200GP

カトラス

2D10+12

片手剣

1kg

220GP

ブリケット

2D8+16

片手剣

1kg

240GP

ロングソード

D10+20

片手剣

3kg

250GP

レイピア

D8+17

片手剣

2kg

210GP

エストック

D4+21

片手剣

2kg

230GP

ブロードソード

D20+15

片手剣

4kg

250GP

シミター

2D10+16

片手剣

3kg

260GP

セイバー

2D8+20

片手剣

3kg

280GP

バスタードソード

D10+25

両用剣

5kg

300GP

グレートソード

D10+30

両手剣

7kg

350GP

シャムシャー

2D10+25

両手剣

6kg

350GP

フラムバージ

2D10+30

両手剣

6kg

400GP

スローイングダガー

2D10+4

兼用剣

1kg

140GP

シックル

D20+14

兼用剣

3kg

240GP

ダガー(Dagger)

小剣類のうち、最も一般的なものです。

鋭利な片刃の、いわゆる「短刀」です(このゲームでは、ナイフの定義を多分に含んでいます)。

携帯性・利便性を重視して作られており、刺す・斬る・削るなど、様々な用途に供されるよう作られています。

ダゲット(Daguette)

突きに特化した小剣です。

まっすぐな両刃の短剣で、先が鋭く尖っています。

ショートソード(Shortsword)

ダガーより一回り大きな短剣類のうち、最も一般的なものです。

まっすぐな両刃で、主に突くための武器ですが、斬ることもできます。

グラディウス(Gladius)

ショートソードを幅広にしたような形の短剣です。

歴史上の剣闘士グラディエーターの語源となった武器で、本来は様々な形状・サイズのものがありましたが、ここでは幅広の短剣を指します。

用途もショートソードと同じですが、威力はこちらがやや高めです。

スクラマサックス(Scramasax)

サックスとも略される短剣です。

ダガーやダゲットより一回り大きい、幅広の短刀です。

片刃で、斬撃に向いた形をしています。

ちょうどダガーを一回り大きくしたような形をしています。

蛇足ですが、歴史上のサクソン人の名前の由来となっている武器です。

カトラス(Cutlass)

斬撃に向いた短剣です。

「舶刀」とも呼ばれ、元来は船乗りの愛用した刀で、取り回しがしやすいサイズになっています。

全体的に湾曲した頑丈な刀身を持ち、なぎ払うように使います。

ブリケット(Briquette)

「斬り短剣」と称されます。

後述のセイバーの小型版です。

片刃で、刀身の先端部分が反っており、斬撃に用いられます。

ロングソード(Longsword)

剣のなかで最も一般的なものです。

片手持ちとしては長めの剣です。

まっすぐな両刃で、刺突にも斬撃にも使えます。

なお、切れ味はあまり鋭くありませんので、斬撃の場合はその重さによる衝撃が主眼に置かれます。

レイピア(Rapier)

「細剣」とも呼ばれます。

ロングソードより刺突が重視された長剣です。

細身で優雅な外見の直刀で、柄頭や護拳の部分にも意匠が凝らされたものが多いです。

エストック(Estoc)

突き専用の長剣です。

直刀で、細長い三角形のような形の刀身をしており、先端は鋭く尖っています。

とても頑丈な作りをしていて、硬い板金鎧の合わせ目に刺し、中の鎖帷子をも突き通す目的で作られています。

その用途から「鎧通し」とも呼ばれます。

ブロードソード(Broadsword)

ロングソードより斬撃が重視された長剣です。

ロングソードと同じくまっすぐな両刃ですが、その名のとおり、幅広の刀身を持っています。

この重い刀身を勢いをつけて振ることで、相手を断ち切るように作られています。

シミター(Scimitar)

斬撃専用の長剣です。

カトラスと同じく、湾曲した片刃の刀身を持ちます。

その刀身の形から「三日月刀」とも呼ばれます。

カトラスより大きいぶんだけ重量もあり、威力も大きめです。

セイバー(Saber)

一般にサーベルと言われるものを、英語読みしたものです。

騎士が好んで使う長剣で、馬上でも扱いやすい斬撃用の曲刀です。

シミターを参考にして作られたといい、本質的にはシミターと同じですが、一般的にその用途ゆえに精緻で、切れ味もシミターよりよく作られています。

バスタードソード(Bastardsword)

「両用剣」と呼ばれる、片手でも両手でも扱えるようなサイズの長剣です。

刀身もロングソードより長く、柄も両手で握れるよう長くなっています。

両刃の直刀なので刺突・斬撃どちらにも使えます。

グレートソード(Greatsword)

いわゆる「大剣」です。

そのとても長い刀身ゆえに腰には吊れず、普段は例外なく背中に負う形になります。

ロングソードをそのまま巨大化させたような姿をしていて、両手で扱います。

刺突に使われることは稀で、振り回すことで重さを利用して叩き斬るという、斧に似た使い方になります。

シャムシャー(Shamshir)

一般にシャムシールと呼ばれるものを、英語読みしたものです。

中東発祥の大刀で、シミターを巨大にしたような姿をしています。

(元来両者に区別はないそうですが、ここでは便宜的にサイズで分けました。こちらは、グランドシャムシールと呼ばれる大型のものだとお考え願います)

その柄頭を獅子の頭、刀身をその尾に見立てているといいます。

重量と切れ味とを兼ね備えた、恐るべき武器です。

グレートソードと同じく、両手で扱います。

フラムバージ(Flamberge)

一般にフランベルジュと呼ばれるものを、英語読みしたものです。

その綴りから分かるように「燃え盛る炎」という意味で、これはその刀身の姿で表されています。

湾曲はしていないのですが、刀身全体が波打った形になっています。

この形状は装飾的・儀礼的意味合いが強いのですが、斬撃の際には十分な攻撃力を発揮します。

製造技術が失われたと言われ、古代遺跡から稀に発見されることしかない「カタナ」を除けば、(魔法の武器でない通常武器のうちで)最強の剣とされています。

スローイングダガー(Throwing Dagger)

「投げ短剣」です。

ダガーと同じように扱えますが、全体の重量バランスが投げるのに適したように考えられています。

そのため、投げたときにまっすぐ飛びやすく、目標に突き刺さりやすくできています。

シックル(Sickle)

「鎌」です。

柄と直角に刀身がついています。

突く用途にはまったく使えず、引いて斬るという特殊な使い方になります。

そして、投げ飛ばして相手を攻撃することもできます。