近況

« 同人誌 | メインページ | 雑記 »

連載小説 アーカイブ

2011年7月 7日

第694回:改訂

 ここ最近、コンテンツの更新が絵と近況だけになっていますね。

 もともと、こういうサイト運営にしたかったので、計画どおりではあるのですが、他のコンテンツが更新なしで本当にいいのかとも、ときどき思います。

 年初に、今年は新しい連載小説を展開したいと書いたのですが、まだ十分にシナリオが練れていません。最終までの全体的な流れを固めてから、張れるだけの伏線を張ってスタートさせる主義なので、なかなか書き出せずにいます。

 そこでとりあえず、公開中の連載小説を改訂しようと思います。

 全体を通して見ると、必要な表現が不十分だったり、単純な文章作りのミスがあったりと、やはり稚拙な部分が多いですので、そうしたところを直します。

 でも直したところで、根本的な技量が当時と大差ないので、上手な言葉回しができるわけではなさそうです。台詞回しはともかくとして、状況描写の力量不足は、私にとって永遠の課題と認識しています。

続きを読む"第694回:改訂" »

2011年7月 7日 21:20

2010年11月30日

第670回:構想中

 少しずつ、連載小説次回作の妄想を進めています。

 「こんな話を書いてみたい」と、まだまだ好き放題な思いを巡らせている、とても楽しい時期です。

 今は、主人公の設定を詰めています。

 少しずつできてきましたが、まだ性格設定の詰めが不十分で、勝手に動き回って話を進めてくれるまでには至れていません。これさえできれば、後は何とでもなるのですが。

 公開している連載小説の続編という位置づけですが、少し過去の話になります。

 登場人物も大半を一新しますが、関連性は持たせます。

 そして、シリーズものだということを活用して、「読み手の皆様のほうが、主人公より事情に詳しい」という試みをしてみたいと思っています。今の作品を読んでくださった方への、ささやかな恩返しとして。

 ……という妄想です、あくまで今の段階では。

 もうしばらく、じっくり詰めていきます。

続きを読む"第670回:構想中" »

2010年11月30日 23:30

2010年11月 5日

第668回:久しぶりに

 連載小説を書きたくなってきました。少しだけ。

 いざ書き出すと、当然ながら完結を意識しなければならないので、勇気が要ります。

 でも今は、自由にシナリオを考えている段階なので気楽です。

 書くなら、今回も「フェイタル・ウォーリアーズ」の設定を使おうということは決めています。

 シナリオに関しては、ベタで燃える展開にしたいという主義なので、今回もそこを起点にして考えを巡らせています。

 焦らず、じっくり妄想して、まとめていきたいと思います。

 もしリクエストがありましたら、ぜひお気軽にお寄せください。

続きを読む"第668回:久しぶりに" »

2010年11月 5日 00:00

2009年7月15日

第619回:完結

 今回の更新をもちまして、連載小説は完結です。

 ご覧になってくださっていた方、長らくのご愛顧、本当にありがとうございました。

 当サイトの連載小説は、開設当初からのコンテンツでした。

 2000年2月のテスト版アップの際から存在した「巡る時を越えて」の終了間際に、現在の連載小説をスタートしました。その日は、2001年3月4日。つまり8年以上の間、連載していたことになります。

 途中、ブランクの長い時期もありましたが、ついにこの時を迎えることができました。

 連載を進めながら、描写不足は自覚するところですが、燃える展開を書きたい、そして読後にすっきりする終わり方をしたいと思って、その実現のためにひたすら書き続けてきました。それ以上の高邁な思想はなしで、徹頭徹尾シンプルに書きました。

 お読みいただけて、もしすっきりしていただけたなら本懐です。

 これをもって、連載小説のアップは終了する予定ですが、もしもリクエストをいただけることがあれば、その時は外伝でも引っさげて再開するかもしれません。

 もしそうなれたら、その時もまたよろしくお願いしますね。

2009年7月15日 21:40

2009年4月14日

第602回:完結編

 連載小説の完結編を、ようやくアップします。

 遅筆にも程があると申しますか。連載開始は2001年でしたので、ここまで実に丸8年ほどの時間が。ほとんど、このサイトの歴史そのものと化してしまっています。

 これだけ長く続けてきましたので、連載開始時点と今とでは、当サイトにおける連載小説の位置づけも変わってきています。

 連載開始の頃は、ご来訪の中心は、ニフティの「RPGプレイングフォーラム(FRPG)」を通しての仲間の皆様でした。当時私が開催させていただいていたTRPGキャンペーンに、TRPG「フェイタル・ウォーリアーズ」の舞台設定をリンクさせていたため、キャンペーンの外伝的な意味合いも込めて、連載小説をスタートさせたことを覚えています。

 一方、今のご来訪の中心は、インターネット時代になってからの仲間の皆様と思われますので、純粋に「フェイタル・ウォーリアーズ」のPR用作品として連載するようにしています。

 もちろん、こうして位置づけを変えても、ストーリーはぶれさせていませんけどね。最初のイメージどおりの、ずっと書きたかった結末に向けて、連載を進めます。

 もし今もTRPGのセッションを続けていたら、自分はどんな風に活動していただろうか。連載小説を書いていた時には、ずっとそんなことを考え続けてきました。

 時間の制約から、もう二度とTRPGのマスターはできないと思いつつも、いまだ残っている未練なのかもと思います。あるいは、当時のつたないマスタリングに対する後悔なのかもしれません。

 今TRPGのセッションを開催できたなら、こんな雰囲気のシナリオを書きたい。そんな気持ちを込めて、ずっと書いてきた作品。それは間違いない事実です。描写も足りない稚拙な小説ですが、シナリオ書きのはしくれとしての誇りは込めて、今まで書いてきました。

 願わくばこの一連の作品が、皆様の心に何かを残せるものでありますよう。

 いましばらく、よろしくお付き合い願います。

2009年4月14日 00:20

2008年8月19日

第570回:遅れの元凶

 前回の内容を引き継ぎながら、今回は連載小説の話も絡めて。

 キャラクター・ジェネレータのβ版作成に時間がかかった理由、そしてTRPG人物紹介の再開に手間取った理由は、実は連載小説にありました。

 TRPGを下敷きにした連載小説ということで、やるべきだと思ったんです。シリーズ終盤の戦闘を、TRPGシステムに乗せてみることを。で、これに手こずったんです。

 普通のキャラ同士の戦闘なら簡単だったんです。レベル差が明確に強弱の差となるよう設計していますので、いい勝負なら5レベル差以内、歯が立たない場合は10レベル差以上、というのを目途に設定できます。

 ですが、連載小説終盤の戦闘となりますと、特殊な超高レベルキャラとの勝負になりますので、システム設計のほころびが出るのが怖かったのです。異世界神との戦闘も含めて、かつてのオフラインセッションでいろいろ検証はしているものの、今回の連載小説の戦闘でも問題なく使えるかどうか。そこに一抹の不安がありました。

 そこで、どきどきしながらキャラを作ったところ、ジェネレータの設計ミスで一部の能力値が狂ったりして、この修正に追われることに。

 ですが、修正を済ませて戦闘させたところ、結果はオーライ。連載小説終盤に用意した3戦闘が、いずれも予想どおりの進行となりました。これで小説原稿もTRPGシステムも訂正せずにすんだ、と一安心しました。

 こんなことを経て、安心してジェネレータを使ってキャラ作成を再開できた、という裏事情があったのでした。理想を言えば、こうして戦闘をやってみてから、その結果をもとに小説を書けたらよかったんですけどね。

2008年8月19日 23:40

2008年5月25日

第554回:完結に向けて

 やっとできました、連載小説の原稿。

 書式を整えて、サブタイトルの画像パーツも作って、HDD故障に備えてサーバーにコピーを書き込んで。これで後は、推敲を進めながら公開していくだけです。

 というわけで、今週の29日に第4部の最終回をアップした後、来月から第5部の連載に入ります。

 第5部・第6部は、あわせて26回に分けてアップします。主立ったキャラが合流したので、異聞録はありません。もともと3部に分ける予定のシナリオを2部構成に縮めましたので、密度の高い内容でお届けできると思います。よろしければこの先も、お付き合いのほどお願いします。

続きを読む"第554回:完結に向けて" »

2008年5月25日 23:50

2008年4月25日

第549回:限界に挑戦

 明日、家内と子供を迎えに行きます。

 というわけで独りもん生活は、これにて終了です。

 日曜から今日までにしたこと。

 連載小説の書き進め。18回分。

 我ながらよくやりました。ニフティでTRPGのマスターやってた時でも、ここまでの量の文章は書いてませんでした。

 本当に全力で頑張ったので、妙に頭痛が激しかったりとか、いろいろ反動がきているのですが、気にしないことにします。

 とりあえず今晩ぐっすり眠って、明日は出かけてきます。

 そして連休の間に、あわよくば最終回まで書いてみたいと企んでいます。ここまできたら、やるしかない!

 なぜここまで一気に進めてるかというと、ここで休むと、書き進める気力を永劫に失いそうな恐怖があるんですよね……。

続きを読む"第549回:限界に挑戦" »

2008年4月25日 23:20

2008年4月22日

第548回:書き進め

 ただいま、家内が子供と一緒に、実家へお世話になっています(逃げられたわけじゃないですよ、断じて)。

 というわけで次の週末まで、独りもん生活中です。

 普通に考えれば、飲みに行くチャンスだったり、遊ぶチャンスだったりするわけです。子供を風呂に入れる時間も、寝つくまでそばにいる時間も考えなくていいわけですから。

 この機会に、ROに復帰して遊び倒そうかとも思ったのですが、後ろ髪を引かれつつ思いとどまって、全力で連載小説の準備をしています。

 これから先のことを考えると、たまに思うんです。自分に残されたプライベートの時間は、いったいどれくらいなんだろうと。いつ仕事が激増して固定化されてもおかしくない職場環境ですし、近い将来には子供の教育に使う時間も増えるはずですし。

 それを考えると、できる時に準備を進めておいたほうがいいと思ったんです。

 CGギャラリー・サイト構築メモは、どちらも気が向いたときに増やせるコンテンツです。TRPGシステムも、既にコアの部分は展開終了していますので、後は気ままにキャラデータや補足資料を増やすだけです。なので、これらの今後のことは心配していません。

 問題は連載小説なんです。これだけは、中途半端なところで切るわけにいきません。そこでこの週末を使って、最終回までのシナリオプロットを引き終えました。

 最終的には少しずれると思いますが、第5部から最終回までで28回程度の連載になる予定です。そしてこれまでに、第5部の5回分を書き進めました。伏線の消化もあって、そろそろ話運びが慎重になってくる局面ですが、頑張って進めていこうと思います。

続きを読む"第548回:書き進め" »

2008年4月22日 00:00

2008年4月11日

第544回:残り3回の

 いま連載している小説の第4部も、ようやくあと3回で終わりとなります。

 残り3回で、あのようにゴチャゴチャした展開になっているわけですが、はたしてすっきり終わるでしょうか。お気が向かれましたら、いましばらく、お付き合いをお願いします。

 今後の更新余力を考えると、連載小説をあまり長引かせるといけないので、第6部で完結させる予定で続きを書いていきます。

 TRPGのマスターとしてシナリオを組んでいた時以来、一貫してストレートに燃える展開を目指し続けているのですが、うまくいくかは今後の努力しだい。頑張りますね。

続きを読む"第544回:残り3回の" »

2008年4月11日 00:00

2008年2月23日

第532回:コンテンツ回復

 このところPC復旧のことばかり書いていましたが、その他の近況がどうだったかと申しますと。

 仕事がおかしいぐらい忙しい(失敗すれば引責辞職の正念場を体験)

 出張で料理にウハウハ

 腹痛と発熱で歩けなくなって寝込む

 と、それなりに盛りだくさんでした。

 バレンタインに出張先で(推定)ノロウイルスをもらったという、何とも自分らしいオチがついてました。

 しかし仕事や病気だけで日々を過ごすのは私の主義ではないので、ちょこちょこ遊びも入れてました。

 サイト関係では、HDDが飛んで失ったコンテンツを再製作してました。具体的には連載小説です。

 いま連載している「世界と黒天王4」の未公開部分を全部サルベージしたつもりが、最終回だけ救い出し損ねていることが分かって、もう一度書いていたのです。ついでに「異聞録」相当部分も新たに書いてみて、第4節を完成させました。推敲は必要ですが、これで一気に更新していけるだけのネタが揃いました。

 なので、近日中に更新ペースを上げてみる予定です。

 今月いっぱいは仕事や作業に使う予定ですが、来月からはいろいろ更新していけるかな、と思っています。

続きを読む"第532回:コンテンツ回復" »

2008年2月23日 00:15

2007年11月18日

第503回:休みの間に

 長い間、作者近況以外のコンテンツに手を入れていませんが、こっそり準備だけは進めています。それを公開するための調整をかける時間がなくて、公開がずっと滞っているのですが。

 今年の最初に、今年はサイトを完成形に近づけると宣言していましたので、そのためのコンテンツ作りを進めています。とくに連載小説を重点的に書いているのですが、話運びが意外と難しくて四苦八苦しています。

 今回の連載小説・第4章は、実はさらっと最終回まで書けているのですが、読み返すと説明不足になっているところがあって、そこをいかに無理なく補おうかと苦戦しています。これを何とかでき次第、何事もなかったかのような顔をして、しれっと連載を再開しようと思っています。他のコンテンツともども準備を進めてまいりますので、作者近況以外のコンテンツは、もう少しだけお待ち願います。

続きを読む"第503回:休みの間に" »

2007年11月18日 20:20

2007年6月29日

第464回:のんびり再開

 久しぶりに連載小説を追加しました。そろそろ、連載小説もキリキリ更新していかなければと思った矢先に、サイトリニューアルを思い立ったもので、その間TRPG・ROともども手つかずになってました。

 これからまた、のんびりですが更新再開しますので、よろしくお願いします。

 今回分のシナリオは完成していますし、登場人物も動きのいい奴揃いですので、いったん勢いがつけば連載も速いと思うのですが、どうなるかはまだ自分にも分かりません。

 ずいぶん先の最終章に向けての概略シナリオも、だいぶできてきました。最後の見せ場も決めていますので、何としてもそこまで連載していきます。頑張って、少しでも満足度の高いものに仕上げていきたいと思います。

 最後に、今回の章のキーとなる台詞を置いておきます。

「約束したからな、あいつとは。どんな奴からも守ってみせるって」

2007年6月29日 23:50

« 同人誌 | メインページ | 雑記 »

Movable Type Pro 6.3.2