近況

« 第787回:岐阜・上高地旅行 | 近況トップ

第788回:旅行の追伸

 前回の旅行の裏で、密かにウハウハしていたことを。

 飛騨地方から上高地にかけての旅行だったから、必然的に山深いところを回ってまして。

 それはそれは、気になってた土木構造物がてんこ盛りで。

 橋脚高118メートルの鷲見橋

 日本最高地点のパーキングエリア、松ノ木峠パーキングエリア

 ルート変更を伴う難工事の末に開通した安房トンネル

 10kmを超す、開通困難だった飛騨トンネル

 いずれもとんでもない代物ばかりです。どれもこの目で見られて感激しまくりでした。家族にはまったく理解されてなかったと思いますが。

 前回の写真にある、2階建ての新穂高ロープウェイもワクワクもんでした。

 期待していただけでもこれだけあるのに、他にもまだすごいのが。

 上高地の入り口にある釜トンネル。近代的な造りなのに勾配11%。とてつもない所だと思いました。

 旅から帰って、上高地についていろいろ調べてみました。あまりにも興味深いことが多すぎて、発見の連続でした。

 釜トンネルの度重なる災害と改築の歴史。

 発電用に整えられて、維持されている大正池。

 大正池から数km離れた沢渡(さわんど)のそばの山頂までトンネルを掘って導水していること。

 上高地は手付かずの自然の景勝地ではなくて、人の叡智の結晶なんですね。

 この知識を思い出しながら、また訪れてみたいです。

2017年8月18日 23:20 カテゴリー:雑記

« 第787回:岐阜・上高地旅行 | 近況トップ

Movable Type Pro 6.3.2