近況

« 第709回:スイプリ最終回 | 近況トップ | 第711回:タブレットの使用感 »

第710回:タブレット

 どうも以前から、タブレットに手が合ってない気がしてたんです。

 肘を固めて線を引くのが苦手で、手首から先で描いているんですが、それにしてはタブレットが大きすぎる気がしてました。

 ちなみに使用中のタブレットは、初代intuosのi-900。A4サイズの入力域があるモデルです。

 もしかして、入力域が小さかったら手に馴染んで、描くのが少し速くなるかもしれない。

 そう思ったので、i-900の設定を変更して、入力範囲を狭めてみました。

 想像以上に違和感がありません。少なくとも、細かい描画が難しくなったとは感じませんでした。

 ならばこの際、新型を買って試そうと思い切り、intuos4のmediumを買いました。

 箱はこんな感じです。

 この下に初代intuosを敷いているのですが。まるまる隠れています。

外箱:intuos4 medium

 中身を出して、並べてみました。

 入力面積はi-900のほぼ半分。

 ベゼルの幅がほぼ変わらないので、 そこまで劇的に小さいわけではありません。

サイズ比較1:intuos4 mediumとintuos i-900

 タブレット同士のサイズ比較。

 今度のは小さいので、キーボードの下敷きにしなくてすむようになりました。

サイズ比較2:intuos4 mediumとintuos i-900

 いろいろあって、なかなか使えていないのですが、次回は使用感について書かせていただきます。

2012年2月13日 16:50 カテゴリー:雑記

« 第709回:スイプリ最終回 | 近況トップ | 第711回:タブレットの使用感 »

Movable Type Pro 6.3.2