近況

« 第708回:Webフォント | 近況トップ | 第710回:タブレット »

第709回:スイプリ最終回

 1月は、プリキュアシリーズの番組改編時期。今日でスイートプリキュアも最終回を迎えました。

 今やこの作品が、自分の絵を語る上で欠かせない存在となっているので、今回はこのことで、つらつらと書いてみようと思います。

 個人的にはスイートプリキュア、放送開始前から主人公(響)がすごく気になってたんです。何と言っても、太眉吊り目、おまけに長髪

 リアルでは黒髪属性・長さは不問と公言してはばからない私ですが、この3連コンボはストライクだったんです。で、絵を描いた頻度も高かったんです。

 欲を言えば、何を着ても似合う奏も、もっと描きたかったのですが。

 個人差のあることながらあえて書くと、今作のキャラデザの美しさはシリーズ随一だったのではないかと思っています。そのぶん描くのが大変だということは、自らの体験をもって確信しましたが。

 フリルいっぱいの服に複雑な髪型、変身アイテムも隠さずに装着。これは凄まじいことでした。描いていて何度「モジューレが本体」と思ったことか(笑)

 放送が始まって、最初が喧嘩ばかりだったとか、震災に見舞われたとか、様々な逆境にあったわけですが、それはもう見事な夫婦っぷりになって、気持ちいい展開に……! 映画が最高潮だったかもしれませんね。

 最終回もしっかり時間をとって、ラスボスのその後も描いてくれて、爽やかな余韻を残してくれました。右肩上がりのストーリーを、1年間楽しませていただきました。

 そして忘れてはいけないのが、絵を描かせていただいて、その絵を通しての交流させていただいたこと。見事な絵をお描きになる皆様の一角に飛び込んで、以後本当に何かとお世話になっております。

 そうした面からも、自分にとって本当に思い出深い、恩のある一作でした。

 子供にもたくさんの楽しい思い出を分けてくれていますし(ものすごく好きなんです、プリキュア)、本当に嬉しい体験がいっぱいできました。

 ただ、まだ終わった気がしてないんですよね。

 春の映画でまた会えますし、スイプリ絵のストックも持ってたりしますし、これからも描きますし。来週からのスマイルプリキュアで楽しみが増えるな、と純粋に思っているのが、今日の私の状況です。

 もっと上手い絵を描けるようになって、作品への恩返しをしなければ!

2012年1月29日 22:00 カテゴリー:雑記

« 第708回:Webフォント | 近況トップ | 第710回:タブレット »

Movable Type Pro 6.3.2