近況

« 第615回:撮影練習5(1) | 近況トップ | 第617回:眠れない? »

第616回:撮影練習5(2)

 前回に続き、生駒駅での写真です。

阪神1000系

(横1,600ピクセルの大判画像:約391kB)

 まずは阪神電車1000系。阪神なんば線開通前から近鉄に出張していた、ラッピング車両です。

 行先は大阪難波。阪神電車なのに、難波から先の阪神線内で営業しないパターンです。

近鉄30000系

 近鉄特急、30000系ビスタカー。奈良線にも姿を見せます。

 この巨体で、生駒トンネルの向こうにある急坂を登ってきたのですね。

 生駒トンネルの向こうで見える景色は、第550回をご参照ください。

近鉄22600系

 近鉄特急をもう1枚。

 4月から営業開始した、新鋭の22600系。広い近鉄の中で、まだ10両しか存在しません。そのうちの6両です。

 前に伊勢に行ったときに、10両全部見ていましたので、1か月ぶりの再会ということになりました。

阪神1000系・大阪市24系

 密かに狙っていた、阪神電車と大阪市営地下鉄の並び。線路は全部近鉄のものですが、左2本には阪神電車が、右2本には大阪市営地下鉄の電車が乗り入れてきます。

 ちなみにこの地下鉄の電車は、4本しか存在しないレアもの(24系)です。

阪神9000系・近鉄7000系

 今度は同じ場所で、阪神電車と近鉄けいはんな線の電車の並び。

 にぎやかに3本が入り乱れています。

近鉄9820系・3220系

(縦1,600ピクセルの大判画像:約331kB)

 新型通勤車両「シリーズ21」の離合。

 奥に小さく見えているのは、京都市営地下鉄にも乗り入れる車両です。

近鉄12410系

 地味にレアな特急電車。

 上の2階建て特急(30000系)の平屋版で、近鉄全線に5本20両しかいません。

近鉄1000系&近鉄電車

(横1,600ピクセルの大判画像:約358kB)

 最後も地味にレアな写真です。

 旧型に属する、俗称「丸屋根車」のみで構成された編成同士のすれ違いです。

 片方は、なんば線開業でかなり減った、「丸屋根車」8両編成の快速急行。

 もう片方はありふれた6両編成の準急ですが、手前の8459号車は、かつて菖蒲池駅での爆破事件の被害を受けた編成の1両だそうです。運転台を撤去されて、別編成に挟み込まれているのですが、運転台跡の部分の窓割りが特徴的で、かつての面影を残しています(向かって右側の車端部の窓2枚が、1枚ずつ独立しています。これは、最近の近鉄車両にはない様式です)。

 以上、8枚を紹介させていただきました。

 この時撮った「おまけ」もあるのですが、これは回を改めてアップします。

2009年6月24日 23:40 カテゴリー:写真

« 第615回:撮影練習5(1) | 近況トップ | 第617回:眠れない? »

Movable Type Pro 6.3.2